テニス スマッシュ

スマッシュ

「スマッシュの基本、右利きの人はすぐ左手を上げる!」は、状況によって使い分けることで守備範囲が拡がる

スマッシュの基本でまず大事なのは、ラケットを持っていない腕を上げること!

と、よくアドバイスで聞きませんでしたか?

確かにサーブと同じようなフォーム、右利きの方は左手を上げてスマッシュの準備を早く行うことは基本ですが、実際の試合ではロブにも色々あり、厳しい状況に追い込まれることもあります。

今回は、この基本についても状況によって使い分ける・・・という部分、アイデアとしてご紹介します。

 

「スマッシュの基本、右利きの人はすぐ左手を上げる!」は、状況によって使い分けることで守備範囲が拡がる

 


 

■基本は「すぐ上げる」で正しいけど、上のレベルで厳しいロブになると・・・

テニスにおいて、基本は本当に大事。

とは言え、全ての状況をカバーできるほど完璧な基本などありません

今回のスマッシュにしても、すごく厳しいロブに対してはまず「後ろに下がる」ということを優先させたいので、腕を先に上げてしまうとそのフットワークが鈍くなります。

目線を切って、しっかり両手を動かして後ろに思い切り下がっていくことが求められる場面もあるのです。

腕をすぐに上に上げてしまうと、このステップが遅れてスマッシュを打つのが難しい。

テニスの上のレベルの試合では、いかに厳しいロブをスマッシュで対処できるかが勝敗の鍵になります。

 

■甘いロブはすぐに上げるよりも、左手でラケットのスロートを持っている方がリラックスできる

じゃあ、甘いロブはすぐに腕を上げて準備した方が良いんですか?

と聞かれれば、それは確実に正解です!

ただし・・・あまり早く上げてしまうと、身体が「固まって固定」されてしまう怖れもあり、リラックスした状態で待つのが難しい人もいるでしょう。

高く上がって、しっかり余裕があるときには、ラケットのスロートに手を添えてリラックスして待ちましょう。

ボールが頂点に達したタイミングくらいで、反対の腕を上げるくらいでも良いと思います。

ただし、その準備まで遅れてしまってはもったいない!

早めの準備は、しっかり意識しましょうね。

 

■スマッシュは、利き腕と逆の腕でラケットをコントロールする感覚を養おう!

スマッシュをコントロールするのは、ラケットを持っていない反対の腕で打つ、という意識を持っていると安定します。

上に上げた腕を下していく動作で、ラケットが連動して動いていく。

ラケットを持っている腕に力が入ると、まずスマッシュでは「切れ味」が失われてしまいます。

スィングスピードを上げて、安定した軌道にする為には、この「反対の腕を上げて下す」という動作に、スマッシュの主眼を置くと良いと思います。

他の技術も、テニスにおいてはそうですね。

ラケットを持つ腕には、なるべく意識をおかない、力を入れないを徹底してみましょう。

 

スマッシュは、緊張します。

特に大事な場面では、初中級者の方は「嫌だな・・・」と感じる方も多いはず。

だからこそ、試合では相手に打たせようとロブを積極的に使ってくる相手も多い。

深い厳しいロブ、甘いロブ、高いロブ、全てはラケットを持たない腕をどう扱うかで、守備範囲も変わってきます。

ぜひリラックスして、広い範囲をカバーできるスマッシュスキル、この機会に磨いてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能性大

    テニスを長くやっていると、意外と「ラケット面のどこにボールが当たったか…

  2. スマッシュ

    太陽が眩しいからサーブを避ける、でも前衛は・・・?

    ダブルスの試合で、「どっちが先に、どちらのサイドでサーブを打つのか?」…

  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、この決定力で決まる!…

    スマッシュを打ち切れるかどうか、はテニスの試合の勝敗を大きく左右します…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

    自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。そんな人には、あ…

  5. スマッシュ

    相手のスマッシュは、実は自分自身のチャンス

    試合の中で、相手がスマッシュを打つ瞬間。みなさんは、何を考えま…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    アナタのスマッシュ練習が無意味な理由、それは「ロブが来ると分かって打つ」練習になっているから

    皆さん、練習の中でスマッシュ練習、どの程度時間を割けていますか?…

特集記事

  1. テニス シングルス

    ボレー

    広い守備範囲が求められるシングルスのネットプレーでは、「優先順位を付けて予測」が…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの準備が遅い人ほど、打点が前過ぎてコントロールが出来なくなる
  3. 戦術

    40に乗せるポイント、に全力を注ごう
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブが入ったときには、「コートの内側に1歩」入って攻撃態勢を整えよう…
PAGE TOP