テニス 感覚

日々の雑記

アナタのテニスを、誰かの「主観」という物差しで測ってはいけない

皆さんは、「自分のテニス」をしっかり自分で決断出来てますか?

もちろん、勝つためのテニスに必要なこと、やりたいこととマッチしないことも多いでしょう。

ですが・・・私は最近、皆さんから頂いたアンケートを読んで感じるんですが、もっと「自分で決めて良いのにな」と。

 


 

「先生からこう言われたので、今のプレースタイルはこうで・・・でも、悩んでます」

「コーチからのアドバイスが多過ぎて、どれを選択すれば良いのか・・・」

「ストロークがしっかりしていないと、テニス選手として一人前じゃないと思うので・・・」

こういったお悩み、言ってしまえばアナタ自身が決断しない限り、答えは無い。

特に最後の、「ストロークがしっかりしていないと」という部分は、学生の皆さんでは多い「主観」じゃないでしょうか。

 

ストロークが上手い=テニスが上手い=試合に強い?

本当にそうでしょうか?

私はそうは思いません。

確かに、ジュニアからきっちりと鍛えてキャリアがある選手は、ストロークを得意にしている選手は多い。

そういう選手が大会で勝ち上がっていくことで、ある種の「物差し」が出来上がっているような気がします。

アナタ自身のテニスを、周りの誰かの主観で測ること・・・本当に有効ですか?

他人の評価、は大事。

ですが、アナタ自身が自分自身を評価していかないと、いつまで経っても自分のテニスを「決められないまま」で時間だけが過ぎていく。

もっと好きに、決断して良いんですよ、テニスは。

 

このT-PRESS自体も、提案の連続です。

どんなに優秀なコーチでも、アナタの身体の中に入ってラケットを動かすことは出来ない。

意志を動かす言葉は投げかけられても、それは結局選手次第。

でもこの「選手次第」という部分に、私は逃げたくないんです。

何とか、皆さんの心に響く、テニスの試合に役立つ情報を提供していきたい。

そのために、これからもたくさん勉強して、たくさんの新しいことにトライしていきたいと思います。

それから、自分自身のテニスも頑張ります。

きっと、皆さんが思っている以上に、偉そうなことを書いている私のテニスはイマイチです。

でも、試合に出て勝ちたい、勝ち続ける為の工夫を止めたときは、T-PRESSが終わるときです。

あと数十年は更新を続けられるよう、これからも頑張っていきますね。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    やっと落ち着きました・・・

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。やっと、サイトの…

  2. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう

    8月も、もう後半。みなさん、お盆の時期はいかがお過ごしでしたか…

  3. テニス センス

    日々の雑記

    テニスが上手い選手、テニスも上手い選手

    最近ふと、気になった言葉。お子さんがテニスをやっていて、その成…

  4. テニス 序盤

    日々の雑記

    「何が足りないか?何が通用しないのか?」を、最近考えました?

    テニスって、誤魔化しが効くんですよね。ちょっと、いきなりすみま…

  5. 日々の雑記

    自分を知ってもらおうと、必死だった時代

    私が学生時代、テニスコーチのアルバイトをしていたころ。今思え…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    情報が手に入る時代だからこそ、今はテニスが難しいのかも

    気が付けば、もうあっという間に2月・・・。大雪に見舞われて大変…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ロブ

    「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「回転系サーブを覚えよう」テニスの試合で使うにはグリップと身体の向きの調整を!
  3. テニス知識

    試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 練習メニュー

    ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習
  5. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」…
PAGE TOP