テニス リターン

フットワーク

テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

テニスの試合では、意外と見落とされているけど大事な要素がある。

試合に強い人は意識しているけど、ほとんどの人が意識出来ていない点。

それは、「前のスペースを潰す」という意識。

これって結構、深刻なんです。

 

テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

 

■テニスのラリーは、相手のボールが向かってきてくれる?

テニスって、どこか楽なスポーツという認識があるのかも。

だって、相手が打ったボールは自然に自分のほうに「向かってきてくれる」ことが多い。

向かってきてくれているので、どこかで「待ってしまう」ことが多い。

横の動きは敏感になれても、縦の動きですぐにテニス選手の実力が分かる。

試合に勝てない選手は、前後の動きが弱いのです。

 

■ノットアップにならなくても、失点につながるケースは多い

ドロップショットなど明確な場合は、前に走っていく。

ですが、相手のボールがちょっと短い、またはスライス回転でバウンドしないとき・・・に、しっかりアナタ自身で前に動けていますか?

「ノットアップ」、つまり2バウンドしなくても、結果的に打点を落としてしまって失点になる、ミスになるケースはテニスでは多い。

ここに危機感を持っていないと、どんなにストロークの技術を練習してもダメ。

打点が低い、ということは、現代テニスにおいては致命的な欠点になってしまうのです。

 

■「前のスペースを潰す」のは、相手が打つ前のケアから

相手が打ってから、全ての行動を興していては遅い。

ボールが浅くなりそう・・・みたいな雰囲気、察して1歩前に動く、だけでも違うことが必要。

前のスペースは、常に自分の弱点になり得る、という気持ちが練習から大事でしょう。

ボールはいつでも、自分のほうに深く向かってきてくれる・・・なんて、都合の良い解釈は止めましょうね。

 

ダブルスでもシングルスでも、テニスの試合は前のスペースが弱点になる。

なぜなら試合に強い、技術のある選手ほど、前のスペースをいつでも使えるように準備して、使ってくるから。

アナタ自身、ドロップショットでなくとも、「前のスペース」を使われていることに早く気付きましょう。

まずは、そこからです。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です

    何となく、出来ているようで出来ていない・・・のがスプリットステップ。…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも、下半身が使えるようになると変わる!

    テニスは足を使う。走る・・・という意味もあるし、足のパワーを利…

  3. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフットワークとは?

    現代テニスでは、特にトップスピンのストローク力が一般レベルでも急激に上…

  4. テニス 打点

    フットワーク

    テニスで必須のテクニック、「スプリットステップで大事なポイント」をアナタは実践できてますか?

    テニスの技術の中で、毎回ラリーの中で必要な技術「スプリットステップ」。…

  5. テニス ストローク
  6. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう

    フットワークは最初の反応が勝負。途中いくら速く走れても、最初の…

特集記事

  1. テニス 確率

    メンタル

    メンタルが強くなりたい?だったら、スリルを楽しめるようになろう
  2. テニス 戦術

    メンタル

    自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない
  3. テニス 準備

    その他

    「自分はスロースターター」って、結局は準備不足だってこと
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツと…
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで肘をたたむような打ち方は、意外と本人は気付かない
PAGE TOP