ボレー

  1. テニス ラケット

    しっかりと重たいボレー、に変えていくための7つのコツ

    試合の中で使えるボレーは、相手をしっかり攻撃していくボレー。でも、結構これに自信がある人は少ないんじゃないでしょうか?当てるだけ、合わせるだけの…

  2. テニス ダブルス

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由

    ダブルスの試合、サーブ側の前衛。よく考えると、この選手が一番攻撃的なポジションにいることは間違いありません。それなのに、イマイチポジションが後ろ…

  3. テニス ダブルス

    テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい

    特にネットプレー、ボレーのときに、ですね。皆さんも経験があるんじゃないでしょうか?ネットスレスレ、で飛んで来るボールって、ネットの白い部分と重な…

  4. テニス ボレー

    ネットプレーの連続性は、「バックボレーの後の構え直し」のスピードにかかってくる

    ネットプレーでのスピード感。何度も、打った後の「構え直し」が大事であることはお伝えして来ました。今回は、もう少し掘り下げて、一番問題になりそうな…

  5. テニス ストローク

    ネットに詰めてブロックボレー、試合でもっと使っていこう

    テニスの試合、特にダブルスで使えると大きな武器になるショット。自然と増えるネットプレー、の中でいかにミスを減らして攻撃的なプレーを安定させるか。…

  6. テニス 粘り

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず

    試合で、「ボレーのネットミス」が多い方。ちょっと、思い出してみて下さい。どんなときに、ネットミスしているのか・・・ボレーで・・・。きっと…

  7. テニス ボレー

    厳しいリターンに対するファーストボレーは、グリップを握り過ぎないことが第一

    最近のダブルスの試合、プロ選手の試合では「並行陣」が確実に減りつつあります。これは、ストロークがボレーを凌駕している典型的な事象、ですね。皆さん…

  8. テニス ボレー

    バックハンドボレーが浮いてしまうのは、「打つ方向を見ながら打っている」から

    バックハンドのボレー、皆さん精度はどうでしょう?もちろん、力が入り辛いポイントですし、片手、両手問わず苦手にしている人は多いと思います。だからこ…

  9. テニス スマッシュ

    相手を惑わす、「ハイボレーからのドロップボレー」は打ってみる価値がある

    皆さんは「ドロップボレー」と聞くと、どんなイメージですか?どちらかと言えば、ネットより低い位置からフワッとした感じで浅く打つ、非常に難しいショットの一つ…

  10. テニス ストローク

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

    テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。でも効果的に相手を追い込んで、あれよあれよという間に試合に勝ってしまう。こういう選手って…

  1. テニス ステップ

    ストローク

    試合になるとフォアハンドが安定しない方へ、提案したい改善策4つ
  2. スマッシュ

    スマッシュを打つときに、「後ろに下がるのを、とにかく速くしたい」人は、クロスステ…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバラ…
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ダブルスで「センターロブは早めのタイミングで声掛け」して、スマッシュチャンスを逃…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、テニスのダブルスペアでも大抵分か…
PAGE TOP