テニス メンタル

メンタル

テニスの試合で、「経験豊富で格上の相手を倒す」為の作戦と流れについて

テニスは、「番狂わせ」が比較的少ないスポーツだと言われます。

確かにシード選手が勝ち上がる、プロ選手でも一般、学生の試合でも序盤に波乱は少ない競技かも知れません。

ですが、しっかり準備をして臨めば経験豊富な格上相手でも、対抗できる可能性はある。

今回は、来るべきシード選手との闘いに備えて、作戦と流れの作り方について確認しておきましょう。

 

テニスの試合で、「経験豊富で格上の相手を倒す」為の作戦と流れについて

 


 

■まずは長い試合、長いポイントをイメージする

相手の立場に立って考えてみましょう。

シード選手で勝って当然、と思っている相手はとにかく「早く試合を終わらせたい」と考えるのが自然。

長引けば、「あれ?苦戦してる・・・?」と周りの眼も気になる。

ですのでアナタ自身は、少しでも長く試合を続けられるような作戦が欲しい。

高くて遅いボールや、スライスのショット、またポイント間の間の使い方も大事ですね。

相手のボールは速いけど、アナタのボールは少し遅い、くらいのラリーを基準に考えましょう。

 

■シード選手こそ、「アナタのミス」を上手く使ってくる

本当に強い選手は、自分のショットを使わずともプレッシャーだけでミスが誘える。

良いサーブ、良いリターン、確かにあると思いますが、それに対抗しようとしてアナタがミスを犯すのを虎視眈々と待っているのです。

まずはアナタ自身、基本となるファーストサーブを入れること、リターンをゆっくりで良いので深く返して試合のペースを作ることです。

その中で、「ん?この相手はいつもと違って、崩れてくれないな・・・おかしいな・・・」という感情を、流れの中で相手が持ってくれるとチャンス。

この感覚が、試合の終盤で効いてきます。

序盤は拮抗した試合、または少しアナタがビハインドしているスコアでも大丈夫。

勝負所は終盤に必ずやってきます。

 

■粘りの選手から攻撃の選手へ変化する第8ゲーム

私は格上と試合をするときには第8ゲーム、に勝負所をもってきたい。

3-4、または4-3でこのゲームを迎えたときに、自分が得意なパターン、取っておいた戦術を出す。

私の経験上、リターンダッシュは有効です。

特に終盤は相手もファーストサーブを置きにくる、セカンドサーブはもっと入れにくるケースが多い。

終盤で相手がフッと気が抜けたようなポイント、絶対に逃してはいけません。

自分の中で、「ここで一気に試合を動かす!」という目安のゲームはある程度決めておきましょう。

 

抑揚をつける、試合の中で強弱をつける・・・のって、強い選手だけ?

いやいや、実力で劣る選手こそ、必要な意識です。

対戦相手からすると、自分が試合の主導権を握っていると思ったら・・・実は逆だった。

番狂わせが起きるときって、大抵がそんなとき。

アナタ自身、意識して準備してみて下さい。

きっと強い相手にも、思った以上に良い試合出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス メモ

    メンタル

    メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?

    皆さんも試合中、チェンジコートで自分のメモを見返したりする機会、あると…

  2. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

    日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持…

  4. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの重要性について

    年末年始に実家に帰省した際に、私の後輩が相談してきたことについて、今日…

  5. テニス ダブルス

    メンタル

    自分を「上手く見せよう」というテニスは、もう止めにしませんか?

    私は、カミングアウトさせてもらうと非常に見栄っ張りです。いつも…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    練習中に不機嫌な顔ばかり見せている人は、結局自分のことしか考えていない

    部活やサークルの練習中に、こんな人いませんか?私はいつも、こう…

特集記事

  1. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ
  2. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと…
  3. リターン

    試合の序盤のリターンは、確率重視でいこう!
  4. テニス メンタル

    戦術

    人と異なることを恐れず、過去と同じということ、を恐れよ
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ…
PAGE TOP