テニス 不安

その他

テニスの部活やサークルの中で、「周りが自分に合わせてくれる」ことをどこかで期待してはいないか?

皆さんは今、自分が所属している部活やサークル、に不満はありますか?

私は・・・当時、いっぱいありました。

「一年生の仕事が多い」と思っていたら、上級生になったら「下級生が言うことを聞かないな・・・」と思ってみたり。

本当に思い出しても恥ずかしい、ひどい感じだったと思います。

その考え方の背景には、こんな感情があったんじゃないかなと。

 

テニスの部活やサークルの中で、「周りが自分に合わせてくれる」ことをどこかで期待してはいないか?

 


 

■テニスが強い選手ほど、自分自身で注意が必要

テニスが強い、結果が出ている選手ほど、その組織での影響力は強くなる。

ふと、自分が偉くなったように錯覚してしまうのが怖いところ。

自分自身で、ふと立ち止まって考える機会を、学生の皆さんも作って欲しい。

何か良くないことが起きれば、周りのせいにしてしまう・・・そんな経験ありませんか?

 

■「自分に合わせてくれる」ことを待っていても、何も変わらない

こういう風に、周りに期待している人は自分からアクションを起こせない。

「自分の想定通りの動き」が周りにあった時点で、初めて自分が動き出す。

これって、すごく受動的だし、テニス選手向きでは無い。

良い意味で自分から周りを意に介さず動く、主体性を持って行動する、という意識は大事。

テニスの試合で結果を出したいのなら、良いきっかけは自分から掴み獲りにいかないといけないのです。

 

■「いつも周りと同じ」ことに危機感を持てるように

テニスの試合は、多くのパターンの選手と相対して試合をしていく。

初対面の人、とネットを挟んで戦うスポーツであるということを、再度確認して欲しいのです。

そう考えると、いつも周りと同じような感覚、感情を持って練習することは、正直危険。

危険、というか成長を妨げるような要素になる。

「毎日部活やサークル楽しいし、何も不満は無い!」と言う人、すごく語弊があるかも知れませんが鈍感、かも知れません。

 

鈍感、という言葉を使ったのは、最近の学生の皆さんを観て感じるところがあるから。

テニスが上手くなりたければ、「敏感」に色々なことを感じ取らないといけない、自分から行動していかないといけない。

自分が周りと何が同じで、何が違うのか。

その個性を、どうテニスの強さに変えていけるのか・・・を、ふと立ち止まって考えてみましょう。

きっとテニスだけでなく、勉強や仕事にも活かせるはずです。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. その他

    無限の負のループ、に気付こう

    私たちの周りは、常に繰り返し、で満ちている。このこと、に気付け…

  2. その他

    「気を付けろ!スポーツドリンク!」試合に出るテニス選手に必要な意識改革

    夏は暑い毎日が続く。練習中もしっかり水分補給をしないとね。…

  3. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性

    何歳までが子供というのか分からないが、高校生はまだまだカテゴリーとして…

  4. テニス 練習

    その他

    試合に勝ちたいテニス選手なら、「試合前の準備は2日前に完了」させておこう!

    皆さんは試合前の準備、いつ頃やっていますか?私はいつも、2日前…

  5. テニス 格上相手

    その他

    テニスでの用具選びは、「練習と同じくらい大事な要素」という覚悟で知識と情報を蓄えましょう

    テニスは必要となる道具が多い。ラケットにガット、ウェアにシュー…

  6. テニス リターン

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルトで必要以上に落ち込まない為に、「1ゲームに1回はOK」くらいのルー…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう
  4. テニス ボレー

    ロブ

    意外と使える、ネット近くからのロブの使い方について
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    雁行陣での「クロスへのアプローチショット」は、センター寄りのコースに!
PAGE TOP