テニス 錦織圭

その他

私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント

これから全仏オープン4回戦に挑む、錦織選手。

改めて彼のすごさ、強さについて、私自身考えてみました。

するとそこには、皆さんでも実践可能なポイントがいくつもあることに、改めて気付くことが出来ました。

つい派手なショットにばかり注目がいきますが、しっかりと土台になる技術があるからこそ、華やかなプレーにチャレンジできる。

ぜひ意識して、皆さんもテレビで観戦してみて下さい!

 

私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント

 


 

1.安定した深いセカンドサーブ

今年一番、改善出来たポイントはここでしょう。

困ったときにはセンターに深く、安定したセカンドサーブが打てる。

その後に相手の攻撃に備えたポジションで構える、その意識と読みも絶妙です。

 

2.足を戻して次へ備えるフットワーク

錦織選手のコートカバーリングには定評がありますが、ポイントは「足を戻す」速さ。

踏み込んで横向きの状態から、打ったと同時に後ろ脚を前にスッと出して、ベースラインと平行にする。

この速さがあるから、次への準備、走り出しが早くなる。

しっかり打ちながら、身体は流れない、このポイントが大事です!

 

3.得意なドロップショットに、「逃げない」

自分が得意なショットは、あまり使いすぎると相手が慣れてくる。

大事な場面で使うときに、威力を発揮し辛くなります。

この点、最近の錦織選手はドロップショットを使い過ぎず、大事な場面に控えておきます。

相手に拾われて反撃される機会が減った今年は、本物の武器になっていると言えるでしょう。

 

4.バックハンドストロークの低い打点で、顔を残す

誰でも難しい、苦手にしているバックハンドの低い打点。

ここをしっかり、顔を残して振り切れるのが錦織選手の強みです。

膝がしっかり曲がっていて、打つ方向を観ない。

難しいショットほど、基本に忠実な姿勢は、私たちも見習うべき点が多いですね。

 

5.攻撃的なミスは、気にしない

前回のベルダスコ選手との闘いもそうですが、マッチポイントの中で攻撃的なミスは気にしない。

「獲れなかった・・・」ではなく、印象付けた、と切り替える。

実際、その次のポイントは前のミスしたコースと逆を突いて、見事マッチポイントを取り切っています。

こういったミスを活かす、という場面は、アナタの試合でも絶対に活かせるはずです。

 

6.ネットプレーで相手のミスを誘う

決して得意では無いネットプレー、ですが前に出て相手のミスを誘う。

最低限のボレーはしっかり決める、という意図が伝わるのが錦織選手のプレー。

相手からしても、「つなぐだけではだめ」という意識があるから無理しないといけない・・・というプレッシャーがある。

これがあるのか、無いのか、では大違いです。

 

7.「絶対に負けない」という使命感がある

今目指すのは、グランドスラム大会の優勝。

ですがしっかり、向かってくる下位の選手とも向き合って戦わないといけない。

ここで絶対に負けない、負けられないという使命感が、最近の錦織選手をより一層強くしているように思います。

アナタは負けられない理由、テニスの試合でありますか?

 

ベースとなる技術に差はあれど、使えるものは使う、盗めるものは盗む。

今回は私が感じたことを書いたまでで、アナタ自信は、何を錦織選手から感じるか。

ただ試合に勝った、負けたで喜怒哀楽を感じる、だけだともったいない。

せっかく世界レベルの選手が、日本から出て戦っているのですから。

少しでも盗んで、自分の試合に活かせる道を探しましょう!

よりテニスを観るのが、試合をやるのが楽しくなるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. その他

    試合に強い自分になりたければ、「体力テニス」は避けて通れない

    テニスは体力が必要。でも、体力を必要とするテニスをするためには…

  2. テニス メンタル

    その他

    みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。この度、みなさん…

  3. その他

    「しっかりと、熱中症対策を!」テニスでは仲間でケアし合うことが大切

    暑い日が続くねぇ。皆、部活で頑張っている?気合入れて頑…

  4. テニス セルフジャッジ

    その他

    テニスの試合中に、「熱中症かも知れない・・・」と気付くべきシグナルは、必ず知っておきましょう

    「こんな時期から、熱中症の話?」と思った方、もしかすると試合で痛い目を…

  5. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える

    ネットを挟んだ相手は、倒すべき相手。もちろん、倒す為には対戦相…

  6. テニス 準備

    その他

    「一般のテニスの試合に出て恥をかかない」為に、学生の皆さんに身に付けておいて欲しいマナー5つ

    学生の皆さんは、公式の試合の回数は限られている。しかも出場人数…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレー強化!」一番力は入らないショットの対策とは?
  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    大坂選手のキレ味鋭いバックハンド、最高に現代風だから参考になる
  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「サーブが強力な対戦相手」と対峙した時の為に、2バックの陣形は…
  4. テニス 客観視

    その他

    「今勝つテニスと将来勝つテニス」目の前の試合で勝つことだけを考え過ぎないこと
  5. 戦術

    テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた
PAGE TOP