安定感

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    部活でのラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?

    部活でのラリー練習、皆さんはどんな雰囲気ですか?そもそも、ラリーが繋がらない・・・のであれば、それは実力不足とは、ちょっと違うかも。チーム全体で…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない、弱い人は、「ボールに合わせてスウィングを調整」し過ぎな可能性大

    ストロークでスピンがしっかりかからない。スピン系のショットが安定しないと、試合でラケットを振れなくなって気持ちが引いてしまうはず。そうならないよ…

  3. テニス スマッシュ

    ストローク

    チャンスボールを「8割の力で攻撃していく形」で主導権を保てれば、テニスのラリーは制することが出来る

    テニスの試合のラリー。緊張感が高まってきたときに、先の強引なミスだと本当にもったいない。試合に勝てない人、淡泊な試合が多い人は、攻撃していくとき…

  4. フットワーク

    ネットプレーにメリハリを付ける「つなぐボレーと決めるボレー」は、足の使い方を分けて考えれば安定する

    今のボレー、つなぐの?決めるの?自分の中でハッキリしないプレーは、相手にとっても中途半端。中途半端なプレーは相手にプレッシャーを与えないので、せっかくネ…

  5. テニス 準備

    練習メニュー

    テニスという競技では、練習の中で「ミスもたくさん練習している」という危機感が大事

    テニスの練習。毎日、何気なくいつものメンバーで、いつもの練習を繰り返す。ことに、実はプラスの要素ばかりでは無い。よく思い浮かべてみて下さ…

  6. テニス リターン

    サーブ

    テニスの試合では、「サーブとリターンの精度を上げる」ことが出来ないと他のショットも活かせない

    今回は、忘れられがちだけど、当たり前の話を少し。テニスの試合、どんなレベルでも種目でも、サービスとそれを返球するリターンからポイントは始まる。レ…

  7. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」にしたい人に贈る、試合に勝てるサーブの考え方とは?

    皆さんに、提案があります。今年こそ、「サーブ改革元年」に一緒にしていきませんか?試合に出ている人なら、サーブの重要性は理解しているはず。…

  8. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てるようになる

    簡単なようで難しい、のがハイボレー。特に試合では、攻撃したいけどミスも増えてしまう・・・ので、結構苦手にしている人、多いと思います。ネットから遠…

  9. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人は、とにかく空に目線を残すことを意識しよう

    自分のサーブに伸びが無い人は、上方向へ力が伝わっていないケースが多い。上から下へ抑え込む意識を変えるだけで、サーブは自然に伸びていきます。男性で…

  10. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭がある形」を意識すれば、安定する

    ボレーに安定感が欲しい方。まずは、頭の位置をしっかり意識することで、確実に安定感が高まります。自分の頭の位置を意識すれば、身体が突っ込むことも無…

  1. テニス ストローク

    サーブ

    自分のサーブがフォルトした時も、相手リターンの反応はしっかり見ておくこと
  2. テニス スライス

    フットワーク

    身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣を敷けば勝てる
  4. ボレー

    ネットプレーでミドルボレーが安定しない人は、「フォロースルーの位置を上げる」だけ…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ…
PAGE TOP