過去の記事一覧

  1. サーブ

    サービスエースは、フォアハンド側が多い

    サービスエースは、必要無い。私は、何度かこういう感じで記事を書いて来ました。もちろん今もそのスタンスですし、私自身試合ではノータッチエースは狙…

  2. テニス フットワーク

    戦術

    試合でしか養えない力、がテニスにはある

    不思議なもので、あるんですよ。どんなに練習しても、練習しても、身に付かないもの。そして、試合に出ていても、出なくなるとすぐに衰えていくもの。…

  3. テニス 環境

    日々の雑記

    テニスはこれから、「情報格差」の時代へ

    数年前までは、情報格差なんてほとんど無かった。みんなが同じようなテレビを見て、新聞を読み、知識や情報もそこまで差は無かったはず。でも、そこにイ…

  4. フットワーク

    コートカバーが遅れる、本当の理由

    試合で、相手に動かされると弱い人って、多いですよね。3回くらい左右に振られると、もう次はしんどくなる。こういう人は、そもそもフットワークの概念…

  5. サーブ

    ボディサーブが無いと、リターンは楽

    試合の中で、相手のボディにサーブを打つ。これ、上を目指す選手なら絶対に必要な技術です。何となく、サーブってコーナーを突いた方が良さそう、効果的…

  6. ストローク

    バックハンド狙い、を成功させたいなら…?

    とにかく、相手のバック側を狙う。これは、テニスの試合では大原則ですよね。シングルスでもダブルスでも、これをやろうと決めて試合に入る。で…

  7. メンタル

    相手のミスは、とにかく期待しないこと

    試合では、相手のミスでも自分の得点。でも、これを期待し過ぎてはいけません。結果的に自分のポイントになるにしても、ラリー中から期待しない。…

  8. リターン

    相手が並行陣、さぁどうする?

    試合で、相手がネットに出てプレッシャーをかけて来る。そこで、アナタ自身はどういう手段、武器があるでしょうか?ロブ頼み?それはもう、とっ…

  9. 日々の雑記

    「みなさん次第です」で逃げてました

    ふと、昨晩にあるTVドラマを観ていて、考えたこと。人に教える、指導するというのは、本当に大変なことだと。自分自身がリスクを取り、決意を固めて、…

  10. ボレー

    攻める為に前に出る?逆ですよ

    テニスでは、ネットに近いポジションが攻撃的。のように、見えますよね。間違いではないと思いますが、ちょっと違う視点もぜひ持って欲しい。そ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に…
  2. 練習メニュー

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している
  3. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレイヤー対策の「9点狙い」出来ますか?
  4. ストローク

    走らせ甘いボールを引き出す、決める
  5. テニス ダブルス

    その他

    ダブルスの試合、パートナーにタッチに自分から動けているか?
PAGE TOP