テニス知識

テニスの大会でも備えておきたい「台風や暴風雨対策」に役立つグッズ5つ

夏から秋は、台風や暴風雨の季節。

今年も日本各地で、大変な被害が出ていますよね・・・。

「テニスの大会は、中止だから関係無い?」と思っていても、万が一ということがあります。

朝晴れていれば、集合しないといけないのがテニスの試合。

普段のラケットバッグの中に、この時期は特に防災グッズにも使えるモノを入れておいた方が良い。

私が経験上、お勧めするグッズを紹介します。

 

テニスの大会でも備えておきたい「台風や暴風雨対策」に役立つグッズ5つ

 


 

1.レジャーシート

普段は荷物置きにも役立つし、いざ雨が降ってきたら上に被せることも出来る。

もし暴風雨のようなことになっても、何かと活躍してくれるのがレジャーシートです。

少し大きめのサイズでも、折り畳んでおけばコンパクトで便利。

防水タイプのモノを選んで、テニスの大会には必ず持って行くことをお勧めします。

 

 

2.折り畳み椅子

台風や暴風雨の際には、何かと待ち時間が多い。

非難したり、駅のホームで長い時間待つこともあるかも知れません。

そんなときには、折りたたみ式の小さい椅子があると便利です。

テニスの観戦にも大活躍ですし、最近では軽いタイプのモノもあり、女性でも持ち歩けるでしょう。

私はいつも、ラケットバッグのラケットの部分に1脚入れてあります。

 

 

3.万能ナイフ

非常時だけでなく、テニスのような屋外の大会、泊まりの合宿などでは1つあると便利なのが万能ナイフ。

意外とモノを買ったりしたときに袋を空けたり、非常時にはタオルを切り分けたりすることもあるはず。

外で女子が困っているときに、サッとこういうグッズを出せる男子は、きっと頼れる存在になる。

テニスギアの整備にも、1つは持っておきたいグッズです。

 

4.非常用飲料水

500mlのペットボトル1つ、で良いので非常用の飲料水を入れておくと良いでしょう。

毎回取り換える事もなく、普段のテニスの試合では飲まない。

「重たいよ・・・」と思った方もいるかも知れませんが、いざという時、ドリンクを買いに行けないときにはもちろん飲んで大丈夫。

私は経験しましたが、非常時には水が無い・・・というのが本当に厳しい。

災害時を想定するなら、無くてはならないのがとにかく水、です。

 

5.非常用のお金

最悪、何かを買わないといけない、タクシーを使わないといけない・・・。

ようなときのために、ラケットバッグには3,000円くらいは非常用のポケットに入れておきましょう。

塗れないようにサランラップに包んで、私はポチ袋に入れてバッグの底に入れてありました。

これが本当に、大活躍した思い出があります。

水と同様に、非常時に大会会場でお金が無い・・・というのも、本当にメンタル的に厳しい。

使ったらすぐに補充する、のを習慣付けてみて下さい。

 

まだまだ、アナタなりの非常用の備え、あるはずです。

大事なのは、テニスの大会会場でも災害に遭う可能性はある、ということを認識しておくこと。

試合が出来ない、ならしっかり怪我なく帰るのもテニス選手の大事な仕事。

もちろん、命を最優先で・・・。

まだまだ台風の被害が多い地区の皆さんも多いと思います。

備えられるときに、備えておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス シューズ
  2. テニス知識

    テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

    私が学生の頃、もう15年くらい前の話ですが、とにかく「プロテイン」が美…

  3. テニス 日焼け止め

    テニス知識

    塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

    毎年の夏のお悩み、といえば・・・日焼け、ですよね。女性の方であ…

  4. テニス知識

    真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

    まだまだ、夏本番。テニスを頑張るみなさんも、スポーツ観戦の機会…

  5. テニス 皮膚

    テニス知識

    テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「Protect J1…

    テニスの試合、練習が続いていくと、皆さんどこか身体に支障をきたしてくる…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. メンタル

    捨てて攻める、ことがテニスの本質
  2. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?
  3. テニス スライス

    ストローク

    「バック側をサーブで攻められて、押される・・・」ときに実戦したい、錦織選手も得意…
  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「試合前に決めておく大事なこと」を5つピックアップしてみた
  5. テニス ボレー

    ボレー

    サービスゲーム、ポーチに出るなら…?
PAGE TOP