テニス 疲れ

その他

テニスの試合中、「どうも他の選手より疲れるのが早い・・・」と感じる人は、ラケットを片手で支えていませんか?

テニスの試合って、長い。

3セットマッチを経験した人はよりそう感じるかと思いますが、一般の試合でも3時間を超えることもざらにあります。

下半身はもちろん、上半身にも疲れがくるとラケットを握る握力も無くなってくる。

意外とこの「上半身」の体力強化には、無関心な方が多いのも事実。

まずは体力強化、よりもテニスの試合に必要な「消耗しない」という視点で、考えてみませんか?

例えば、何げなく持っているラケットの「持ち方」一つから、変えてみるのも有効です。

 

テニスの試合中、「どうも他の選手より疲れるのが早い・・・」と感じる人は、ラケットを片手で支えていませんか?

 


 

■トーナメントを勝ち抜く選手は、試合での疲労軽減の達人

試合を勝ち抜けば、当然テニスのトーナメントでの試合数は多くなります。

だからこそ、試合に勝っていける選手は体力のコントロールが本当に上手い。

色々ノウハウがありますが、まずは試合時間を短くすること。

でもこれって対戦相手やその日の自分の調子に寄ってしまう・・・ので、普段の自分の立ち振る舞いから考えてみましょう。

皆さん、ラケットって意外と重いの気付いてますか?

300グラム前後のラケットを左右上下に、振り回すのはかなり疲れる動作であることを認識しましょう。

 

■ラケットは常に両手で扱い、利き腕はなるべく休ませること

テニスの試合では、ボールを打っていない時間のほうが圧倒的に多い。

そして打つ機会は、利き腕1本で打つ機会が、これまた多いはず。

ストロークやボレーを両手、という方はいると思いますが、それでもサーブは片手で打ちますよね。

この利き腕の負担を減らすには、オフプレー中や構えているとき、なるべく反対の手をしっかり使うこと。

利き腕と反対の手でスロートを持つことで、重心近くから支えられますので負担も少ない。

体力の温存は、試合で勝つうえで至上命題です

プロ選手の「持ち方」もしっかり研究してみて下さい。

 

■テニスが上手い、試合に強い人ほどラケットが空気のような存在に

ラケットが自分の近くにあり、持っている。

テニスが上手く、強くなりたいと考える人には、その感覚をぜひ自然なものにしていって欲しい。

ボールをラケットでキャッチする、拾うなんて動作も、ラケットでスマートに出来るとカッコイイし、テニスも上達する。

ラケットの先のほうまで、自分の神経が通っているような感覚で、普段の練習でボールを打って感じてみましょう。

そうすることで、「ラケットを持っている」こと自体が自然になり、上半身も疲れないような感覚を養っていくことが出来ると思います。

 

例えば家で、「素振りをするぞ!」と意気込んでも、なかなか続きませんよね。

オススメは、テレビを観たり何気なく過ごす時間を、ラケットと共に過ごしてみること。

クルクル回す、軽く振ってみる・・・など、家で家族の邪魔にならない範囲で、ラケットに触れる時間を増やしてみて下さい。

使い古した、前のラケットでも良いんです。

年末年始でお時間があるときには、ぜひラケットと共に過ごす時間を過ごしましょう。

実はこれも、良い練習になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスノートが面倒くさい、そんな人にはこのやり方で

    「テニスノートを書きたいんですが、続かなくて・・・」というみなさん。…

  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです

    皆さんは、団体戦などでベンチコーチに入った経験、ありますか?通…

  3. その他

    「ドキドキのスペイン留学初日」スペインでのテニスと緊張感と

    赤土のコートで走り回る選手たちを観ていると、スペイン・バルセロナで練習…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ

    試合はたくさんの相手、関係者と一緒に進めていくもの。自分の勝利…

  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で出来るだけリラックスする為には「スロートに手を添えてラケットヘッドを立てる」ことがポイ…

    ラケットを持って試合を続けていると、いつの間にか力が入って腕に疲労が溜…

  6. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識

    どんな上級者も、初めてテニスの大会にエントリーして出場するときは緊張し…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう
  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスのラリーでは、「ボールは近づいて来てから見る」だと遅過ぎる
  3. テニス スライス

    ストローク

    「ベースラインからドロップショットを打ってみたい!」人は、技術よりも大切な「間」…
  4. テニス 客観視

    その他

    テニスが強くなりたければ、「ライバルを味方にする」という考え方が必要です
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    バックハンド側に高く弾むストロークは、「絶対に下がって打たない」ことを意識してい…
PAGE TOP