戦術

  1. テニス スライス

    準備とは守りではなく、武装である

    準備の重要性について、何度も書いて来ましたが、改めて。その背景にある考え方は、こうじゃないと、という話です。準備、備えと言うと、どうしても守備的…

  2. 甘い攻撃こそ、上の試合では格好の餌食になる

    みなさんも、上のレベルの試合になると痛感しているはずです。失点パターン、実はこれが多いんじゃないですかね。ネットプレーでも、ストロークでも。…

  3. テニス スマッシュ

    強い選手は、リードした後にアグレッシブに戦術を変える

    テニスの試合って、ポイント形式が特殊ですよね。ゲーム内は、5ポイントくらいで短い。それを6ゲーム取れば1セット、ほとんどの試合は、この1セットで…

  4. テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよう

    攻撃の中から、しっかりポイントを取れる人。そういう人の頭の中を少し覗いてみると、何が見えて来るのか。私自身、試合で考えている基本の方針はこれ、で…

  5. テニス サーブ

    浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない

    これもアンケートからのご質問、への回答となります。「浅くなったボールを打って前に出ても、なかなか決まらない」「逆にパッシングショットやロブで良い…

  6. テニス 計算

    デュースが続いた後のピンチ、はどういう意識で乗り切ろう?

    試合の中で、デュースが何回も続くこと。たまにありますよね・・・そして、これをしっかり取らないといけない、というプレッシャーにも押されてしまう。意…

  7. 基本をしっかり見せておくことが、後半の奇策に効いてくる

    テニスの試合で、基本を相手にしっかり見せておくこと。これはすごく、大事なことです。序盤に色々やること、も大事だと何回も書いて来ましたが、それだけ…

  8. テニス ストローク

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる

    テニスで、色々な戦術を試してみること。これは、自分で身に付ける以上に、実は良い効果を生みます。自分でやってみることで、「やられて嫌なこと」が見え…

  9. テニス ボレー

    守るのが好き、それで良いじゃない

    私自身よく、言われたものです。「守ってばかりで、つまらないテニスだね」と。でも、結果的に私自身好きなんだと思います、ある種守りから入っていく試合…

  10. テニス ハードコート

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉

    ダブルスの陣形で、変わった形になることよくありますよね。例えばストレートロブが抜ける、前衛と後衛が縦に並ぶような形。こういう変わった陣形、になっ…

  1. テニス サーブ

    リターン

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先…
  2. テニス メンタル

    その他

    どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニ…
  3. その他

    「来年はどうなっているか、想像できない」くらいのテニス選手の方が、私は応援したい…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい
  5. テニス

    戦術

    「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方
PAGE TOP