メンタル

試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかない

テニスの試合の中で、「諦めない」ということは本人にしか分からない。

周りが観ていて、「今、諦めたな・・・」と思っていても、本人にとっては本気で全力のプレーかも知れないし、その逆もある。

ですが試合の中で自分をプッシュしていくのって、なかなか難しいことは皆さんも分かるはず。

テニスの試合は、広いコートをシングルスであれば一人で全てカバーしないといけない。

最後にラケットをしっかり伸ばせるかどうか・・・は、一朝一夕には身に付きません。

 

試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかない

 

■練習の中で、全力を出すことの重要性

普段の練習、皆さんはしっかり全力を出し切れていますか?

何となく浅いボールを2バウンドで打ったり、追い付けそうにないボールを追うのをやめたり・・・。

絶対に自分は無い、と言える人は少ないはずです。

練習でしっかり出来ていることが試合でも出来るとは限りませんが、練習で出来ないことは試合でも絶対に出来ません。

 

■最後の腕を伸ばす習慣、を付けよう

どんなに最高のフットワークでも、コート全てをカバーすることは出来ない。

それがテニスというスポーツです。

であれば、しっかり最後に腕を伸ばせる、そういう癖を付けておきたい。

ラケット面だけ作って相手コートに1球でも多く返す、ことで拾えるポイントが試合の中ではあります。

試合に出ている人、勝ち方を知っている人は分かっています。

この1球返球が、どれだけ大事かを。

 

■腕をしっかり伸ばす、ためには技術が必要

ただ腕を伸ばす、と言っても少しコツがあります。

それは、ラケットを持つ腕と同じ足をしっかり動かしていく。

右利きの方であれば、フォアハンドは右足を大きく出していく、バックハンドであれば左足を出していく。

腕だけを伸ばすよりも、少しですが遠い位置まで触れるはず。

もちろんグリップはボレーに近い、薄いグリップで。

普段の練習で、こういった最後の伸びをしっかり意識して実践を継続すること。

それが習慣になって、試合の大事な場面で自然に身体が動くのです。

 

相手の立場になると、「決まった」と思ったボールが触られる、のはすごく嫌なもの。

結果的にポイントが獲られても、触ってノータッチにしない、だけでも印象は違います。

細かい部分が、相手にとってプレッシャーになるのが試合。

相手はもっと厳しいところを狙って、次はサイドアウトしてくれるかも。

普段からディフェンス、最後の一伸びを意識して、粘り強いテニスを磨いていきましょう。

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. メンタル

    何故テニス選手は試合の中で、「いつも通りにやろう…」と考えると、より緊張してしまうのか?

    「いつも通りにやれば、大丈夫!」と、言われれば言われるほど、緊張し…

  3. テニス 団体戦

    メンタル

    テニスの試合で、「団体戦の先鋒の選手」に求められる4つの要素とは?

    秋は団体戦の季節。高校生では選抜予選、各地域のテニス協会主催で…

  4. テニス 部活
  5. メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなのか?

    テニスの試合、誰でもまくられた経験はあるはず。リードしていても、な…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う

    テニス部、テニスサークル、どんなチームでも柱となる選手はいる。…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が…
  2. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?
  3. ボレー

    テニスの試合で必要な「バックハンドのハイボレー」をしっかり返球するコツ5つ
  4. テニス 部活

    メンタル

    「練習でマイナスなオーラばかり出しているテニス部員」は、今すぐコートから退場して…
  5. テニス メンタル

    シングルス

    「体力に自信が無い・・・人が身に付けたい」テニスのシングルスの戦い方4つ
PAGE TOP