テニス 格上相手

メンタル

「勝ち負けなんて重要ではない」が口癖な人は、みんな負けている

往年の名選手、マルチナ・ナブラチロワ選手の言葉。

有名な言葉ですので、ご存知の方も多いでしょう。

私は自分に負けそうなとき、つい弱気になってしまうとき、いつもこの言葉を思い出す。

人間生きている限り、テニスに限らず勝負の繰り返しなのです。

「勝ち負けなんて重要ではない」が口癖な人は、みんな負けている

 


 

1.全てのことに挑み続けるのか、避け続けるのか

以前に、「負けても良い理由」を見付けた瞬間に、人は負けるという記事を書きました。

ニュアンスは近しいけど、こっちはより厳しい言葉。

誰だって、試合に負けそうになったら一瞬、そこまでのプロセスを正当化したくなる。

「頑張ってきたことに価値があるから、負けてもその価値は失われない」と。

でもそれって、最後は頑張り切らなくても良い、ということを無理やり正当化しているだけ。

全ては習慣。

全てのことに対して挑むのか、上記の感じで避けるのか。

大きな選択を、私たちはテニスの試合を通じて突きつけられているのです。

 

2.「全ての価値判断」は試合が終わってからにしよう

確かに、「あの試合は負けたけど意味があった」みたいな話はあるし、否定はしません。

ですが、それらはすべて試合の後に検証する話。

私たちは今、目の前の試合、目の前の相手を全力で倒しにいかないといけない。

最後の最後まで、1ポイントまで自分が出来る最高のプレーが出来ないと、テニスに成長なんてある訳ない。

みんなどこか、感覚的には分かっている部分から、目を背けているように思います。

 

3.「言葉の魔力」の怖さを、学生のみんなまだ知らない

このサイトを観ている高校生、大学生、中学生の方も多いでしょう。

きっとまだ、「言葉の魔力」の怖さを知らない。

普段自分が話している言葉、が人格を作っていく。

「性格が言葉を作ったり、話し方を決めるのでは?」と思った方、私は逆だと思う。

毎日、テニスの練習だけじゃない日常生活で「どんな言葉」を発しているのか。

「勝ち負けなんて重要ではない」というような言葉を発していて、大事な試合で自分を出し切れるのか。

答えは、明白ですね。

 

自分が話している、書いている言葉、じっくり思い出してみて下さい。

テニスの成長に、試合の勝利にマイナスになっているものは無いか。

あぁ・・・自分は弱いな、と気付くこと。

「恥を知る」ことが出来れば、アナタはまだまだ強くなれる。

きっと小さい気付きが、アナタの成長の大きな転機になるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の負けパターン」を知っていると、0-4からでも挽回できる!

    テニスの試合、レベルに関係無くスタートが肝心。ですがどんなに注…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう

    今年も始まりました、全豪オープン!遠くオーストラリアの地から、…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに「ストレス解消性」を求めるのは、ちょっと違うと思う

    皆さん、テニスをやる理由は人それぞれだと思います。よくテニスス…

  4. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスのセルフジャッジの試合では、「いかに冷静さを保つか」が勝利のカギを握ります

    テニスの試合は、セルフジャッジ。選手同士が審判の役割も兼ねてい…

  5. メンタル

    失敗しても余裕がある人、すぐパニックになる人

    試合の中で、ここがしっかりスコア差となって出て来る。テニスの試…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う

    テニス部、テニスサークル、どんなチームでも柱となる選手はいる。…

特集記事

  1. メンタル

    試合に負け続ける人に共通する、3つのこと
  2. 練習メニュー

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している
  3. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で、「個人戦では弱いけど、団体戦になると強い」選手の特徴とは?
  4. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について
  5. テニス ポジショニング

    ストローク

    大坂選手のキレ味鋭いバックハンド、最高に現代風だから参考になる
PAGE TOP