シングルス

テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

テニスの試合では、意外と見落とされているけど大事な要素がある。

試合に強い人は意識しているけど、ほとんどの人が意識出来ていない点。

それは、「前のスペースを潰す」という意識。

これって結構、深刻なんです。

 

テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

 


 

1.テニスのラリーは、相手のボールが向かってきてくれる?

テニスって、どこか楽なスポーツという認識があるのかも。

だって、相手が打ったボールは自然に自分のほうに「向かってきてくれる」ことが多い。

向かってきてくれているので、どこかで「待ってしまう」ことが多い。

横の動きは敏感になれても、縦の動きですぐにテニス選手の実力が分かる。

試合に勝てない選手は、前後の動きが弱いのです。

 

2.ノットアップにならなくても、失点につながるケースは多い

ドロップショットなど明確な場合は、前に走っていく。

ですが、相手のボールがちょっと短い、またはスライス回転でバウンドしないとき・・・に、しっかりアナタ自身で前に動けていますか?

「ノットアップ」、つまり2バウンドしなくても、結果的に打点を落としてしまって失点になる、ミスになるケースはテニスでは多い。

ここに危機感を持っていないと、どんなにストロークの技術を練習してもダメ。

打点が低い、ということは、現代テニスにおいては致命的な欠点になってしまうのです。

 

3.「前のスペースを潰す」のは、相手が打つ前のケアから

相手が打ってから、全ての行動を興していては遅い。

ボールが浅くなりそう・・・みたいな雰囲気、察して1歩前に動く、だけでも違うことが必要。

前のスペースは、常に自分の弱点になり得る、という気持ちが練習から大事でしょう。

ボールはいつでも、自分のほうに深く向かってきてくれる・・・なんて、都合の良い解釈は止めましょうね。



4.下がらないことが、前へのケアになる

シングルスの試合は、全て自分でカバーしないといけない。

その危機感、ポジショニングに活かしましょう。

深いボールで攻めていると・・・。

当然、相手も深く打って来るでしょう。

ここで下がらないこと、が大事。

下がらないポジションなら、前へのケアも自然と出来ているはず。

前へ走りながら、余裕があればフォアハンドで回り込んで攻撃!

相手がバックハンド、自分はネットという場面に持ち込むことが大事。

最後は相手を走らせて、無理せずフィニッシュ。

ポジションを下げなければ、浅いボールは全て攻撃出来るはずです。

T-PRESS YouTube公式チャンネルはコチラ

 

ダブルスでもシングルスでも、テニスの試合は前のスペースが弱点になる。

なぜなら試合に強い、技術のある選手ほど、前のスペースをいつでも使えるように準備して、使ってくるから。

アナタ自身、ドロップショットでなくとも、「前のスペース」を使われていることに早く気付きましょう。

まずは、そこからです。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

    格上相手の選手との試合、厳しくなるのは・・・アナタ次第。序盤を…

  2. シングルス

    シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ

    シングルスの試合、みなさんも出たり観たり、たくさんして来たと思います…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスにおけるサーブ&ボレーヤーは、パッシングが苦手なはず

    滅多に見ないタイプ、かも知れませんが、シングルスでもサーブ&ボレーが得…

  4. テニス サーブ
  5. テニス メンタル

    シングルス

    「ポワーンとした、つなぐリターン」を許しているから、勝てない

    シングルスの試合、勝てないしどう戦って良いのか分からない・・・という方…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    「アプローチショットを深く&ドロップショット」は、黄金パターン
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    自分から速い球を打って、「返されると反応出来ない」のは、テニスで一番みっともない…
  3. テニス ポジショニング

    サーブ

    サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる…
  4. テニス メンタル

    戦術

    何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合
  5. フットワーク

    思い通りに打てた後に、「足が止まる」癖を無くそう
PAGE TOP