テニス メンタル

テニス知識

「スポーツの経験が無い」って、逆にテニスでは武器になると思う

「テニスって、小さいころから始めないと上手くならないんですよね?」

何度も、聞かれた質問です。

私の答えは一貫して、No、です。

上手くなることも強くなることも、始めた時期やキャリアは関係ない。

今回はその理由について、お話したいと思います。

 

「スポーツの経験が無い」って、逆にテニスでは武器になると思う

 

1.テニスの成長を阻害するのは、自分の先入観である

皆さん、よく考えてみて下さい。

テニスのキャリアが長い人、テニス以外のスポーツの経験が豊富な人。

もちろん、技術的には洗練されてきているでしょうが、必ずどこかで壁にぶち当たるはず。

そしてそこから長いトンネル、を抜け出せない背景には、自分自身で凝り固まってしまった「先入観」があるのです。

自分はこういうテニス、人間、運動神経、性格・・・と勝手に決めつけて、どこかで諦めている。

そんなことは無いですか?

 

2.経験が無い、「知らない」は、最高の武器になる

テニスにおいても、先入観は大きな障害になる。

まず、失敗のイメージが先行しやすいし、何より「周りからどう見られるか・・・」も気になって仕方がない。

でも、テニスの経験が少ない、浅い、スポーツ自体の経験も少ない人は、良い意味で何も考えない。

全てのことに、自然な疑問を持って取り組んでいけるから飲み込みも速い。

だからこそ、テニスは「社会人から始める」のにも適したスポーツだと私は思うんです。

何せ、社会人の経験や武器、を使うことが出来ますからね。

 

3.「疑問」を持たなくなったら、テニス選手としての成長は無い

改めて、最近皆さんは何か疑問に持つことはありましたか?

「何で、最近のテニスはストローク中心なのか」

「ラケットはどう進化してるんだろう?」

「オムニコートって、なんで日本だけたくさんあるの?」

「ショートクロスって、どうやってみんな使ってるんだ・・・?」

「ドロップショット、もっと良い打ち方は無いかな・・・」

こういう疑問を、常に自分の中で持ち続けて模索していく。

私自身、答えを持っている訳ではありません。

何度も書いてきたことも、これから先どんどん変わっていくでしょう。

私が疑問を持ち続けている限り、答えは無いし、答えが無いことが答えみたいなもの。

大事なのは、アナタ自身がテニスと向き合い、漫然と毎日を過ごさずに常に疑問を持ち続けること。

こういう姿勢は、テニスのキャリアが長い人ほど疎かになってしまうものなんです。

 

経験が無い、ということを武器にしていけるかどうか。

それは、アナタの行動力にかかっています。

経験が浅い、知らないからこそ、行動する、発信する、そして試合に出る。

そうすれば、きっとテニスは応えてくれるはず。

30歳、40歳、60歳、70歳になっても、テニスって楽しいですよ。

試合はスリリングだし、毎日疑問ばっかり。

だから、このサイトも続いていけるんでしょうね・・・。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス シューズ

    テニス知識

    【保存版】テニス選手ならしっかり選びたい「テニスシューズの選び方」について

    テニスはフットワークが重要。そのフットワークを支えるのは、なん…

  2. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

    手汗がすごくて、グリップが滑ってしまう。これは、特に男性にとっ…

  3. テニス知識

    高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

    冬場の時期、トレーニングに汗を流すテニスプレイヤーのみなさんも多いと思…

  4. 食事

    テニス知識

    テニスの試合前に、「飲まない・食べない方が良いモノ」5つ

    暑い時期の試合、食欲も無くてどうしよう・・・と思いながら、試合会場へ。…

  5. テニス アディダス

    テニス知識

    アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッコイイ

    以前に書かせて頂きましたが、私は足の甲が広い典型的な日本人ぽい足型。…

  6. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

    テニスを長く続けていると、肩が上がらなくなる・・・。これは最近…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    カウンターパンチャーの選手に対しては、「あえて自分からは攻撃していかない」という…
  2. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく
  3. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由につい…
  4. テニス メンタル

    その他

    【保存版】「テニスノートを活用して試合に勝つ!」ために必読な10記事
  5. テニス 部活

    メンタル

    悪天候の中の試合でこそ、闘志を燃やそう
PAGE TOP