リターン

「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

ダブルスのレシーブの時に、ストレートを抜くというのはそう気軽に出来るもんでは無い。

相手ボレーに読まれると逆にカウンター喰らって失点する可能性高いから、それなりストレートじゃないとマズイ。

 

「ウルトラミラクルスーパーダブルスストレートアタックレシーブ」って、テニスのダブルスで有り得る?

 

だからと言って、凄いショット打って取れないようにしてやろう・・・なんて思うとミスする可能性が高くなるし、何より相手に「今から打ちますよ!」ってアピールすることになるので、相手はむしろ覚悟して待ってしまう。

それじゃあとても効果あるストレートにならない。

もちろんストレートを抜くというのは、それなりの質が求められるんだけど、大事なことは「え?ストレート・・・・?」って相手が意表を突かれるシチュエーションで打てるかどうかなんだよね。

だから、ストレートを打つまでは、しっかりとクロスへのレシーブをきっちり打っていることを印象付けることが必要になる

ということは、ショートクロス気味の印象的なレシーブを打った後にまた自分にレシーブが回ってきたら時なんかは、ストレートに打つチャンス。

正面のボレーの選手はさっきの鋭いクロスレシーブの印象があるから、もう頭の中の意識はクロスにあることが多い。

しかしここで「ストレートを抜いてやる」という表情でジッとストレートを凝視しているとばれてしまうので、ここはまたクロスに良いレシーブ打ってやろう的な雰囲気を醸し出し、相手の意識をストレートから遠ざけよう。

こんな感じで相手ボレーの選手をしっかりクロスへ意識させることが出来た状態でストレートへ打てれば、よっぽど甘いショットじゃない以上カウンター喰らって決められることも少ない。

 

そう、ストレートが抜けるかどうかは威力ではなく、事前準備なんだよ

ちゃんとストレート打つ為の環境を整えてからストレートに打とう。

一番まずいのは、相手にポーチボレーでやられた時。

次に回ってきたレシーブで慌ててストレートを打つパターン。

さっきのポーチボレーをまたやるんじゃないかと警戒して、ストレートに打ちこむ・・・というのは、相手にしてみたら超読み易いパターン。

しかもそれは精神的にも逃げていることになるよ

たまにしか打たないダブルスのストレートショット。

だからこそ、打つ時のシチュエーションをしっかり決めて、数少ないストレートを試合の中で効果的に活かしてもらいたい。

正面のボレーは、ポーチ出ようとしている?

ストレート守ろうとしている?

常に正面ボレーを観察すること。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い

    攻撃的なリターン、今年は磨いていきたいですよね。ぜひ、みなさん…

  2. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

    ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。…

  3. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの

    昨日の錦織選手の試合、悔しかったですね・・・。みなさんも、同じ…

  4. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリターンをお勧めする理由5…

    試合に勝てるようになるには、もちろん小さなステップアップの積み重ねが重…

  5. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

    相手のサーブがなかなか攻略出来ないとき。まず大事なことって、何…

  6. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと

    ミックスダブルスで、もったいないポイント。それは、男性が女性サ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「テニススクール通いで試合に強くなる」為に必要な意識とは?
  2. その他

    テニスの成長の過程では、「立ち止まっているときにしか見つからないもの」が絶対にあ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のストロークが浅いときの返球」からのドロップショットのパターンは、徹底的に…
  4. テニス サーブ

    練習メニュー

    「テニスを教えて欲しい」と周りから頼まれたら、それはアナタが成長出来る最高のチャ…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを…
PAGE TOP