テニス メンタル

メンタル

テニスで「試合前の緊張」と上手く向き合う5つの方法

試合前は、いつだって緊張する。

それはどんなに試合慣れした人でも、大なり小なりは必ず付いて回る問題。

0には出来なくても、出来るだけ平常心で試合に入っていけるように、何か工夫は出来ないものか・・・と、考えたことはありませんか?

今回は私が実践してきた、試合前の過ごし方についてまとめてみます。

 

テニスで「試合前の緊張」と上手く向き合う5つの方法

 


 

1.深呼吸を5回する

しっかり大きく息を吸って、ゆっくりゆっくり、吐いていく。

深呼吸を繰り返すことで、頭にしっかり酸素がいくような感覚になれるはずです。

コツは、ゆっくり細く長く、息を吐いていくということ。

目を閉じて、試合前にやるだけで頭がスッキリするはずです。

 

2.テニスボールを1個触っておく

この後で戦うときに、主役になるのは選手であり、テニスボール。

テニスボールが自分に味方してくれているような感覚に、ずっと持っているとなります。

投げたり打ったりするのではなく、優しくずっと握っておく。

そのボールで試合をする訳ではありませんが、「これから宜しくね」という感じで過ごせると精神的にも安定します。

 

3.好きな音楽を聴く

試合前10分くらいには、1曲好きな曲を聴く。

イヤフォンをしている選手が多いですが、私は座ってしっかり聴く。

歩きながら聴いても良いですが、私はそもそも人にぶつかりそうになるイヤフォンが苦手だったので、座って精神統一。

それも聴くのは1曲だけ、に決めていました。

気持ちを高めよう!と焦って何曲も探して聴いてって・・・逆に不安になったりもしますので。

 

4.自分の良いショットの動画を観る

試合も近くなると、良いイメージのときの自分の動画を確認。

サーブ、フォアハンド、自分が一番試合で使うショットの動画は、しっかりスマートフォンに入れておきましょう。

自信をしっかり蓄えて、試合の序盤に全力で入れるように。

ここまで来れば、もう緊張もだいぶほぐれてきているはずです。

 

5.トイレで最終の気合い入れ

試合前は最後にトイレに。

鏡の前で、自分自身と会話しましょう。

この次の試合、「自分はどうしたいのか?何をすべきなのか?」を、しっかり確認して語りかけておく。

テニスの試合は序盤が大事。

緊張感さえ克服出来れば、スタートダッシュで主導権を握れるはずです!

 

試合前の過ごし方から、試合は始まっている。

緊張感は自分でコントロールしないと、誰も助けてくれません。

不安はあって当然。

勝ちたいと思うから、皆不安になるのです。

その緊張を乗り越えてこそ、勝てるテニス選手になれる。

しっかり乗り越えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考…

    練習、試合、練習・・・を繰り返していると、その繰り返し自体に慣れてしま…

  2. テニス チーム

    メンタル

    テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えていこう

    4月から新しいチーム、でテニスを始める方も多いはず。今回は、ち…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    将来大成するテニス選手は、「調子が悪くても、調子が悪いという言葉は口にしない」強さがある

    選手の口から出る言葉は、全てに魂が宿っている。有言実行、という…

  4. テニス 言葉

    メンタル

    自分のテニスに粘りが足りないという人ほど、テニスの言葉のニュアンスを変えていこう

    「サイトを観ていますが、どうにも自分には粘るといことが出来ません」とい…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に、「不安で迷ったら積極策を取る!」と決めておくと、迷い無くプレーできる

    ゲームカウント4-4、30-40のセカンドサーブ・・・。アナタ…

  6. メンタル

    緊張した場面ほど、ポジションを動かす

    私が以前に、試合で意識していたことを改めて書いてみたいと思います。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 予測

    メンタル

    「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる
  2. テニス知識

    これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?
  4. 練習メニュー

    日々の練習を、大切に出来る人はこういう人
  5. サーブ

    リターナーを外に追い出す、スライスサーブを身に付けるには?
PAGE TOP