テニス 感覚

日々の雑記

アナタのテニスを、誰かの「主観」という物差しで測ってはいけない

皆さんは、「自分のテニス」をしっかり自分で決断出来てますか?

もちろん、勝つためのテニスに必要なこと、やりたいこととマッチしないことも多いでしょう。

ですが・・・私は最近、皆さんから頂いたアンケートを読んで感じるんですが、もっと「自分で決めて良いのにな」と。

 


 

「先生からこう言われたので、今のプレースタイルはこうで・・・でも、悩んでます」

「コーチからのアドバイスが多過ぎて、どれを選択すれば良いのか・・・」

「ストロークがしっかりしていないと、テニス選手として一人前じゃないと思うので・・・」

こういったお悩み、言ってしまえばアナタ自身が決断しない限り、答えは無い。

特に最後の、「ストロークがしっかりしていないと」という部分は、学生の皆さんでは多い「主観」じゃないでしょうか。

 

ストロークが上手い=テニスが上手い=試合に強い?

本当にそうでしょうか?

私はそうは思いません。

確かに、ジュニアからきっちりと鍛えてキャリアがある選手は、ストロークを得意にしている選手は多い。

そういう選手が大会で勝ち上がっていくことで、ある種の「物差し」が出来上がっているような気がします。

アナタ自身のテニスを、周りの誰かの主観で測ること・・・本当に有効ですか?

他人の評価、は大事。

ですが、アナタ自身が自分自身を評価していかないと、いつまで経っても自分のテニスを「決められないまま」で時間だけが過ぎていく。

もっと好きに、決断して良いんですよ、テニスは。

 

このT-PRESS自体も、提案の連続です。

どんなに優秀なコーチでも、アナタの身体の中に入ってラケットを動かすことは出来ない。

意志を動かす言葉は投げかけられても、それは結局選手次第。

でもこの「選手次第」という部分に、私は逃げたくないんです。

何とか、皆さんの心に響く、テニスの試合に役立つ情報を提供していきたい。

そのために、これからもたくさん勉強して、たくさんの新しいことにトライしていきたいと思います。

それから、自分自身のテニスも頑張ります。

きっと、皆さんが思っている以上に、偉そうなことを書いている私のテニスはイマイチです。

でも、試合に出て勝ちたい、勝ち続ける為の工夫を止めたときは、T-PRESSが終わるときです。

あと数十年は更新を続けられるよう、これからも頑張っていきますね。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス テニスノート

    日々の雑記

    歳を取れば、テニスについて本気で叱ってくれる人はいなくなる

    最近、年月が経つのは早いなと。本当に、おじいさんのように感じて…

  2. テニス 評価

    日々の雑記

    感動は人を変え、またその人が次の感動を紡いでいく

    今日の平昌オリンピック、男子フィギュアスケート。ご覧になってい…

  3. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう

    8月も、もう後半。みなさん、お盆の時期はいかがお過ごしでしたか…

  4. テニス デビスカップ

    日々の雑記

    デビスカップ フランス戦の観戦で感じた事

    既に何度か記事でも書いていますが、先週末にデビスカップを観戦して来まし…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    情報が手に入る時代だからこそ、今はテニスが難しいのかも

    気が付けば、もうあっという間に2月・・・。大雪に見舞われて大変…

  6. テニス 大学

    日々の雑記

    私はこれからも、試合に出続ける「生涯現役選手」を、精一杯応援し続けます

    今、改めて、今回アンケートにご回答頂いた皆さんの内容を、じっくりと読ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. リターン

    「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実に…
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの展開方法は、横の動きだけだとワンパターンになるので注意が必要
  3. メンタル

    テニスの試合で、「とにかく守備的で、こちらが攻撃するとカウンターが上手い」そんな…
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、フォアハンドの切り返しクロスショットのコツとは?
  5. テニス ガスケ

    ストローク

    ガスケ選手、シモン選手が日本との「差」を見せ付けたのは、このショット
PAGE TOP