ストローク

相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

「相手が打つボールを、予測する」ことの大切さは、何度か書かせて頂きました。

しかし、実際は「よく分からない・・・相手はネットの向こう側で、遠いし・・・」という声も、たくさん頂きました。

仰る通り、「どの箇所を、どういう視点でチェックするのか?」は、絞っておいた方が良いですね。

今回は、まず相手の打つ球種をスピンなのかスライスなのか・・・を見極める、シンプルな方法をお伝えします。

 

相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

 


 

■相手のラケット面が外を向いていたら、スピン系のショット!

錦織選手のフォアハンドが特徴的ですが、スピン系のショットを打つ前は「ボールを打つ側のラケット面が、外側」を向いています。

まさに、イメージ写真の男性の構えがそうですね。

フォアハンドでもバックハンドでも、テイクバック時のラケット面をチェックすることで、球種を予測することが可能です。

相手のグリップをチェックすることも大事ですが、ラケット面を見たほうが遠くからでも確認しやすい。

自分が打ったボールを相手がテイクバックして準備するときに、意識して確認しておくと良いと思います。

 

■ラケット面が内側に向けば、スライス回転の可能性大!

逆にラケット面が内側を向いているときには、薄いコンチネンタルグリップで握っているのでスライスの可能性が高い。

フォアハンドでも、ココに気付くことが出来るとドロップショットを予測したり、先読みして反撃することが出来ますね。

バックハンドは両手のスピン、片手でスライス・・・という感じで使い分けている方も多いので、予測もしやすいですが、フォアハンドでスライスを混ぜてくるような相手は厄介です。

このチェックポイントを、見逃さないようにしましょう!

 

■スライスを予測したら、前のスペースを警戒しよう

スピン系のショットよりも、実は厄介なのはスライス系のショットかも知れません。

深いボール、浅いボールを同じ構えから打てますので、ドロップショットも警戒しないといけません。

相手がスライスの構えをしたら、少し前に入ってベースライン上くらいにポジションを移しておきましょう。

この1歩が、シングルスでもダブルスでも、テニスの試合で勝つ上で大事な要素になります。

 

「相手がテイクバックした状態」で、何を感じることが出来るか・・・。

この要素が、試合ではとても重要です。

攻撃しようとしているのか、どんなコースを隠しているのか・・・というのを、感じてアナタも予測して待たないといけません。

漠然と待っているだけだと、試合に強い相手はどんどん色々な技を繰り出してくる。

まずは回転系のショット、スピンなのかスライスなのかだけでも、早く判断できるようにトレーニングしましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス コントロール

    ストローク

    相手のストロークに押されやすい人は、「漠然と待たずに、適度な予測」が出来るようにしていきましょう

    ストロークラリーはただ繋げるだけ・・・という方も、試合に出れば相手を攻…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    キリオス選手の躍進を支えるのは、チャンスを引き出す基本となる「深いフォアハンド」です

    先週行われていたマイアミオープン、ベストマッチはやっぱり準決勝の フェ…

  3. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピンを練習しよう!

    高い打点で打てるストロークは、テニスの試合では攻撃的にいきたい技術。…

  4. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩

    「こっちが攻撃しているのに、なぜか相手から反撃されてしまう・・・」と、…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには、ボレーとスライスの技術は必須です

    全仏オープンの試合を観ていると、強烈なスピンのストロークは本当に厄介。…

  6. テニス メロブ

    ストローク

    テニスのラリーでは、「自分のボールは良い場所にコントロール出来る前提」で考える癖を付けよう

    実力以上に、試合で結果を出せる人。そんな人は、やっぱりどこか「…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス フットワーク

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬…
  2. テニス スポーツ

    メンタル

    「自分は運動神経が悪い・・・」と思っている人でも、テニスは上手くなれると思う理由…
  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合の現場では、「自分がやりたいプレー」より「相手が嫌がるプレー」を選択…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で「パッシングショットをしっかり打ち切る」為には、あえて相手のポジシ…
  5. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう
PAGE TOP