その他

テニスの試合前に、「相手のテニスウェアの色から、性格やプレースタイルを推測してみる」と面白いです

テニスというスポーツは、基本的にウェアは自分で選べるスポーツ。

もちろん団体戦だったり、先輩からもらったり・・・という場合は別ですが、自分で選ぶからにはその人の個性が必ず反映されるもの。

アナタは普段、どんな「色」をメインで着用していますか?

あくまで仮説ですが、その色でその人の性格やプレースタイル、その日の気分を推測してみると面白いと思います。

 

テニスの試合前に、「相手のテニスウェアの色から、性格やプレースタイルを推測してみる」と面白いです

 


 

■全ては「想像」することから試合は始まる

テニスの試合は、予測が大事だと言われます。

「相手がどんなプレーをしてくるのか、どこに打ってくるのか、どんな性格なのか・・・?」というのは、早く知りたい。

でも漠然と試合に入っても、何も感じることは出来ません。

試合が終わった後に、「攻撃的だと思ったら、意外と粘り強かった・・・メンタルも」なんて話をしても、仕方ない。

試合前、試合の序盤にでいかに把握できるかが大事です。

その為には、何かしら「この相手は、こうじゃないかな?」という予測を立てていくことが、非常に大事になります。

 

■赤は積極的で自己主張が強く、青はメンタルが安定、白黒系は・・・?

あくまで私の経験からの憶測ですが、赤は積極的で自己主張が強く、青はメンタルが安定、白黒系は堅実なプレーをする選手が多いような気がします。

あくまで「仮説」です。

ここに正解や精度を求めても意味がありません。

もちろん、選手は複数の色のウェアを持っていますし、一概に当てはまることは無いでしょう。

大事なのは、「予測を立てて、違うのか合っているのか・・・」を、自分で確認すること。

つまりは対戦相手に興味を持って観察し、どんなテニスの作戦で挑むかを選択していくことが大事なのです。

 

■自分はどんなウェアで、どういうテニスのプレースタイルなのかを自問自答してみる

私服と同じように、テニスの大きな楽しみの一つはウェアでおしゃれすることだと思っています。

これには賛否両論あると思いますが、私は「自分らしい」テニスウェアを選んで試合で着ることが、モチベーションのアップにもつながりますし、しっかり選んで欲しい。

自分が着たくないようなボロボロのウェアを着て練習しても、上手くならないと思うんです。

「贅沢な・・・」と思うかも知れませんが、テニスウェアも実際はアナタの大切なテニスの一部。

この機会に一度、自分の嗜好とプレースタイルについて、「どう観られているんだろう?」と考えてみるのは、きっと良いことです。

 

今では多機能なテニスウェアもたくさんあり、選ぶのも楽しいですよね。

正式な大会には、やっぱりウェアの規定がありますのでしっかりとしたテニスウェアは何着か持っておきたい。

それ以外、例えば練習のときには、もっと幅を拡げてみても面白いでしょう。

ユニクロに代表されるようなファッションブランドやランニングウェアも今ではすごく充実して、テニスにぴったりなデザインもたくさん出ています。

ぜひ皆さんも、相手に関心を持ちつつも自分らしい「戦闘服」探してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    大事な試合の前には、一筆したためよう

    大事な試合、もう終わってしまった方もいるでしょう・・・。県総体…

  2. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で出来るだけリラックスする為には「スロートに手を添えてラケットヘッドを立てる」ことがポイ…

    ラケットを持って試合を続けていると、いつの間にか力が入って腕に疲労が溜…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「まずはしっかり、セルフジャッジをしてから」の基本をなぜ指導者は教えないのか?

    ここ数年、学生の大会を観ていて感じることがある。大事な試合、団…

  4. テニス メンタル

    その他

    自分よりテニスが上手い人の中に入れば、「その場の空気と緊張感」だけで上手くなる可能性が高いです

    普段の練習、皆さんは本当に「試合に近い緊張感」で実践出来ているでしょう…

  5. テニス メンタル

    その他

    「社会人になって、プロを目指す訳では無いけど・・・」テニスを頑張る、その理由について

    「そんなにテニスを頑張って、これからプロでも目指すんですか?」…

特集記事

  1. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で出来るだけリラックスする為には「スロートに手を添えてラケットヘッド…
  2. テニス 戦術

    その他

    テニスの試合、地味だけど勝利を呼び込む小技4つ
  3. テニス リターン

    メンタル

    「0-40からは、粘っても仕方ない・・・」だと、ずっと鴨と思われて終わる
  4. テニス 部活

    戦術

    真面目に正攻法、なテニスでは勝てる相手が限られてくるのは当たり前
  5. テニス ストローク

    ストローク

    バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう
PAGE TOP