テニス ミス

その他

テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくことこそ大事

試合に勝てるようになりたいけど、その為には自分の「良さ」を消さないといけない。

そんな悩みに、打ちひしがれたことはありませんか?

はい、私がそうでした・・・。

ボレーが好きでネットプレー主体でいきたいけど、それだと試合には勝てない・・・。

悩んで悩んで、出した一つの結論はコレ、です。

 

テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくことこそ大事

 


 

■「自分の個性を捨てよう」と考えるのは、もう止めよう

何度か、こういったご質問を頂きました。

「試合に勝つには、自分を捨てないといけないのですか・・・?」と。

この議論は、確かに大事ですが、前に進んでいかないといけない。

個性を捨てる、のではなく試合に勝つためにどう活かせるのか?を考える。

そうすれば、きっと活かせる部分が見えてくるはずです。

 

■「ネットプレーを捨てる」のではなく、大事な場面で織り交ぜる

思い出すと、私のネットプレーは酷かった。

とても柱にして試合に勝てるような代物、ではありませんでした。

試合で使うなら、それはある種「ハッタリ」のような要素も必要になる。

幸い、身長はある程度高かったので、リードしている場面で前に出ていくことが出来れば相手にプレッシャーになる。

ほんの数ポイントですが、ネットプレーを入れていくだけで、勝てる試合は増えると実感しました。

無理に自分の得意なプレー、を柱にする必要は無い。

カスタマイズして、工夫して自分の試合で使っていけば良いのです。

 

■自分の武器を、いつでも「カスタマイズ」出来るようになろう!

アナタ自身、武器はなんでしょうか?

ストローク?サーブ?ボレー?

色々あると思いますが、大事なのは「試合を勝ちに結びつける為」に、応用可能かどうか。

独りよがりの武器なんて、試合で使えない。

ですが、テニスの試合ではそれに気付かずガンガン使って、負けていく選手が多い。

もしくは自分の個性や武器を捨てて、やりたくもないのに粘るだけの選手も多い。

そんな両極端の試合、はもう止めにしましょう。

 

このサイトを更新していると、たくさんのご意見を頂きます。

「要はシコラーを増やしたいだけでしょ?」

「面白みのないテニスを広めて、何が楽しいんですか?」

そういったご意見を頂くたびに、私も考えます。

ぜひ、皆さんも自分の個性や武器は大事にしてほしい。

ただし、独りよがりにだけは、なって欲しくない。

結果、試合に勝てないですからね。

これからも、この個性を活かすのか、試合に勝つことを選ぶのか・・・のような議論は続くでしょう。

ぜひ、長い目でお付き合い頂けると嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスノートが面倒くさい、そんな人にはこのやり方で

    「テニスノートを書きたいんですが、続かなくて・・・」というみなさん。…

  2. テニス サーブ

    その他

    試合中に後ろを通る人がいるときには、積極的に先に通過させてあげよう

    今回は、本当にちょっとしたことなんですが・・・。テニスの試合を…

  3. テニス トレーニング

    その他

    青山学院大学の箱根駅伝での強さを紐解けば、テニスに必要な要素も見えてくる!

    今年も箱根駅伝にて、往路優勝を果たした青山学院大学。このチーム…

  4. テニス ミス

    その他

    「来年はどうなっているか、想像できない」選手を、私は応援したい

    少し早いですが、皆さんは今年一年どんな年でしたか?思うような結…

  5. テニス ダブルス

    その他

    「頼りにされるテニス部のキャプテン、は何が違うのか?」について、後輩への声掛けから考えてみる

    強いテニス部には、強烈なリーダーシップを持って実力のあるキャプテンがい…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスがプレー出来るというのは、「当たり前」では無いということ

    毎年8月になると、私は何とも言えない気持ちになります。真夏、テ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に出るとき、「自分にかかるプレッシャーの種類」を把握しておくと大舞台…
  2. テニス テニスボール

    日々の雑記

    感動するだけ、じゃもったいない
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェ…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの神様がいるのなら、アナタ自身は「テニスコート上でいつも試されている」とい…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない
PAGE TOP