その他

テニスの試合前に、「相手のテニスウェアの色から、性格やプレースタイルを推測してみる」と面白いです

テニスというスポーツは、基本的にウェアは自分で選べるスポーツ。

もちろん団体戦だったり、先輩からもらったり・・・という場合は別ですが、自分で選ぶからにはその人の個性が必ず反映されるもの。

アナタは普段、どんな「色」をメインで着用していますか?

あくまで仮説ですが、その色でその人の性格やプレースタイル、その日の気分を推測してみると面白いと思います。

 

テニスの試合前に、「相手のテニスウェアの色から、性格やプレースタイルを推測してみる」と面白いです

 


 

■全ては「想像」することから試合は始まる

テニスの試合は、予測が大事だと言われます。

「相手がどんなプレーをしてくるのか、どこに打ってくるのか、どんな性格なのか・・・?」というのは、早く知りたい。

でも漠然と試合に入っても、何も感じることは出来ません。

試合が終わった後に、「攻撃的だと思ったら、意外と粘り強かった・・・メンタルも」なんて話をしても、仕方ない。

試合前、試合の序盤にでいかに把握できるかが大事です。

その為には、何かしら「この相手は、こうじゃないかな?」という予測を立てていくことが、非常に大事になります。

 

■赤は積極的で自己主張が強く、青はメンタルが安定、白黒系は・・・?

あくまで私の経験からの憶測ですが、赤は積極的で自己主張が強く、青はメンタルが安定、白黒系は堅実なプレーをする選手が多いような気がします。

あくまで「仮説」です。

ここに正解や精度を求めても意味がありません。

もちろん、選手は複数の色のウェアを持っていますし、一概に当てはまることは無いでしょう。

大事なのは、「予測を立てて、違うのか合っているのか・・・」を、自分で確認すること。

つまりは対戦相手に興味を持って観察し、どんなテニスの作戦で挑むかを選択していくことが大事なのです。

 

■自分はどんなウェアで、どういうテニスのプレースタイルなのかを自問自答してみる

私服と同じように、テニスの大きな楽しみの一つはウェアでおしゃれすることだと思っています。

これには賛否両論あると思いますが、私は「自分らしい」テニスウェアを選んで試合で着ることが、モチベーションのアップにもつながりますし、しっかり選んで欲しい。

自分が着たくないようなボロボロのウェアを着て練習しても、上手くならないと思うんです。

「贅沢な・・・」と思うかも知れませんが、テニスウェアも実際はアナタの大切なテニスの一部。

この機会に一度、自分の嗜好とプレースタイルについて、「どう観られているんだろう?」と考えてみるのは、きっと良いことです。

 

今では多機能なテニスウェアもたくさんあり、選ぶのも楽しいですよね。

正式な大会には、やっぱりウェアの規定がありますのでしっかりとしたテニスウェアは何着か持っておきたい。

それ以外、例えば練習のときには、もっと幅を拡げてみても面白いでしょう。

ユニクロに代表されるようなファッションブランドやランニングウェアも今ではすごく充実して、テニスにぴったりなデザインもたくさん出ています。

ぜひ皆さんも、相手に関心を持ちつつも自分らしい「戦闘服」探してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. その他

    テニススクールでしっかり上達したいなら、「ボールを打っていない時間」こそ大事にしたい

    学生の方でも、社会人の方でも、テニススクールに通っている方は少なくない…

  2. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長出来ない

    テニスを頑張っている人は、世の中に多い。ですが、本気で自分自身…

  3. その他

    テニスの試合の現場では、「残像を残さない」ようにしないと絶対にはまってしまう

    試合でミスが続くとき。それって、やっぱり何かを引きずっていると…

  4. その他

    「さぁ、走り込みを始めよう」テニスの試合で技術を活かす為にもベースとなる体力は絶対必要!

    あまり詳しくは覚えていないけど、幼稚園に入園した頃から喘息の発作に苦し…

  5. テニス テニスボール

    その他

    オリンピック開幕直前!今振り返りたいテニス競技の名勝負動画

    錦織選手も出場するリオデジャネイロオリンピック。テニス競技では…

  6. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合では、「体力が低下すると思考能力も著しく低下する」ことを覚えておこう

    試合で激しく体力を消耗したときのこと、アナタは覚えていますか?…

特集記事

  1. テニス 調子

    メンタル

    「嫌われるのではなく、嫌がられろ」このニュアンスを間違えると、テニス界で干されま…
  2. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?
  4. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?
PAGE TOP