テニス 夜

その他

「テニスに長期ビジョンは大事?」と思っているうちに、平等な時間はどんどん流れていきます

勉強でもスポーツでも、長期的な目標やビジョンが必要。

確かに聞こえは良い言葉ですが、本当にそう・・・でしょうか?

「来年は県でベスト8を目指すぞー!」と言いながら、来月には?むしろ来週には?

何がどう変わっていくのか、が曖昧だと、ライバルからどんどん遅れていきますよ。

 

「テニスに長期ビジョンは大事?」と思っているうちに、平等な時間はどんどん流れていきます

 

■テニスは急に上手くなる(こともある)スポーツです

テニスって、不思議なスポーツ。

皆さんも経験があるかも知れませんが、何かきっかけがあると「急に」上手くなったような感じになることがある。

これ、実際に上手くなってるんです!

私の場合、片手バックハンドと両手バックハンドを行ったり来たりしていましたが、高校1年生の冬に両手バックハンドのスピンのコツをつかんでから、すごく上手くなった気がします。

バックハンドが得意になって、苦手意識が無くなると試合でも急に結果が出るようになった。

でもこれって、小さいチャレンジや工夫の積み重ね、だと思うんです。

 

■超短期ビジョンを作って、自分を追い込んでみよう

仮にですが、1か月後にチーム内でNo.1になる、という目標を立てたとする。

それを達成する為に、出来得ることを全て考えてみたとしましょう。

どうですか?

実際に短期で成し遂げるには難しいことばかりだと思いますが、「100%無理」ということは無いと思います。

長期でビジョンや計画を立てても、まず最初の1か月にやることなんて、きっと曖昧。

もっと短期勝負、短期で何が出来るのか、に焦点を当ててみると成長スピードが上げられるはずです。

 

■「目標を立てている」ことだけで、満足して甘えていないか?

「全国、目指してます!」

「市民大会、本戦にいきたいです!」

という声、たくさん私も聞きます。

ですが、本気でその目標に取り組んでいる人、1か月先にどうなっているのかをイメージ出来ている人、どれくらいいるでしょうか?

目指しているだけで満足、になってはいませんか?

そこを目指している人は、きっとたくさんいる。

その人たち全員をテニスの試合で倒して、勝ち抜いていかないといけない。

覚悟は、出来てますか?

 

長期的な目標やビジョンも、もちろん大事。

アナタ自身の人生においても、来年、再来年、10年後のイメージを膨らませることは大事です。

ですがテニスの試合に勝ちたい、上手くなりたい・・・のであれば、もっと「せっかち」になっても良いのかも。

焦るのではなく、急ぐ。

自分の成長に対して、貪欲になる。

練習環境、指導者、持って生まれた才能・・・全部違うのかも知れませんが、唯一、流れている時間だけは平等です。

これだけは、皆さん忘れないでおいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス 雨

    その他

    テニスの実力は凄くても、周りに人が集まらない人の特徴10パターン

    テニスはすごく上手いのに、なぜか周りに人があまりいない。試合に…

  2. テニス 指導

    その他

    空気を読まない、だけど思いやりのある人が強くなる

    テニスでもプライベートでも、私は一緒だと思います。仕事の成果、…

  3. テニス

    その他

    テニスの試合で、「力の差は無さそうなのに、スコアで差が出る」のは、なぜなのか?

    「そんなに力の差は、無さそうなのになぁ・・・」と、思ってしまう。…

  4. テニス フットワーク

    その他

    「新人を大抜擢する」ことの重要性

    今年の箱根駅伝、終わってみれば青山学院大学の圧勝でしたね。混戦…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「対戦相手を騙すこと」は悪いことですか?の問いかけについて

    2年くらい前に、ある高校のテニス部の先生からこんなことを言われました。…

  6. その他

    テニスの試合は、「総得点数」で劣っても勝てるという事実に目を向けよう

    テニス、卓球、バレーボール、バドミントン・・・。これらのスポーツに…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験して…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    キリオス選手の躍進を支えるのは、チャンスを引き出す基本となる「深いフォアハンド」…
  4. テニス 読書

    テニス知識

    T-PRESS筆者が選ぶ「テニスの成長に大事な考え方」を学べる名著5選
  5. テニス サーブ

    サーブ

    相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?
PAGE TOP