テニス ダブルス

ボレー

ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」、その理由について

テニスの試合は、誰でも熱くなるポイントがある。

特にラリーが長くなる、ネットプレーに移行していくとより「ポイントを決めたい!」と思うようになりますよね。

でもどんなに心が熱くなっても、頭は冷静に。

しっかりネットより低い位置、ではまず我慢が出来るかどうか。

ネットプレーでは特に、その判断力が問われることを忘れないようにしておいて下さい。

細かい意識が、試合の大事なポイントを左右します。

 

ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」、その理由について

 


 

■ネットより低い位置からボールスピードを出すと、どうなるか・・・?

前衛でボレー、を決めたいのは分かります。

ですがネットより低い位置で打つ時点で、テニスというスポーツでは攻撃が難しい。

この大前提をしっかり理解しましょう。

ボールにスピードを出すと、ネットを越えたとしても相手コートに収まらない。

結局ネットギリギリを狙って、ネットにかかることも多い。

ネットを越えても越えなくても、速いボールを打った時点でアナタの敗けなのです。

 

■前衛のボレーでも「想定力」の幅が求められる

ボレーは決めないといけない!と思っていると、こうなります。

相手も上手くなれば、いつでもアナタの足元、ネットより低い位置でボレーさせることは出来るのです。

だからこそ、「ポーチに出ても、もしかしたら低いボールが来るかも・・・」と、想定に幅を持っておく。

自分が打ちやすいようなボールは、まぁそんなに来ない、くらいに思っておきましょう。

 

■ネットプレーでは、アングルボレーやドロップボレー、で逃げるしかないときもある

そうなると、どんな技術が必要か。

そう、アングルボレーやドロップボレーのように、少し山なりでネット際に落とす技術です。

「えっ、そんなの出来ない・・・上級者じゃないし・・・」と思っている方、それは違います。

攻撃的でテクニカルなショットに思われがちですが、実際にこのショットで「逃げる」しかないときもあるのです。

打てないと、試合で延々と狙われて勝てない。

そうなりたくなければ、しっかり練習しましょう。

上手い人がやるショット、と決めつけるのは、ただアナタが逃げているだけです。

 

足元のボレーをしっかり返す、ことがネット際でも出来ると非常に使えます。

ダブルスでは本来、前衛はこうならないようにしっかりネットに詰めるのがベストですが、そうもいかないときもある。

だったら常に、「ネットより低い位置にきたら、まずゆっくり前のスペースを使う」くらいの想定を立てておきましょう。

あらぬ期待をしていると・・・急に来たボールにとっさに反応して、速いボールで自滅してしまいますよ。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. ボレー

    バックバンドハイボレーは、「振り幅を小さくする」だけでパワーと安定感の両方がアップ!

    バックハンドボレー、どうしても力は入り辛いですよね。片手でも両…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは腕を伸ばす、のではなく「しっかり胸を寄せて」いこう!

    ボレーを打つ時に、意識したいこと。それは、なるべく「腕だけで打…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーをしっかり決めるには、〇〇を意識すれば大丈夫!

    ハイボレーが、チャンスで決まらない。ダブルスで、これは大きな問…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    「ハイボレーでもっとパンチ力が欲しい!」人に、オススメの練習方法とは?

    いくらストロークで追い込んでも、ハイボレーが決まらないと・・・なかなか…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「必須グリップチェンジ」の為に、ニュートラルな状態で待つことがテニスの試合では必要!

    俺が初めて試合に出場した高校一年生の5月、その段階では、フォアはフラッ…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント

    ボレーのパンチ力アップ、みなさんの課題の一つじゃないでしょうか。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    安定したセカンドサーブを打つには、「〇〇の基本」を確認
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」か…
  3. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること
  4. テニス ダブルス

    戦術

    「基本はこうだけど、自分はこう考える」を増やしていこう
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ペアで実力差があるときは、逆に活かす道を
PAGE TOP