テニス メンタル

メンタル

テニスの試合で、「経験豊富で格上の相手を倒す」為の作戦と流れについて

テニスは、「番狂わせ」が比較的少ないスポーツだと言われます。

確かにシード選手が勝ち上がる、プロ選手でも一般、学生の試合でも序盤に波乱は少ない競技かも知れません。

ですが、しっかり準備をして臨めば経験豊富な格上相手でも、対抗できる可能性はある。

今回は、来るべきシード選手との闘いに備えて、作戦と流れの作り方について確認しておきましょう。

 

テニスの試合で、「経験豊富で格上の相手を倒す」為の作戦と流れについて

 

■まずは長い試合、長いポイントをイメージする

相手の立場に立って考えてみましょう。

シード選手で勝って当然、と思っている相手はとにかく「早く試合を終わらせたい」と考えるのが自然。

長引けば、「あれ?苦戦してる・・・?」と周りの眼も気になる。

ですのでアナタ自身は、少しでも長く試合を続けられるような作戦が欲しい。

高くて遅いボールや、スライスのショット、またポイント間の間の使い方も大事ですね。

相手のボールは速いけど、アナタのボールは少し遅い、くらいのラリーを基準に考えましょう。

 

■シード選手こそ、「アナタのミス」を上手く使ってくる

本当に強い選手は、自分のショットを使わずともプレッシャーだけでミスが誘える。

良いサーブ、良いリターン、確かにあると思いますが、それに対抗しようとしてアナタがミスを犯すのを虎視眈々と待っているのです。

まずはアナタ自身、基本となるファーストサーブを入れること、リターンをゆっくりで良いので深く返して試合のペースを作ることです。

その中で、「ん?この相手はいつもと違って、崩れてくれないな・・・おかしいな・・・」という感情を、流れの中で相手が持ってくれるとチャンス。

この感覚が、試合の終盤で効いてきます。

序盤は拮抗した試合、または少しアナタがビハインドしているスコアでも大丈夫。

勝負所は終盤に必ずやってきます。

 

■粘りの選手から攻撃の選手へ変化する第8ゲーム

私は格上と試合をするときには第8ゲーム、に勝負所をもってきたい。

3-4、または4-3でこのゲームを迎えたときに、自分が得意なパターン、取っておいた戦術を出す。

私の経験上、リターンダッシュは有効です。

特に終盤は相手もファーストサーブを置きにくる、セカンドサーブはもっと入れにくるケースが多い。

終盤で相手がフッと気が抜けたようなポイント、絶対に逃してはいけません。

自分の中で、「ここで一気に試合を動かす!」という目安のゲームはある程度決めておきましょう。

 

抑揚をつける、試合の中で強弱をつける・・・のって、強い選手だけ?

いやいや、実力で劣る選手こそ、必要な意識です。

対戦相手からすると、自分が試合の主導権を握っていると思ったら・・・実は逆だった。

番狂わせが起きるときって、大抵がそんなとき。

アナタ自身、意識して準備してみて下さい。

きっと強い相手にも、思った以上に良い試合出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    5分で覚える、大事な「テニスの試合前の過ごし方」について

    試合前、緊張する待ち時間・・・。ココをどう自分の中で過ごすのか…

  2. メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう

    皆さんはチェンジコート、の時間をどう過ごしていますか?3ゲーム目以…

  3. テニス 打点

    メンタル

    相手を心から尊敬したとき、本当の実力を出せる

    良い試合、自分の心に残る試合。そういう試合って、本当に自分の実…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    上達が早いテニス選手は、「自分自身の失敗から、決して逃げない」から強くなる

    上達が早いテニス選手には、ある特徴がある。私自身、自分はプロ選…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    「クレーコートでの試合が苦手・・・」な人に意識して欲しい、試合前の準備と覚悟とは?

    最近ではオムニコートがだいぶ増えてきましたが、元々日本に多かったのはク…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおける一球の重みは、実はすごく分かり辛い
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩を支点にしたスライスを覚えよう!
  3. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイン…
  4. テニス マナー

    練習メニュー

    部活の練習で、「試合に近い環境で勝負勘を養う」為には、ポイントシチュエーションを…
  5. テニス サーブ

    その他

    「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない
PAGE TOP