テニス 練習

テニス知識

「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

個人でも部活の練習でも、「ボールカゴ」で何を使うか・・・は皆さん悩みの種、ですよね。

持ち運びも便利だと、学校以外のコートでも使えて便利だけど、何を選んだら良いのか分からない・・・という方は、まずこれをお勧めします。

部活でも個人練習でも、とにかく使い勝手が良くて壊れない。

テニス界ではもはや定番の名器、ですね。

 

「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

 


 

球出し練習、しっかり練習で効率的にやりたい。

その為には、キャスター付きカゴを用意するのはマストでしょう。

キャスター付きのボールカゴを選ぶポイントって、たくさんあると思いますが、私の好みだと・・・。

 

・丈夫であること

→ヘビーに使い込んで、ガタが来ない、壊れないのが基本

 

・カゴの部分が切り離せること

→キャスター部分と別に、カゴだけで独立して使うことも出来る、そして上にネットが合ってボールが散乱しないような工夫があると最高です

 

・何よりコンパクトで重量が軽いこと

→電車での移動が多いサークル、部活の皆さんにとって、かなり重要なポイントですよね

 

この全ての要件をハイレベルで満たしてくれるのが、この「プリンス キャスター付きボールカゴ」。

もうとにかく使いやすくて、お値段は15,000円~20,000円と若干高めですが、丈夫で壊れない、しっかりしていて効率的な練習が可能です。

キャスター部分は折り畳めて、高さの調整が可能。

球出しする人のサイズ感に合わせて変更も出来るのが嬉しいポイント。

シンプルなデザインも良いですよね。

 

テニス 練習

 

カゴだけになると、こんな感じ。

スポッとはめることが出来るので、楽に設置できます。

 

テニス 練習

 

  • 素材:フレーム/アルミニウム、バッグ/ナイロン
  • 重量:約2.5kg
  • サイズ:95・88・81(高さ可変)×40×40cm

出典:amazon

 

 

初めて触った方のほとんどの反応が、「軽い!」とビックリ。

組み立ても簡単ですので、日ごろの練習で重宝するはず。

部活やサークルで人数多めの球出し練習なら、ワイド版を購入してみるのも、オススメです!

 

 

 

夏の練習、ぜひ部活やサークル、個人でも一台どうですか?

テニスフリークなら、外せない逸品です。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ウェイト

    テニス知識

    テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

    テニス選手として必要な筋力トレーニング、皆さんどんな感じでやってますか…

  2. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

    みなさんは、こんな経験ありませんか?テニスの大会でお昼ご飯を食…

  3. テニス シューズ
  4. テニス シューズ

    テニス知識

    【保存版】テニス選手ならしっかり選びたい「テニスシューズの選び方」について

    テニスはフットワークが重要。そのフットワークを支えるのは、なん…

  5. テニス ルール

    テニス知識

    「カウントコール」を忘れてしまうのは、カウント毎のプレーを変えていないから

    テニスの試合の中で、恥ずかしいこと。意外と気付いていない人が多…

  6. テニス知識

    大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

    日々、テニスの試合をイメージしながらトレーニングすること。なか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    タイブレークに入ったときは、「それまでの12ゲーム」を整理しよう
  2. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう…
  3. テニス ストローク

    リターン

    速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく
  4. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ
  5. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう
PAGE TOP