テニス 練習

テニススクール

テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技

テニスの試合で使える技、必ずしも練習で習得できるとは限らない。

特にテニススクールのような場だと、難しい。

人数も多く、ラリーをつなげること、みんなと和気あいあいとテニスすることを目的にしていると、それは試合とシチュエーション的にどんどん離れていく。

今一度、試合で使える技、現場で求められる要素を考えてみましょう。

 

テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技

 


 

1.デッドゾーンでのプレー

テニススクールでは、サービスラインとベースラインの間のポジション、デッドゾーンでプレーすると怒られます。

ボレーするには遠いし、ストロークするには前過ぎる、このポジションはテニスの「セオリー」では、立ってはいけない場所を言われる。

ですが、実際の試合ではドロップショットを多用してくる相手には、必要なケースもある。

特にベテラン選手のダブルスの試合では、デッドゾーンに立っていないと前のスペースをケア出来ない、ということが多々あります。

 

2.ヤマ張りポーチ

ダブルスでのポーチは、ストレートを捨てるからこそ良い飛び出しが出来る。

そもそも、テニススクールでは「ラリーを繋げること」が目的になりがちなので、ポイントを獲って終わらせること、を良しとしないケースが多い。

実際の試合では、ヤマを張ってポーチに出たり、ストレートに打ったりという駆け引きがある。

そもそも、駆け引きということ自体、和気あいあいとしたテニススクールにはそぐわないテーマなのでしょう。

 

3.正確なウォッチ

テニススクールでは、多少のアウトは繋げていくような空気になる。

ですから慣れてしまうと、アウトボールも触る癖が付いてしまい、実際の試合でもアウトを取ってしまうことが多いように思います。

ウォッチ、というのは技術です。

技術ですから、しっかり練習の中からしっかり訓練して、自分の身体に染み込ませていかないと試合では使えない。

強い選手は、選球眼が優れている。

テニススクールでは、そこまで求められないので、教える機会もほとんど無いでしょう。

 

4.相手の癖を見抜く観察眼

試合でやることはシンプル。

目の前の相手を、倒すだけ。

倒すための情報は、現場で自分で積極的に掴み獲らないといけない。

テニススクールでは、仲良く話してもその人のテニスについて、深く観察する機会は少ないですよね。

本気で勝ちたい、と思えば弱点を探せる。

その癖を身に付けるには、テニススクールのような場では難しいのです。

 

テニススクール自体を、否定している訳ではありません。

ただ純粋に、試合に勝つための技術を身に付けるには足りない、そういう場であるという意識は持って欲しい。

逆に、意識を高く持っていれば良い練習も出来る。

皆さんの部活や、サークルの練習でも同じだと思います。

試合に活かせる練習、出来ていますか・・・?

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニススクール

    1対n の教育では、強くなれない

    テニスの試合に強くなりたい。指導してもらっているのに、なかなか…

  2. テニススクール

    レッスンデトックス、テニスで必要

    最近、ふと感じたこと。ブログを書き続けている私が言うのもおか…

  3. テニス ダブルス

    テニススクール

    長所を探せる、テニスコーチになって欲しい

    皆さんの周りにも、きっとテニスコーチの方がいるはず。アルバイト…

  4. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

  5. テニス テニススクール
  6. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの上級クラスでは、「倒してあげること」が最高の指導

    以前に、アルバイトでスクールコーチをやっている学生の方から、こんな相談…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!
  2. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?
  3. 日々の雑記

    球数制限、テニス選手にも必要
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    相手がベースライン後ろで粘っているのに、「深く深く、ストロークを打ち続けている」…
PAGE TOP