テニス ストローク

サーブ

ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型

ここ1本、絶対に獲りたい・・・ような場面。

皆さんなら、どんな選択をしますか?

自分のサービスゲーム、だったらオススメはこれです。

シングルスでもダブルスでも、大事なのは試合前に決めて用意しておくことでしょう。

 

ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型

 


 

1.ボディへのサーブは、リターン側が攻撃し辛い「急所」

ボディへのサーブは、リターンし辛い。

だけじゃなくて、前に踏み込んでの攻撃が難しいので、どうしても守備的になる。

なかなか足元に沈める、ような縦のラケットワークを使えないので、スライスのロブか、破れかぶれの逆クロスのフォアハンド・・・なリターンになるのが普通でしょう。

そんなときに、アナタはベースラインで待っている?

これではもったいない。

絶対に獲りたいポイントなら、サーブ&ボレーで相手にプレッシャーをかけていきましょう!

 

2.サーブ&ボレーで前に来る、その姿勢を相手に見せ付ける!

相手は、サーブがボディに来るのに相手も前に来る!のが見えている。

これって、すごくプレッシャーです。

甘いリターンは打てない、かと言って無理やりコースを狙ってもボディへのサーブは難しい・・・という中で、きっと迷いながら結論が出ない。

アナタ自身、当然ミスを誘う訳ですが簡単なリターンはしっかりボレーをする準備をしておく。

ロブ、が来る可能性も高いですね。

サーブ&ボレーで、相手にプレッシャーをかけるのには、ボディサーブが有効。

ダブルスなら前衛のポーチとも合わせて、どんどん押し込んでいきましょう。

 

3.ボディへのサーブは、自分のサーブの曲がり方の把握から

以前にも書きましたが、自分のサーブがどの程度曲がっているのかを確認しておく。

その逆算で、ネット上のどこを通すサーブがボディのコースに飛ぶのかを理解しておきましょう。

スピードよりも、欲しいのは深さ。

しっかり相手のサービスエリアの深い位置に、フォルトになっても良いくらいの気持ちで打っていきましょう。

相手をのけぞらせてリターンさせて、ボレーで決める!

このイメージ、しっかり練習しておきましょう。

 

アナタが欲しいポイントは、きっと相手も絶対に欲しいポイント。

だからこそ、迷いなく積極策でいきましょう!

サーブ&ボレー、ネットで大事なポイントを獲れると試合の流れは大きく傾きます。

アナタ自身、そうやって試合を動かせる選手、になって下さい。

応援してます!

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの評価、概念から変えていこう

    サーブの調子が、良かったり悪かったり。色々あると思いますが、こ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサービスゲームで、0-40 のピンチ!のときには・・・?

    自分のサービスゲーム、気が付けば0-40のスコアに。試合の中で…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのサーブで、もっとテニスの試合は楽になる!」相手から主導権を奪える理由5つ

    テニスの技術の中で、試合に勝てる人が実はしっかり練習しているモノ・・…

  4. サーブ

    「ビビった時のサーブってどうなってる」ポイントさえ押さえればテニスの試合は怖くない!

    サーブを打つ時にビビることってある?これは誰でもあると思う。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

    スピンサーブに必要な、身体の使い方。男性でも、結構頑張って胸を…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    チェンジアップサーブは、試合でリードした場面で使っておこう

    チェンジアップサーブ、と私が勝手に名前を付けているサーブがあります。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    メンタル

    スコア差があっても無くても、集中力に差が生まれてはいけない
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで肘をたたむような打ち方は、意外と本人は気付かない
  5. テニス ボレー

    ボレー

    身体正面に来たボレー、「利き腕の肘の位置」を思いっきり上げよう
PAGE TOP