テニス ストローク

ダブルス

ダブルスの試合のラリーでは、「相手がクロスにしか打てない状況」を作れると前衛を活かしてポイントが獲れます

ダブルスの後衛は、そのペアでのゲームメーカー。

しっかりポイントを組み立てて、前衛を活かしていくのがまず大きな仕事になります。

この、「前衛を活かす」というのは、具体的にはどういうことか・・・イメージできますか?

例えば相手の後衛が、「クロスにしか打てない・・・」ような状況を作ることが出来れば、きっとアナタの前衛はポーチに出やすいはず。

今のアナタのテニスで、どうやればそんな状況が作り出せるのか・・・を、考えてみましょう。

 

ダブルスの試合のラリーでは、「相手がクロスにしか打てない状況」を作れると前衛を活かしてポイントが獲れます

 


 

■基本的に、深いボールはクロスへの返球率が高まる

初心者でも上級者でも、深いボールはつい安定したコースに返球したい、つなぎたいと考える。

まずはこの深いボールをアナタが繰り出すことで、前衛は動きやすく、ストレートを捨てて攻撃的になれます。

「でも、なかなかポーチに出れ無くて・・・」と、前衛で嘆いている人は、味方の後衛が攻撃できるタイミングを、確認できていない。

チャンスを感じ取れれば、動きだしも早くできます。

自分の後衛が打っている姿をイメージして、「きっと次は深いボールを打ってくれる・・・!」と感じたら、思い切った動き出してポーチに出てみましょう。

 

■センター気味のボールは、ストレートに来る可能性が低い

ややセンター気味、相手前衛が触れそうで触れなかったボールも、次にクロス方向に飛んできやすい。

そこからストレートに打とうとすると、それは強引過ぎる場合が多いので、やっぱり安全策でクロス方向に逃げていきたいのが人の心理。

相手前衛が触れなかった・・・ような場面では、次は前衛であるアナタのチャンス!

つなぎのボールはしっかり、仕留められるように意識を高く持ちましょう。

 

■何より狙い目は、「リターン」に限る!

一番クロス方向に飛びやすいボール、それは「リターン」です。

そんなの当たり前・・・と思いました?

だったらどんどん、ポーチに出ましょう。

ストレートに打たれても、全然大丈夫。

後衛であるサーバーは、しっかりファーストサーブを深くセンターに入れて、その前衛を活かせるようにしましょう。

強いダブルスは、このことをよく理解している。

だからファーストチャンスで前衛が後衛に活かされる。

この感覚が育っていければ、ダブルスとしての前衛・後衛の意識はバッチリです!

 

クロス方向のラリーで負けない、その中で前衛を活かすのは後衛のテニス次第です。

自分の力だけでポイントを獲ろうとしても、それはきっと自滅で終わります。

そんな経験、アナタも私も一度や二度じゃないはず・・・。

前衛を活かす為にも、いかにクロス方向へボールを「呼び込めるか・・・」を、再度意識してみましょう。

きっとダブルスの試合が、もっともっと楽になります。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼ごう

    これは、実は基本中の基本、ですね。ダブルスの試合で、前衛が動い…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、不安になったときに助けてくれる言葉30

    今回は、ちょっと趣向を変えてまとめてみたいと思います。テーマは…

  4. ダブルス

    シングルスの楽しみを、ダブルスに求めては勝てない

    シングルスとダブルス、両方試合に出ている方も多いと思います。特…

  5. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、男性は積極的に相手の女性に「スライスストローク」を使っていこう

    「正直、ミックスダブルスが苦手・・・」と、悩むのは男性の方でも多いはず…

  6. ダブルス

    ポーチに動ける前衛は、この発想でプレー出来ている

    ダブルスの試合でポーチに出たい、だけどミスが怖い・・・というみなさん。…

特集記事

  1. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう
  2. テニス テイクバック

    ストローク

    硬式テニスでの「両手バックハンドの武器を最大限に活かす」為に必要な、グリップを握…
  3. テニス 睡眠

    メンタル

    大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    手打ちにならないストローク、に変えていく5つのヒント
  5. テニス メンタル

    戦術

    何かを変える時期は、とことん結果を無視すること
PAGE TOP