テニス ダブルス

ボレー

ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」、その理由について

テニスの試合は、誰でも熱くなるポイントがある。

特にラリーが長くなる、ネットプレーに移行していくとより「ポイントを決めたい!」と思うようになりますよね。

でもどんなに心が熱くなっても、頭は冷静に。

しっかりネットより低い位置、ではまず我慢が出来るかどうか。

ネットプレーでは特に、その判断力が問われることを忘れないようにしておいて下さい。

細かい意識が、試合の大事なポイントを左右します。

 

ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」、その理由について

 

■ネットより低い位置からボールスピードを出すと、どうなるか・・・?

前衛でボレー、を決めたいのは分かります。

ですがネットより低い位置で打つ時点で、テニスというスポーツでは攻撃が難しい。

この大前提をしっかり理解しましょう。

ボールにスピードを出すと、ネットを越えたとしても相手コートに収まらない。

結局ネットギリギリを狙って、ネットにかかることも多い。

ネットを越えても越えなくても、速いボールを打った時点でアナタの敗けなのです。

 

■前衛のボレーでも「想定力」の幅が求められる

ボレーは決めないといけない!と思っていると、こうなります。

相手も上手くなれば、いつでもアナタの足元、ネットより低い位置でボレーさせることは出来るのです。

だからこそ、「ポーチに出ても、もしかしたら低いボールが来るかも・・・」と、想定に幅を持っておく。

自分が打ちやすいようなボールは、まぁそんなに来ない、くらいに思っておきましょう。

 

■ネットプレーでは、アングルボレーやドロップボレー、で逃げるしかないときもある

そうなると、どんな技術が必要か。

そう、アングルボレーやドロップボレーのように、少し山なりでネット際に落とす技術です。

「えっ、そんなの出来ない・・・上級者じゃないし・・・」と思っている方、それは違います。

攻撃的でテクニカルなショットに思われがちですが、実際にこのショットで「逃げる」しかないときもあるのです。

打てないと、試合で延々と狙われて勝てない。

そうなりたくなければ、しっかり練習しましょう。

上手い人がやるショット、と決めつけるのは、ただアナタが逃げているだけです。

 

足元のボレーをしっかり返す、ことがネット際でも出来ると非常に使えます。

ダブルスでは本来、前衛はこうならないようにしっかりネットに詰めるのがベストですが、そうもいかないときもある。

だったら常に、「ネットより低い位置にきたら、まずゆっくり前のスペースを使う」くらいの想定を立てておきましょう。

あらぬ期待をしていると・・・急に来たボールにとっさに反応して、速いボールで自滅してしまいますよ。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス サイト

    ボレー

    先入観を無くせば、バックハンドボレーの攻撃力は絶対にまだまだアップ出来る!

    バックハンドボレーが、どうしてもつなぐだけになってしまう。試合…

  2. ボレー

    ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること

    ダブルスの試合で、サーブ&ボレーで前に出る。並行陣には必須のス…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーで「肘の曲げ伸ばし」を使えると、ボレーにパンチ力とスピードが伝わる

    ボレーでパンチが欲しい人は、手首に頼りがち。「だって、ボレーは…

  4. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステップです

    部活やテニススクールで頑張っている皆さんの中で、ハイボレーに自信がある…

  5. テニス 客観視

    ボレー

    テニスの基本である「低い姿勢」がネットプレーに必要な理由5つ

    「腰を落として!」「膝を曲げて!」日本のテニススクール…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験してみよう!

    テニスの陣形やポジションで、完璧なものなんて無い。それなのに、…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレーはもどかしい」テニスで難しい技術はどうマスターすれば良い?
  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です
  3. テニス メンタル

    ストローク

    テニスで「ストロークの打点が低くなる」と発生するデメリット5つ
  4. テニス メンタル

    サーブ

    試合で使える良いサーブとは、リターンのコースを限定出来るサーブです
  5. テニス ストローク

    ストローク

    何度でも声を大にして言いたい、試合に勝ちたければ、「ライジングでストロークを!」…
PAGE TOP