テニス ダブルス

ボレー

ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」、その理由について

テニスの試合は、誰でも熱くなるポイントがある。

特にラリーが長くなる、ネットプレーに移行していくとより「ポイントを決めたい!」と思うようになりますよね。

でもどんなに心が熱くなっても、頭は冷静に。

しっかりネットより低い位置、ではまず我慢が出来るかどうか。

ネットプレーでは特に、その判断力が問われることを忘れないようにしておいて下さい。

細かい意識が、試合の大事なポイントを左右します。

 

ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」、その理由について

 

■ネットより低い位置からボールスピードを出すと、どうなるか・・・?

前衛でボレー、を決めたいのは分かります。

ですがネットより低い位置で打つ時点で、テニスというスポーツでは攻撃が難しい。

この大前提をしっかり理解しましょう。

ボールにスピードを出すと、ネットを越えたとしても相手コートに収まらない。

結局ネットギリギリを狙って、ネットにかかることも多い。

ネットを越えても越えなくても、速いボールを打った時点でアナタの敗けなのです。

 

■前衛のボレーでも「想定力」の幅が求められる

ボレーは決めないといけない!と思っていると、こうなります。

相手も上手くなれば、いつでもアナタの足元、ネットより低い位置でボレーさせることは出来るのです。

だからこそ、「ポーチに出ても、もしかしたら低いボールが来るかも・・・」と、想定に幅を持っておく。

自分が打ちやすいようなボールは、まぁそんなに来ない、くらいに思っておきましょう。

 

■ネットプレーでは、アングルボレーやドロップボレー、で逃げるしかないときもある

そうなると、どんな技術が必要か。

そう、アングルボレーやドロップボレーのように、少し山なりでネット際に落とす技術です。

「えっ、そんなの出来ない・・・上級者じゃないし・・・」と思っている方、それは違います。

攻撃的でテクニカルなショットに思われがちですが、実際にこのショットで「逃げる」しかないときもあるのです。

打てないと、試合で延々と狙われて勝てない。

そうなりたくなければ、しっかり練習しましょう。

上手い人がやるショット、と決めつけるのは、ただアナタが逃げているだけです。

 

足元のボレーをしっかり返す、ことがネット際でも出来ると非常に使えます。

ダブルスでは本来、前衛はこうならないようにしっかりネットに詰めるのがベストですが、そうもいかないときもある。

だったら常に、「ネットより低い位置にきたら、まずゆっくり前のスペースを使う」くらいの想定を立てておきましょう。

あらぬ期待をしていると・・・急に来たボールにとっさに反応して、速いボールで自滅してしまいますよ。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ロブ

    ボレー

    ネットにいる相手に向かって、沈めて前に出る勇気を持てる選手は強い

    「あ、この人は試合慣れしているな」と、感じるプレー。みなさんは…

  2. テニス ミス

    ボレー

    「ダブルスの前衛として良いプレーが出来ているかどうか」、それは対戦相手が決めることです

    先週末の練習で、一つ気になることがあったので書いてみます。「ポ…

  3. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から作っていこう

    テニスはどんどん、自分の役割が変わるスポーツ。硬式テニスでは前…

  4. テニス リターン

    ボレー

    ボレーは「グリップの握り込むタイミング」で伸びが変わる!意識したいポイントは?

    ボレーに苦手意識がある人は、まずグリップの握るタイミングを意識してみる…

  5. テニス 準備

特集記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ
  2. テニス 客観視

    メンタル

    テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?
  3. テニス 部活

    シングルス

    シングルスの試合の中で、「技術はあるのに、先にミスして自滅していく人」に共通する…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    自分のセカンドサーブに、型が無いと思いませんか?
  5. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーの準備は、「利き腕では無い方の手のひら」を使えば抜群に安定しま…
PAGE TOP