テニス メンタル

ボレー

テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度で分かる

ダブルスの試合では、シングルスの試合よりもサーブ&ボレーがやりやすい。

半面はパートナーに任せることも出来ますし、シングルスよりは気持ちが楽ですよね。

ですが、ファーストボレーはしっかり返球出来ても、その次のボールからの展開イメージは、しっかり出来ていますか?

あまりイメージが無いままにただ並行陣を作っても、結局前でつなぐだけのボレーに終始してしまいがち。

それで勝てる相手もいるでしょうが、やっぱり大事なのはプレーの幅。

2ndボレーでどんなプレーが出来るか、しっかり手数を増やしましょう。

 

テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度で分かる

 


 

■雁行陣でも並行陣でも、後衛は常に「ゲームメーカー」の意識を

ダブルスの後衛は、試合を作るゲームメーカー。

アナタが後衛なら、しっかり前衛を使い相手を翻弄してチャンスを作る、という意識が大事です。

だからこそ、1stボレーを打って返球される、再度クロスに来たボールをどう展開するかが腕の見せ所。

一番展開力、ゲームメイクが求められる場面なのです。

沈められたリ、浮いたり、またはロブで前衛の後ろを狙われたり・・・というシチュエーションに、しっかり対応しないといけません。

 

■沈められたボールは、何度も深く返球しても・・・相手は慣れる

特にオムニコートでは、ストローク側が優位。

それはバウンド後にボールが失速して、ストロークが打ちやすいボールになってしまうから。

何度も深く返球して、ミスを待つことも大事ですがそれだけだと格上相手には厳しい。

2ndボレーでは、例えば沈められたらドロップボレー、浮いたらハイボレーでストレートに展開、などの展開イメージを、後衛となるアナタ自身がしっかり持っておきましょう。

1stボレーを返球して安心、している暇は無いのです。

 

■2ndボレーまでのイメージは持って、サーブを打つようにしよう!

サーブを打つ前に、しっかり2ndボレーまでのイメージは持ちましょう。

粘るようなストロークであれば、1stボレーは深く返球して、次の2ndボレーでは早々前におびき出すドロップボレーが有効。

ロブを使ってきそうな相手であれば、ハイボレーでカット、のイメージも大事ですよね。

もしかしたらスマッシュ、かも知れない。

まずは1stボレーが深く返球出来れば、相手は苦しくなってこちらのチャンスがある、ことはしっかり意識して攻撃していきましょう!

 

ダブルスの試合、は大抵3往復くらいのラリーでポイントが終わる。

レベルが高い試合になればなるほど、特に男子ダブルスは結構短いラリーで決着しがちです。

だからこそ、2ndボレーまで集中出来れば大丈夫。

そこまでしっかり、返球出来るイメージを持ってサーブを打ちましょう。

そうすればきっと、キープ率も上がるはずです。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスで「どうしてもポーチに出れない・・・」と感じているアナタへのヒント5つ

    パートナーがせっかく後ろで頑張っているのに、どうしてもポーチに出れない…

  2. テニス ボレー
  3. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる

    ボレーの上達に悩んでいる方の、ほとんどがこれを克服できていません。…

  4. テニス 攻撃

    ボレー

    フワッと浮いたボールを詰めてボレー、足から合わせていけばミスが減る

    ネット近くに、フワッと浮いたようなボレー。これをしっかり決める…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK

    私は学生時代、「つなぐボレー」が苦手でした。相手ストローカーの…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、鋭いボレーに必要なのは、「後ろ足の膝の曲げとキック」です

    プロ選手のボレーは直線的で鋭い弾道、しかもスライスが効いているから相手…

特集記事

  1. テニス パラソル

    テニス知識

    晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニス

    ボレー

    ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い
  3. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、上からラケットを入れよう
  4. ストローク

    エグいスライスは、腕の振りを〇〇で!
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルス並行陣を検討中のアナタへ」テニスの試合で強みを発揮するのはディフェンス…
PAGE TOP