テニス ドロップショット

練習メニュー

本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう

漫画「ベイビーステップ」を読んでいると、感じるものがある。

著者の人が発したいメッセージ、について考えてみると、こんなことが浮かんできます。

今いる環境、に満足していたら・・・試合で勝てるようになれない。

いや、勝てる試合もあるでしょうが、自分が目指すところには届かないでしょう。

そう、勇気を持って踏み出せるかどうかは、アナタ次第です。

 

本当に勝ちたいライバルがいるなら、そのライバルを軽くひねれる相手と練習しよう

 


 

■倒したいライバルは、いるか?

アナタ自身、倒したいライバルはいますか?

部内にいるかも知れないし、県内の強豪校、あるいは大学のサークルでの有名人かも知れません。

まずは、「ライバルがいる」状態を作ることが大事です。

試合に勝ちたい、と心から思えるのはライバルがいてこそ。

自分のテニスを強くしていく為にも、いつも意識出来るライバルの存在は大切にしておきましょう。

 

■「ライバルを軽くひねれる」相手と、どこかでテニスが出来ないか

私は高校時代、こればかり考えていました。

県内でNo.1の選手に勝つためには、その選手を2-6くらいで倒せる相手と練習したい。

偶然にも一般の大会でそれくらいの実力がある選手と対戦する機会があり、無理やり頼んで練習に参加させてもらったことがあります。

高校生だった僕は、社会人チームの練習に混ぜてもらいましたが当然ボコボコにされました。

ですが、「あの人と試合した、練習出来た」という事実だけは、手にすることが出来たのです。

結果的に、高校3年生のときに目標にしていたライバル選手には勝てませんでしたが、試合の中盤まではリードするくらい、良い試合が出来ました。

それもきっかけは、一般の大会で知り合って頼み込んだ結果・・・だと思います。

 

■「強い人と練習する」ことは、悪いことじゃない

自分の実力が伴わないから、相手に迷惑をかけるから・・・という理由で、勇気が出ない人。

気持ちは分かりますが、それだと今までと同じ。

ほとんどの「その他多数」の選手と同じですから、試合でも同じような結果になり、実力でかなり上をいくライバルに勝つのは難しいでしょう。

高校生、大学生の皆さんなら、まず一般の大会に出てみること、大人の人と試合をすること。

そしてOBなどつながりがあれば、どんどん招待したり、自分から外の練習会に参加してみることをオススメします。

いつもの練習、では身に付かないものや感覚、何より刺激が、そこにはあるはずです。

 

「自分よりかなり実力が上」の人と、練習をするのが苦手な人が多い。

気持ちは分かります、すごいプレッシャーを感じますよね。

ミス出来ない、自分で相手になるのだろうかという不安、あって当然です。

でもそれって、実は試合に近い環境だと思いませんか?

そう思えたら、最高のトレーニングになるしやるべきことは見えてくる。

さぁ、一歩を踏み出してみましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない

    テニスの練習は、コート上に入れる人数が限られている。テニススク…

  2. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    テニスのタッチプレーを、ゲーム感覚で練習する方法

    テニスの試合で必要な、タッチプレー。「本当に必要?」と思ってい…

  3. 練習メニュー

    練習メニュー

    前衛のプレッシャーに耐える、実戦的な並行陣のボレーを磨く練習メニュー

    ダブルスの並行陣、いざ試合で使おうと思うと・・・。結構相手前衛…

  4. テニス コート

    練習メニュー

    テニス部で団体戦に挑む為に、「直前の1ヶ月間」はどんな練習が効果的?

    「団体戦に適した練習はどんな練習か?」というご質問を、たくさん頂くよう…

  5. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習メニュー

    シングルスの試合では、広いコートを幅広くカバーしないといけない。…

  6. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子テニス部の皆さん、「女子と練習しても、上手くならない・・・」のは、本当にそうですか?

    最近、男子高校生の方からこんな質問を頂きました。「うちのテニス…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよ…
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手の後衛がスライスの構えになったら、チェンジプレーで勝負に出よ…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドでジャックナイフを極める!為に必要なのは3つのポイントだけ
PAGE TOP