テニス リターン

フットワーク

テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

テニスの試合では、意外と見落とされているけど大事な要素がある。

試合に強い人は意識しているけど、ほとんどの人が意識出来ていない点。

それは、「前のスペースを潰す」という意識。

これって結構、深刻なんです。

 

テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

 

■テニスのラリーは、相手のボールが向かってきてくれる?

テニスって、どこか楽なスポーツという認識があるのかも。

だって、相手が打ったボールは自然に自分のほうに「向かってきてくれる」ことが多い。

向かってきてくれているので、どこかで「待ってしまう」ことが多い。

横の動きは敏感になれても、縦の動きですぐにテニス選手の実力が分かる。

試合に勝てない選手は、前後の動きが弱いのです。

 

■ノットアップにならなくても、失点につながるケースは多い

ドロップショットなど明確な場合は、前に走っていく。

ですが、相手のボールがちょっと短い、またはスライス回転でバウンドしないとき・・・に、しっかりアナタ自身で前に動けていますか?

「ノットアップ」、つまり2バウンドしなくても、結果的に打点を落としてしまって失点になる、ミスになるケースはテニスでは多い。

ここに危機感を持っていないと、どんなにストロークの技術を練習してもダメ。

打点が低い、ということは、現代テニスにおいては致命的な欠点になってしまうのです。

 

■「前のスペースを潰す」のは、相手が打つ前のケアから

相手が打ってから、全ての行動を興していては遅い。

ボールが浅くなりそう・・・みたいな雰囲気、察して1歩前に動く、だけでも違うことが必要。

前のスペースは、常に自分の弱点になり得る、という気持ちが練習から大事でしょう。

ボールはいつでも、自分のほうに深く向かってきてくれる・・・なんて、都合の良い解釈は止めましょうね。

 

ダブルスでもシングルスでも、テニスの試合は前のスペースが弱点になる。

なぜなら試合に強い、技術のある選手ほど、前のスペースをいつでも使えるように準備して、使ってくるから。

アナタ自身、ドロップショットでなくとも、「前のスペース」を使われていることに早く気付きましょう。

まずは、そこからです。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. フットワーク

    滑りやすいテニスコートで使える「スライドフットワーク」は、足の入り方がポイント!

    砂が多く滑りやすいテニスコート、オムニコートやクレーコートで多いですよ…

  2. テニス ストローク
  3. テニス 戦術

    フットワーク

    テニスの試合で、意外と「遅いボールの返球が難しい」理由5つ

    テニスの試合で、難しいこと・・・と言えば、まずコレでしょう!練…

  4. フットワーク

    思い通りに打てた後に、「足が止まる」癖を無くそう

    自分が打った後に、足が止まる。そんなときって、こういう時じゃな…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ

    左右のフットワークはテニスの基本。しっかりした守備力には体力が…

  6. テニス フットワーク

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ゲームメイクと展開力」を身に付ける為に必要な意識とは?…
  2. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「ボールの落下点真下」に入ると、意外とスマッシュは打ち辛い
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセット…
  4. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
  5. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中…
PAGE TOP