テニス メンタル

ストローク

明らかな相手のチャンスボールを守るときには、「慌てずコンチネンタルグリップ」で守備的になることが大事

テニスにおいて、守備のときには大原則があります。

それは、グリップを薄くすること。

サーブやボレーのとき、に握るグリップであるコンチネンタルグリップに持ち替えておけば、通常のストロークのときより守備力が上がる。

スピン系しか打てないとなぜ守備が難しいのかを、改めて考えておきましょう。

 

明らかな相手のチャンスボールを守るときには、「慌てずコンチネンタルグリップ」で守備的になることが大事

 

■厚いグリップは、ラケットを振るのが基本

厚いグリップ、みなさんが通常スピン回転で打っているストロークのグリップは、「ラケットを振る」ことが基本。

ラケットを振る、打点が前に取れて初めてスピン回転が打てるのが厚いグリップです。

スピンをかける持ち方で、当てるだけだとボールは飛ばないですよね。

そのまま前に押し出していくのも、難しい。

これを可能にするのが、薄いグリップ、コンチネンタルグリップなのです。

 

■改めて、コンチネンタルグリップの持ち方を確認

難しい言葉ですが、とてもシンプルな持ち方です。

ラケットを地面、コートに対し垂直になるように持ち上げ、利き腕で握手をするように握る。

きっとスピンは打ち辛い、変わりに手のひらとラケット面が近い感じになるので、ラケットを振るのではなく押し出す感じでも返球出来る。

そして一番のメリットは、打点が後ろになっても力を伝えられるので、相手の攻撃を受け止めやすいのが特徴です。

 

■自然なスライスで守備が出来ると、相手は自滅してくれる

自然にボールを押し出してみると、スピンとは逆の縦回転、スライス回転がかかっているはずです。

スライス回転がかかるとボールの速度が落ち、滞空時間がありますので、アナタが守備出来るポジションに戻れる。

粘れるスライスは、コンチネンタルグリップが主役。

相手がチャンスで攻撃してくるときには、サッとグリップを握り替えて、守備的な意識で待つようにしましょう。

 

全米オープンでも、多くのプロ選手がこういった薄いグリップで守備をしている。

ジョコビッチ選手のように、大きく足を広げて薄いグリップで守備をされると、相手は強引な攻撃にならざるを得ない。

そうなると、ミスも期待出来ますね。

ミスは待つ、のではなく相手から積極的にもらうこと。

これが試合を勝ち上がっていくうえで、必要な要素です。

 

 

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. ストローク

    「ボレー対ストロークのラリー練習」を工夫して、ストロークの応用力を磨くメニューにすると効果的!

    「大人のテニスにやられた・・・」「年上のベテランの人は、どこに打っ…

  2. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・

    ストロークのグリップはどうやって決まるのか。特にフォアハンドス…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス

    試合が始まると、相手のストロークを観察してみて下さい。不思議な…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「錦織選手の強さ」を紐解く、一般テニスプレイヤーも参考になる試合でのストローク術

    テニスメディア・雑誌は今、どこを見ても錦織選手一色。その技術も…

  5. テニス 準備

    ストローク

    高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?

    高くバウンドしたボール、これをストロークで打ち返す。グランドス…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークが安定しないときには、「打点は前だけど、ゆったり振ってみる」ことで調子を戻せる…

    試合の中で、アナタの武器はきっと「フォアハンドストローク」じゃないでし…

特集記事

  1. テニス トレーニング

    戦術

    テニスの試合で、「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはありますか…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで腰が引けてしまっている人は、体重が乗っていないので簡単に反撃されてしまう…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「試合中に逃げ出したくなる自分に負けない」テニスの試合で勝てるメンタルを養う為に…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てるようになる…
  5. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つ…
PAGE TOP