テニス ミス

その他

テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくことこそ大事

試合に勝てるようになりたいけど、その為には自分の「良さ」を消さないといけない。

そんな悩みに、打ちひしがれたことはありませんか?

はい、私がそうでした・・・。

ボレーが好きでネットプレー主体でいきたいけど、それだと試合には勝てない・・・。

悩んで悩んで、出した一つの結論はコレ、です。

 

テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくことこそ大事

 


 

■「自分の個性を捨てよう」と考えるのは、もう止めよう

何度か、こういったご質問を頂きました。

「試合に勝つには、自分を捨てないといけないのですか・・・?」と。

この議論は、確かに大事ですが、前に進んでいかないといけない。

個性を捨てる、のではなく試合に勝つためにどう活かせるのか?を考える。

そうすれば、きっと活かせる部分が見えてくるはずです。

 

■「ネットプレーを捨てる」のではなく、大事な場面で織り交ぜる

思い出すと、私のネットプレーは酷かった。

とても柱にして試合に勝てるような代物、ではありませんでした。

試合で使うなら、それはある種「ハッタリ」のような要素も必要になる。

幸い、身長はある程度高かったので、リードしている場面で前に出ていくことが出来れば相手にプレッシャーになる。

ほんの数ポイントですが、ネットプレーを入れていくだけで、勝てる試合は増えると実感しました。

無理に自分の得意なプレー、を柱にする必要は無い。

カスタマイズして、工夫して自分の試合で使っていけば良いのです。

 

■自分の武器を、いつでも「カスタマイズ」出来るようになろう!

アナタ自身、武器はなんでしょうか?

ストローク?サーブ?ボレー?

色々あると思いますが、大事なのは「試合を勝ちに結びつける為」に、応用可能かどうか。

独りよがりの武器なんて、試合で使えない。

ですが、テニスの試合ではそれに気付かずガンガン使って、負けていく選手が多い。

もしくは自分の個性や武器を捨てて、やりたくもないのに粘るだけの選手も多い。

そんな両極端の試合、はもう止めにしましょう。

 

このサイトを更新していると、たくさんのご意見を頂きます。

「要はシコラーを増やしたいだけでしょ?」

「面白みのないテニスを広めて、何が楽しいんですか?」

そういったご意見を頂くたびに、私も考えます。

ぜひ、皆さんも自分の個性や武器は大事にしてほしい。

ただし、独りよがりにだけは、なって欲しくない。

結果、試合に勝てないですからね。

これからも、この個性を活かすのか、試合に勝つことを選ぶのか・・・のような議論は続くでしょう。

ぜひ、長い目でお付き合い頂けると嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合では、「体力が低下すると思考能力も著しく低下する」ことを覚えておこう

    試合で激しく体力を消耗したときのこと、アナタは覚えていますか?…

  2. その他

    試合に出る一歩を踏み出した人から、テニスは別なスポーツになる

    「試合に出ることって、そんなに大事ですか?」というご意見を、たまに頂き…

  3. その他

    「こんな奴とはテニスの練習をしたくない!」と感じてしまう人の特徴4つ

    普段練習している仲間でも、「正直コイツとはあまり練習したくないな・・・…

  4. テニス ダブルス

    その他

    「試合前の5分間のウォーミングアップ」で確認しておくべき、相手の特徴4つ

    試合前のウォーミングアップは、色々な形式がありますが主に2つ。…

  5. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合力は、「アルバイトでも鍛えられる!」部活やサークルとの両立は、オススメです

    部活やサークルでテニスを頑張る、試合でも勝ちたい・・・。そんな…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、皆さんも経験してきた「定期テスト」に似てると思う

    皆さんも経験してきた、定期テスト。中間、期末と、まさに今学生の…

特集記事

  1. ダブルス

    前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる
  2. ボレー

    シングルスで「いきなり相手がボレーに出てきても、慌てない!」正面への緩いショット…
  3. フットワーク

    「打ちやすい追いかけ方しなきゃ」骨盤で反応するとテニスに最適な横向きが作れます
  4. ボレー

    ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来て…
PAGE TOP