テニス 前衛

ダブルス

テニスの試合に強いダブルスペアは、「勝利の為ならプライドを捨てる」勇気がある

テニスの試合、第1シードが圧倒的な強さを見せて勝ち上がる。

そんなケース、どれくらいあると思いますか?

私が感じるのは、強い選手ほど臨機応変に、試合の現場で対応力がある。

強いとは決して速いサーブに圧倒的なセンス、華麗なプレーで勝ち上がる訳では無い。

特に一般の大会、学生の皆さんの大会はそうだと思います。

シングルスよりもダブルス、の方がより顕著だと思いますので、今回はこのテーマでお送りします。

 

テニスの試合に強いダブルスペアは、「勝利の為ならプライドを捨てる」勇気がある

 


 

■自分のテニスにこだわり過ぎたペアは、結果勝てない

私の経験では、全日本選手権のレベルでもそう、です。

ストロークに自信がある選手、ペアは、後ろからボレーヤーを打ち抜きたい。

ネットプレーにこだわりのある並行陣ペアは、何度沈められても前に出る。

確かに、テニス選手であれば自分に対するプライドは大事。

ですが、それ以上に大事なのは、試合の現場で対応して「負ける試合を勝ち試合」にしていく力だと思うのです。

ペアでしっかり、この共通意識を持てていると試合では強いのです。

 

■プロ選手でも勝ち上がるペアは、試合中に「受け入れる」のが上手い

ダブルスの試合、プロ選手の試合を観ていても感じる。

強いペアはオールラウンドなテニスがベースにあり、それに加えて「相手に合わせる」力が凄い。

序盤から、試合に勝っている状態からでも、先手を打って戦術を変えていける勇気を持っているのです。

勝てないペアほど、自分たちのスタイルに固執する。

テニスの調子は水物な部分もあるのに、です。

実際に試合が始まってみて、「相手の調子が良い・・・自分たちは悪い・・・」ということなんてざらですよね。

そこでいかに、プライドを捨てて「勝負」に徹することが出来るかが大事になってきます。

 

■プライドを捨てた「手負いの熊」は強い

アナタ自身、経験は無いですか?

あと一歩で強い相手を倒せる、ときに、吹っ切れたようにいきなり粘りだす。

手負いの熊、怪我をした熊のように、生き残ることに必死になる。

今までミスが多かったのに、急に確実なテニスに徹するようになり、逆にアナタの側がミスが増えて自滅する。

金星を逃すとき、テニスではこんなケースが多い。

アナタ自身、いつも手負いの熊になったつもりで、試合では相手に牙をむいていかないとダメ。

勝利の為に、弱いなら弱いなりに、負けているなら負けているなりのテニス、を実践する勇気を持ちましょう。

 

どんなに頑張っても、試行錯誤しても、負けるときは仕方ない。

ですが、「完全にやりきって負けた」と思える試合、実際は少ないんじゃないでしょうか。

負けてもどこか、言い訳を考えてしまう。

そこには妙な小さいプライド、アナタの中にあるんじゃないですか?

一度バカになるくらい、捨ててみましょうよ。

ペアとして勝ちに徹する、ことで新しい景色が見えてくるはずです。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルス、「男性のサービスゲーム」こそ実はチャンス!

    ミックスダブルスで、楽に相手を崩す方法。そんなのがあれば・・・…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合で並行陣が不安な人に、基本のポジショニングについて

    テニススクールでも、中級以上になると必須になる並行陣。ダブルス…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る

    ダブルスの前衛、皆さんは得意ですか?硬式テニスでは前衛、後衛に…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合を勝ち抜くために、ペアで連動すべきポイントはどこか?

    ダブルスのコンビネーション、何となく分かるような、分からないような・・…

  5. ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、実際の試合でどうやってますか?

    コンビネーションが大切なダブルスでは、当然パートナーとのコミュニケーシ…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    テニスのタッチプレーを、ゲーム感覚で練習する方法
  2. テニス ラケット

    日々の雑記

    辛いときは遠慮なく、テニスから離れましょう
  3. テニス セルフジャッジ

    その他

    「打つコースをしっかりコントロールできるテニス」を身に付ける為に必要な練習意識と…
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」か…
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスコートで怪我が多い人の特徴5つ
PAGE TOP