テニス メンタル

戦術

「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?

テニスの試合、序盤が勝負。

この重要性は何度も書いてきましたが、まだまだ理解されていない方が多いようです。

ストースターターを自負するのも良いですが、結局こういう感覚、持って試合に臨んでないですか?

 

「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?

 

1.少しずつ、それでも早く進んでいくのがテニスの試合

テニスの試合は、ポイントごとに切れ目がある。

少しずつ進んでいるようで、実は進行自体は早い。

プレーしている時間も、短い。

「まだ序盤だし、いつでも巻き返せるから・・・」と、自分を慰めてばかりの人、いませんか?

そんな選手ほど、試合の中盤、後半になって慌てだす。

いや、後半はもう諦めムード、でしょうね。

 

2.「巻き返せる」の根拠は・・・なんですか?

試合の後半で挽回出来る?

その自信、どこからくるのか不思議です。

確かにテニス界では挽回した試合、大逆転の試合も多い。

ですが、そこには必ず布石となる準備が序盤にあるもの。

しっかり相手の弱点を観察して、自分の武器を見せておく、相手に「リスクを負わせる」ようなテニスが出来る準備、をしている選手が逆転出来るんです。

そもそも、大差で負けている試合の後半は、アナタ自身チャレンジがし辛くなるのは当たり前。

どんなに強力な武器を持っていても、試合の後半で負けている場面、ミス出来ない場面で使うのは難しいはずです。

 

3.リードしているから手数を見せられる、のがテニス

相手からリードを奪うと、手数を見せられる。

ネットプレーやドロップショットのようにコートを縦に使う戦術は、「ミスしても痛みが少ない」場面で入れておく必要がありますよね。

「いつでも挽回出来る」ような感覚だと、「いつまで経っても、使えない」まま終わってしまう。

試合の後半でやるぞ!と思っても、プレッシャーに押しつぶされそうになってしまう。

結果的に、「練習してきたこと、全然出来なかった・・・」となるでしょう。

全ては序盤の戦い方次第。

ここで損をするような戦い方、ばかりしてはいませんか?

 

巻き返せるには、準備だ必要。

そして更に、相手が崩れてくれるというおまけもついてこないといけない。

強い相手、試合慣れした相手ほど、試合の序盤を大切にする。

甘い考えは捨てて、しっかり序盤をリードできるような戦い方、にしていきましょう!

 

今回のまとめ

テニスの試合での挽回は難しい、だから序盤にこそ全力を注ごう!

 

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    キレイなテニスの選手は、「試合になると崩れていく」ことを覚えておくと試合で戦いやすい

    パッと見で、すごく強そうな相手、いますよね。フラット気味でボー…

  2. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピードは上げられる

    テニスに限らず、私が考えるミスは大きく分けて2種類あります。一…

  3. テニス 準備

    戦術

    浅いボール、ストロークで振り切れてますか?

    試合でしっかり、自分からポイントを取れる選手。は、やっぱりこの…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう

    こういう考え方、持っていると試合で楽ですよ。対戦相手を、戦いつ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる

    テニスって、なかなか難しい専門用語や戦術、覚えることたくさんありますよ…

  6. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合では、「ミスが多い相手の雰囲気」は伝染するから気を付けよう!

    これは、実に怖い病気です。テニスの試合って、実は「伝染病」がコ…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. その他

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「相手が浅いボールを拾う時」、それはつないで来る可能性が大!
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合のラリーでは、「相手がクロスにしか打てない状況」を作れると前衛を活…
  4. テニス メンタル

    リターン

    「ビッグサーバーのブレイクが、難しい・・・」という方は、まず30-30のカウント…
  5. ボレー

    ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち…
PAGE TOP