テニス 英語

テニス知識

プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

もしアナタが、将来プロテニス選手やテニスコーチ、審判員として活躍したいなら、「英語」は避けて通れない。

テニスが出来れば、それで充分・・・だと思う方も多いでしょうが、大会エントリーから練習場所、相手の確保、審判との交渉など、全てにおいて必要になって来ます。

学生の方はもちろん、社会人の方も良い機会ですので、テニスを通じて英語、勉強し直してみませんか?

※あくまで筆者のお勧め、感想です

 

プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

 


 

1.速読英単語

言わずと知れた、英語テキストの名作ですよね。

短い文章を丸っと覚えることで、応用が効きやすいしテニスでも使うシチュエーションが多く含まれています。

単語は後から覚えるとして、全体の流れや言い回し、を覚えるのには最適。

口に出して発音しながら、短い文章、話全体を覚えてしまうくらいの気持ちで良いでしょう。

 

2.オバマ元大統領 広島演説

私が広島出身・・・・というのもありますが、このスピーチには思い入れがあります。

政治的な言い回しや単語、も入ってきているようですが、やはり多くの人に聞いて理解してもらうように考えられた文章だな、というのは私でも理解出来ます。

テニスでは、何かを人に伝えるような会話、コミュニケーションがほとんどですよね。

丁寧に、しっかりした文脈と表現で伝える参考になるはずです。

 

3.DUO

個人的に、システマチックに単語力をアップしたい!という方にお勧め。

色々な単語帖はあると思いますが、学生の頃に使いやすかったのがこのDUO。

例文がストーリー仕立てで、覚えやすいような内容に工夫されているので自然と頭に入って来るのも特徴です。

 

4.ビートルズ 英語版

なんで、歌・・・?と思った方も、多いでしょう。

実は私の中学時代は、英語はビートルズで覚えました。

結構基本的な単語、文法で作られているので覚えやすい、しかも歌から入っていくので自然と口ずさめるようになりますよね。

歌詞を理解することで、より曲も深い部分まで楽しめる・・・ことまでは、考えていなかったですが。

ビートルズで英語勉強、目からうろこですので試してみて下さい。

 

5.英語と一緒に学ぶドイツ語

英語勉強、最大の敵って何だと思います?

私は・・・とにかく飽きる、これに尽きます・・・まぁ、気合いが足りないんですけどね。

ドイツ語も一緒に?と思う方も多いでしょうが、これって最高の飽き防止になる。

似ている部分、違う部分を確認しながら勉強していくのも面白いですよ。

 

何かを始めるのに、遅すぎることなんてありません!

私も皆さんと一緒に、また勉強始めたいと思っています。

海外のテニス事情やトレーニング、なんかも、たくさん勉強していきたいですからね。

一緒に英語、頑張ってみませんか?

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 客観視

    テニス知識

    セルフジャッジの試合で酷いことをされても、テニスでやり返す気持ちを大切に

    今回は、すごく厳しいお話です。厳しいというのは、受け入れがたい…

  3. テニス イレギュラー

    テニス知識

    リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

    テニスの試合で、イレギュラーバウンド・・・どの程度あるでしょうか?…

  4. テニス メンタル

    テニス知識

    「今さら聞けない・・・」テニスの試合で必要な用語をまとめてみました

    テニスの試合に初めて出るときは、誰しも緊張するもの。なるべく周…

  5. テニス ルール

    テニス知識

    「カウントコール」を忘れてしまうのは、カウント毎のプレーを変えていないから

    テニスの試合の中で、恥ずかしいこと。意外と気付いていない人が多…

  6. テニス 前衛

    テニス知識

    将来テニスの指導者になりたい人は、「言葉」にして発信していこう

    読者の皆さんの中にも、今は現役選手だけど将来は指導者になりたい、と思っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ガット

    ストローク

    試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします
  2. ボレー

    大きく踏み込んだボレーを安定させるには、「後ろ足の内側をコートに付ける」を意識し…
  3. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に
  5. ボレー

    ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち…
PAGE TOP