その他

本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう

漫画「ベイビーステップ」を読んでいると、感じるものがある。

著者の人が発したいメッセージ、について考えてみると、こんなことが浮かんできます。

今いる環境、に満足していたら・・・試合で勝てるようになれない。

いや、勝てる試合もあるでしょうが、自分が目指すところには届かないでしょう。

そう、勇気を持って踏み出せるかどうかは、アナタ次第です。

 

本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう

 

■倒したいライバルは、いるか?

アナタ自身、倒したいライバルはいますか?

部内にいるかも知れないし、県内の強豪校、あるいは大学のサークルでの有名人かも知れません。

まずは、「ライバルがいる」状態を作ることが大事です。

試合に勝ちたい、と心から思えるのはライバルがいてこそ。

自分のテニスを強くしていく為にも、いつも意識出来るライバルの存在は大切にしておきましょう。

 

■「ライバルを軽くひねれる」相手と、どこかでテニスが出来ないか

私は高校時代、こればかり考えていました。

県内でNo.1の選手に勝つためには、その選手を2-6くらいで倒せる相手と練習したい。

偶然にも一般の大会でそれくらいの実力がある選手と対戦する機会があり、無理やり頼んで練習に参加させてもらったことがあります。

高校生だった僕は、社会人チームの練習に混ぜてもらいましたが当然ボコボコにされました。

ですが、「あの人と試合した、練習出来た」という事実だけは、手にすることが出来たのです。

結果的に、高校3年生のときに目標にしていたライバル選手には勝てませんでしたが、試合の中盤まではリードするくらい、良い試合が出来ました。

それもきっかけは、一般の大会で知り合って頼み込んだ結果・・・だと思います。

 

■「強い人と練習する」ことは、悪いことじゃない

自分の実力が伴わないから、相手に迷惑をかけるから・・・という理由で、勇気が出ない人。

気持ちは分かりますが、それだと今までと同じ。

ほとんどの「その他多数」の選手と同じですから、試合でも同じような結果になり、実力でかなり上をいくライバルに勝つのは難しいでしょう。

高校生、大学生の皆さんなら、まず一般の大会に出てみること、大人の人と試合をすること。

そしてOBなどつながりがあれば、どんどん招待したり、自分から外の練習会に参加してみることをオススメします。

いつもの練習、では身に付かないものや感覚、何より刺激が、そこにはあるはずです。

 

「自分よりかなり実力が上」の人と、練習をするのが苦手な人が多い。

気持ちは分かります、すごいプレッシャーを感じますよね。

ミス出来ない、自分で相手になるのだろうかという不安、あって当然です。

でもそれって、実は試合に近い環境だと思いませんか?

そう思えたら、最高のトレーニングになるしやるべきことは見えてくる。

さぁ、一歩を踏み出してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス カープ

    練習メニュー

    プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性

    今年プロ野球のセ・リーグを制したチーム、広島東洋カープ。彼らの…

  2. その他

    テニスにおいて、「仲良しチームから勝てるチームになる」為に必要な、週に一度のミーティングを考えよう

    テニス部で頑張る皆さん、何か悩みはありませんか?きっと細かい悩み、…

  3. テニス スマッシュ

    その他

    苦しいとき、調子が悪いときに6-4で勝つ為に必要なこと

    ふと、私も自分のテニスノートを見返してみました。そうすると、過…

  4. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には要注意です

    オムニコートの特性、日本にいるとつい麻痺してしまいます。その是…

  5. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる

    テニスラケットを、どう持つのか。これって、意外と難しい問題なの…

  6. テニス ダブルス

    その他

    錦織選手の実力について、アナタはしっかり「自分の意見」を持てているだろうか?

    今年も楽天オープン、日本で一番大きなテニスの大会が始まりました。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのレベルを上げたければ、左右よりも前後の反応速度を上げていこう
  3. テニス ボレー

    ストローク

    相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ
  4. テニス スマッシュ

    戦術

    成功体験が少ないテニス選手に、ミスを責めても何も発展しない
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう
PAGE TOP