テニス メンタル

ストローク

明らかな相手のチャンスボールを守るときには、「慌てずコンチネンタルグリップ」で守備的になることが大事

テニスにおいて、守備のときには大原則があります。

それは、グリップを薄くすること。

サーブやボレーのとき、に握るグリップであるコンチネンタルグリップに持ち替えておけば、通常のストロークのときより守備力が上がる。

スピン系しか打てないとなぜ守備が難しいのかを、改めて考えておきましょう。

 

明らかな相手のチャンスボールを守るときには、「慌てずコンチネンタルグリップ」で守備的になることが大事

 


 

■厚いグリップは、ラケットを振るのが基本

厚いグリップ、みなさんが通常スピン回転で打っているストロークのグリップは、「ラケットを振る」ことが基本。

ラケットを振る、打点が前に取れて初めてスピン回転が打てるのが厚いグリップです。

スピンをかける持ち方で、当てるだけだとボールは飛ばないですよね。

そのまま前に押し出していくのも、難しい。

これを可能にするのが、薄いグリップ、コンチネンタルグリップなのです。

 

■改めて、コンチネンタルグリップの持ち方を確認

難しい言葉ですが、とてもシンプルな持ち方です。

ラケットを地面、コートに対し垂直になるように持ち上げ、利き腕で握手をするように握る。

きっとスピンは打ち辛い、変わりに手のひらとラケット面が近い感じになるので、ラケットを振るのではなく押し出す感じでも返球出来る。

そして一番のメリットは、打点が後ろになっても力を伝えられるので、相手の攻撃を受け止めやすいのが特徴です。

 

■自然なスライスで守備が出来ると、相手は自滅してくれる

自然にボールを押し出してみると、スピンとは逆の縦回転、スライス回転がかかっているはずです。

スライス回転がかかるとボールの速度が落ち、滞空時間がありますので、アナタが守備出来るポジションに戻れる。

粘れるスライスは、コンチネンタルグリップが主役。

相手がチャンスで攻撃してくるときには、サッとグリップを握り替えて、守備的な意識で待つようにしましょう。

 

全米オープンでも、多くのプロ選手がこういった薄いグリップで守備をしている。

ジョコビッチ選手のように、大きく足を広げて薄いグリップで守備をされると、相手は強引な攻撃にならざるを得ない。

そうなると、ミスも期待出来ますね。

ミスは待つ、のではなく相手から積極的にもらうこと。

これが試合を勝ち上がっていくうえで、必要な要素です。

 

 

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!

    最近頂いたご質問の中で、「大学生になったらテニスコーチのアルバイトをし…

  2. ストローク

    「スライス中毒に要注意!」テニスの試合で陥りやすいストロークの落とし穴

    スライスショットは絶対に必要である。「別にスライスで繋ぎまくっ…

  3. ストローク

    今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめてみます

    試合の中で有効に使っていきたい、ドロップショット。シングルスで…

  4. ストローク

    なぜラケットは、両手で持って構えるのか?

    テニスの構え、基本の構えの形。みなさん、どうでしょうか?…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    「苦手ショットに陥る人たち」を改善する為の、有効な打点と対策法

    毎日毎日色んな人にレッスンをしてるんだけど、当然レッスンを受けてくれる…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「厳しいドロップショットは、取れなくても追うこと」で相手にプレッシャーをかけることができます

    テニスの試合では、ポイントを失うにしても最後まで諦めないことが大切。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    その他

    「こんな人、ちょっと嫌・・・」と思ってしまう、テニス選手5つの特徴
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスにおいて、高レベルのダブルスの試合で増える「ストレートへの展開」の練習メニ…
  3. ボレー

    テニスの試合で、ネットプレー対ネットプレーになったときに求められる、「足元のボー…
  4. シングルス

    シングルスの試合で攻撃していく時に必要な、バウンド地点の見極めとコースについて
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識…
PAGE TOP