過去の記事一覧

  1. テニス 感覚

    メンタル

    スランプ脱出の鍵は、過大評価してしまう過去からの決別が一番

    「自分はこんなもんじゃない・・・」と、スランプに悩むみなさん。この冬の時期も、結構多いんじゃないでしょうか。私自身の悩んだ経験も踏まえて、今回は…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと

    並行陣相手の試合が増えると、必ずこのショットが求められます。ボレーヤーの足元に、沈めるショット。これを打たれて苦しんでいる方も、多いかも知れませ…

  3. テニス 指導

    練習メニュー

    練習中に「ごめん」は、卒業しよう

    サークルでもスクールでも、練習中の口癖になっている方が多い。もちろん、必要なときもありますよ。明らかに相手に迷惑をかける、あるいは何かを間違えた…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる

    ダブルスの試合で、強い相手を倒したい。だったら、この作戦は欠かせません。作戦、というよりもスタンスですね。相手の心理を悟って、自分たちで…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる

    試合の終盤、私は選手は2つに分かれると思います。1つは、積極果敢に最後まで勝ちにいく選手。そしてもう1つは、怯えて参加出来なくなる選手。…

  6. テニス 戦術

    戦術

    試合で関節にサポーターを付けている人は、それなりの理由がある

    もうすぐ試合、ということで、コート脇で待っていると・・・相手も登場。その相手をチェックするときに、私はここも見るようにしています。特に、ベテラン…

  7. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュで「回転をかけて相手を攻撃する」ための5つのコツ

    スマッシュでしっかり相手を攻撃していく。その為には、振り切って尚且つバウンド後に伸びる、回転がかかったスマッシュにしていくこと。これが、確実に求…

  8. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです

    試合の中で、私は何度も「ドロップを使おう!」と書いて来ました。でも、いかにこれを得点につなげることが出来るか・・・が大事ですよね。プロ選手でも、…

  9. テニス 前衛

    ダブルス

    ただ走り回るだけの男性では、ミックスダブルスで勝てない

    これ、私もよくやってしまうんですよね・・・。頑張ろうと必死になって、結果的に勝てない時のミックスダブルスって、こんな感じじゃないでしょうか?ぜひ…

  10. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう

    試合の中で、速いサーブにリターンで合わせるのが上手い人は多い。どんなに速いサーブでも、得点につながらなければ意味が無いですよね。アナタ自身に必要…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?
  2. 戦術

    チャンスをいかに決めるか、の前にチャンスを数多く作ろう
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで覚えたいタッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事
  4. テニス 上達

    戦術

    本当に疲れたときに出来るテニス、がきっとアナタの武器になる
  5. テニス ロブ

    ストローク

    攻撃出来るのにつないでしまう人は、「振り切るポイント」を作って何かをやり切ろう!…
PAGE TOP