ストローク

相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

「相手が打つボールを、予測する」ことの大切さは、何度か書かせて頂きました。

しかし、実際は「よく分からない・・・相手はネットの向こう側で、遠いし・・・」という声も、たくさん頂きました。

仰る通り、「どの箇所を、どういう視点でチェックするのか?」は、絞っておいた方が良いですね。

今回は、まず相手の打つ球種をスピンなのかスライスなのか・・・を見極める、シンプルな方法をお伝えします。

 

相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

 

■相手のラケット面が外を向いていたら、スピン系のショット!

錦織選手のフォアハンドが特徴的ですが、スピン系のショットを打つ前は「ボールを打つ側のラケット面が、外側」を向いています。

まさに、イメージ写真の男性の構えがそうですね。

フォアハンドでもバックハンドでも、テイクバック時のラケット面をチェックすることで、球種を予測することが可能です。

相手のグリップをチェックすることも大事ですが、ラケット面を見たほうが遠くからでも確認しやすい。

自分が打ったボールを相手がテイクバックして準備するときに、意識して確認しておくと良いと思います。

 

■ラケット面が内側に向けば、スライス回転の可能性大!

逆にラケット面が内側を向いているときには、薄いコンチネンタルグリップで握っているのでスライスの可能性が高い。

フォアハンドでも、ココに気付くことが出来るとドロップショットを予測したり、先読みして反撃することが出来ますね。

バックハンドは両手のスピン、片手でスライス・・・という感じで使い分けている方も多いので、予測もしやすいですが、フォアハンドでスライスを混ぜてくるような相手は厄介です。

このチェックポイントを、見逃さないようにしましょう!

 

■スライスを予測したら、前のスペースを警戒しよう

スピン系のショットよりも、実は厄介なのはスライス系のショットかも知れません。

深いボール、浅いボールを同じ構えから打てますので、ドロップショットも警戒しないといけません。

相手がスライスの構えをしたら、少し前に入ってベースライン上くらいにポジションを移しておきましょう。

この1歩が、シングルスでもダブルスでも、テニスの試合で勝つ上で大事な要素になります。

 

「相手がテイクバックした状態」で、何を感じることが出来るか・・・。

この要素が、試合ではとても重要です。

攻撃しようとしているのか、どんなコースを隠しているのか・・・というのを、感じてアナタも予測して待たないといけません。

漠然と待っているだけだと、試合に強い相手はどんどん色々な技を繰り出してくる。

まずは回転系のショット、スピンなのかスライスなのかだけでも、早く判断できるようにトレーニングしましょう!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!

    テニスの試合が始まると、相手を観察しないといけない。どういう攻…

  2. テニス ストローク
  3. ストローク

    テニスの試合で、「スライス回転がしっかりかかったボレー」を返球する為に、必要なストロークの技術につい…

    テニスに難しいとされる技術は数あれど、最も難しいとされる技術は・・・コ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ

    最近、実はテニス界で見直されつつある「片手バックハンドストローク」の技…

  5. テニス フットワーク

    ストローク

    後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!

    テニスの試合の中で、難しいのが深いストロークの返球。スピンがし…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    「コイツは、いつ試合しても変わって無いな」と思われた時点で、アナタの負けです
  2. テニス 並行陣

    戦術

    テニスの試合2日前にテニスノートにやることを書いて、「これで負けたら仕方ない」と…
  3. テニス メンタル

    戦術

    試合終盤に、消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの
  4. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブを打っている自分、をもっと受け入れていかないと
PAGE TOP