テニス ダブルス

ダブルス

テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について

今回アンケートを頂いた皆さんの中で、「ダブルスのペアで勝つ為に、どんなことをすれば良いですか?」という質問を頂きました。

高校生の方や、主婦の方、社会人の方まで、ダブルスの試合をペアの力で勝っていきたい・・・と考えている方は、本当に多いようで嬉しいです。

私が考えるペアの力を高める練習方法、考え方について、基本的な部分を改めてまとめてみたいと思います。

少しでも参考にして頂けると、嬉しいです!

 

テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について

 


 

■大事なのは攻撃力よりも、しっかり連携した「守備力」

地味ですが、派手さは無いですが、大事です。

強いダブルスは守備力が高い。

まずは2人の間のボールをどちらが触るのか、スマッシュはどの程度まで前衛が打ちにいくのか。

普段の練習から、意識してセンターにも打ってもらい対応パターンを決めておく。

フォア側が優先なのか、どんどん前衛がポーチに出てチェンジするのか・・・など。

またロブの対応も、具体的に決めておくことが大事です。

Aさんはサービスラインより後ろのロブはBさんに任せる、Bさんは身長が高いから、基本的に全部自分でスマッシュを打つ、など。

弱点は上手く分担して補う点を、しっかり練習しておきましょう。

 

■ペアでの練習は必須ですが、個人で武器を磨く練習も必要です

ペアでの練習で弱点を補う、守備力を高める練習を継続しつつ、個人ではどんな練習が必要か。

まずは、サーブとリターンの確実性とバリエーションのアップ。

ダブルスの試合で勝つには、スーパーなショットよりもある程度の精度で全てのコースに打てるサーブとリターン、が求められます。

試合で使い分けることが出来れば、アナタは後衛で前衛のペアを活かすことが出来る。

逆に苦手なコースがあったり、サーブのコースが限定されると、強い相手は集中的に攻撃してくるでしょう。

個人での練習は、まずサーブとリターンの精度を上げること。

このファーストショットに実力が付くと、ダブルスの試合は格段に強くなります。

ペアで練習出来ない、スクールやサークルでの練習のときにも、常にダブルスをイメージしながら武器を磨く意識を持って下さい。

 

■試合の現場で必要なのは、具体的で大胆な作戦

いざ試合、となると求められるのは具体的な作戦と共通意識。

ポーチに出る、ストレートに打つ、といった最初のショットの展開方法は、必ず打ち合わせをして共通認識を持っておきましょう。

ダブルスの試合で勝てないペアは、この意識が弱い。

「ポーチに出るって打ち合わせしたのに、サーブが弱いと感じて出れなかった・・・」なんて、言いだしてしまう始末。

試合に勝とうという意識の差があれば、それはペアにとって大きな問題です。

どんな作戦を準備しているのか、それをしっかり実行出来ているのか・・・?は再度、確認してみましょう。

 

ダブルスペアを固定して試合に出ている皆さんは、まず本音で話し合うこと。

「こんなテニス、ダブルスがしたい」というのを、まずはぶつけ合うことから始まります。

自分たちのペアで、出来ること、やりたいこと、その為に、やるべきこと、をしっかり紙に書き出して整理しましょう。

優先順位を付けて、1年後にどうなっていたいのかを共通認識として持っておく。

ここまで出来れば、年齢に関わらずダブルスの良いペアは出来ていきます。

ぜひ、上を目指すダブルスペアとして、これからも成長していって下さい。

応援しています!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと!

    ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプローチショットのポイ…

    テニスのダブルスの試合、初中級から中級レベルになると、一般の大人の方は…

  3. ダブルス

    雁行陣で、実は狙い目なのは…?

    みなさんが試合に出ていて、対戦する機会が多いのは雁行陣。これ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入ろう!

    ダブルスの試合。序盤は皆さんどんな意識で試合に入っていますか?…

  5. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?

    「あぁ・・・今のポーチ行けたよな・・・」と、何度も試合で後悔する。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておいて欲しい

    「雁行陣」という言葉が、テニスにはあります。前衛と後衛が、はっ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法…
  2. 日々の雑記

    「昔は良かった、今は・・・」って、そんなことない
  3. テニス ボレー

    ボレー

    身体正面に来たボレー、「利き腕の肘の位置」を思いっきり上げよう
  4. テニス ボレー

    ロブ

    意外と使える、ネット近くからのロブの使い方について
  5. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本
PAGE TOP