テニス リターン

フットワーク

テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

テニスの試合では、意外と見落とされているけど大事な要素がある。

試合に強い人は意識しているけど、ほとんどの人が意識出来ていない点。

それは、「前のスペースを潰す」という意識。

これって結構、深刻なんです。

 

テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

 


 

■テニスのラリーは、相手のボールが向かってきてくれる?

テニスって、どこか楽なスポーツという認識があるのかも。

だって、相手が打ったボールは自然に自分のほうに「向かってきてくれる」ことが多い。

向かってきてくれているので、どこかで「待ってしまう」ことが多い。

横の動きは敏感になれても、縦の動きですぐにテニス選手の実力が分かる。

試合に勝てない選手は、前後の動きが弱いのです。

 

■ノットアップにならなくても、失点につながるケースは多い

ドロップショットなど明確な場合は、前に走っていく。

ですが、相手のボールがちょっと短い、またはスライス回転でバウンドしないとき・・・に、しっかりアナタ自身で前に動けていますか?

「ノットアップ」、つまり2バウンドしなくても、結果的に打点を落としてしまって失点になる、ミスになるケースはテニスでは多い。

ここに危機感を持っていないと、どんなにストロークの技術を練習してもダメ。

打点が低い、ということは、現代テニスにおいては致命的な欠点になってしまうのです。

 

■「前のスペースを潰す」のは、相手が打つ前のケアから

相手が打ってから、全ての行動を興していては遅い。

ボールが浅くなりそう・・・みたいな雰囲気、察して1歩前に動く、だけでも違うことが必要。

前のスペースは、常に自分の弱点になり得る、という気持ちが練習から大事でしょう。

ボールはいつでも、自分のほうに深く向かってきてくれる・・・なんて、都合の良い解釈は止めましょうね。

 

ダブルスでもシングルスでも、テニスの試合は前のスペースが弱点になる。

なぜなら試合に強い、技術のある選手ほど、前のスペースをいつでも使えるように準備して、使ってくるから。

アナタ自身、ドロップショットでなくとも、「前のスペース」を使われていることに早く気付きましょう。

まずは、そこからです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス 走力

    フットワーク

    足が速い人は、「ラリーの中でボールに追いつき過ぎてしまう」のでテニスでは注意が必要

    フットワークが良い人は、「足が速い人?」。もちろん、それも大事…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    相手をワイドに走らせたら、身体の向きは相手に合わせよう

    例えば、ショートクロスのようなショットで相手をコートの外に追い出すとき…

  3. テニス メンタル

    フットワーク

    「スライス慣れ」していない選手は、完全にバレている

    試合の中で、「この相手、スライス苦手だな・・・」と分かるとき。…

  4. テニス シングルス

    フットワーク

    「テニスコートを広くカバーできるフットワーク」を身に付ける為に、意識したい切り返しの技術

    テニスコートをカバーするのは、足の速さとはまた別な能力。そう、…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブ練習を工夫したい!」なら、より実践的に且つ自信に変えていく練習にしていき…
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチが苦手な人へ、必要なたった一つのこと
  3. フットワーク

    テニスの守備範囲を、劇的に変える基本とは?
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    試合での対戦相手だって、「ミスをする人間」ですから
  5. メンタル

    「チャンスボールを打つときに、カッコつけてスカしている」選手は、大事なポイントで…
PAGE TOP