テニス 観察眼

その他

テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの?

テニスやボールスポーツの基本は、ボールを良く見ることが何より大事と言われます。

試合中、私も調子が悪いときにはまずしっかり、ボールを見ることだけに集中する。

それだけで、だいぶショットが修正できたりするものです。

でも・・・元々ボールは見ているし、「よく見る」って、何を基準に変えていければ良いのか、イマイチ分からない方も多いと思います。

今回は、しっかり言葉にすることで、この抽象的な表現を具体化させていきましょう。

 

テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの?

 

■「よく見る」とは、ボールに書いてある字を読むということ

ボールに書いてある字が読めるくらい、しっかりボールを見る。

止まって見えるくらい、の感覚を養いましょう。

普段のゆっくりしたボールから、回転量の多いボールまで、様々な球種でトライしてみて下さい。

目のトレーニング、しっかり積んでおくことでテニスに必要な視力は必ず養えます。

 

■ボールを見ながら、次は動くというステップに

「よく見る」ことに目が慣れてきたら、次は動きながら。

当然テニスでは実際は動きながらボールを見る、そして打つという動作が求められます。

自分が止まった状態で見る、のと動きながら見る、のとでは難易度がかなり違うはずです。

この動きながら見る動作、しっかり磨いていけば必ずテニスは上達します。

 

■相手コートにあるボールもしっかり見る、のが本物のテニス選手

相手が打った瞬間に、何となくボーっとみて、自分に近付いてきてから凝視する人、いませんか?

これではまだまだ、甘い。

相手が打った瞬間、まだネットを超えてくる前くらいにしっかり見る。

スライス回転?スピン?に少しでも早く気付けるかどうか、試してみて下さい。

実際、その判断の速さが反応の速さになり、飛んでくるころには1メートル以上の差になって現れるのです。

 

動体視力、意識して鍛えていますか?

動く電車、自動車のナンバー、色々な場所でトレーニングできる要素は詰まっています。

もしテニスの会場で時間があるときには、色々な選手のボールを見て、回転を読む練習をしてみましょう。

コートの後ろに立てる場所があると、ベストですね。

視力とその考え方を鍛えれば、テニスは必ず上達していきます。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス ボール

    その他

    テニスの試合で「対戦相手にボールを渡すとき」に、注意したいマナー4つ

    テニスの試合は基本的にセルフジャッジで、ボールパーソンも無し。…

  2. テニス ストローク

    その他

    「この相手、何を考えているか分からない・・・」は、テニスでは褒め言葉になる

    アナタが試合をしていて、一番やり辛い相手ってどんな相手ですか?…

  3. テニス メンタル

    その他

    急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について

    今はまさに季節に変わり目。少し前まで寒かったと思ったら、20度…

  4. その他

    「ネットインはラッキー?アンラッキー?」という発想は、テニスの試合では捨ててしまいましょう

    テニスの試合、ラリー戦の中ではネットインは有効。深く来る!と思…

  5. テニス チャンス

    その他

    テニスの大会でのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」ものである

    テニスの試合、シード権ってかっこ良い。かっこ良いだけじゃない、…

  6. テニス 指導

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. その他

    「基本はやっぱりオールラウンド」テニスのプレースタイルのベースを磨いて、その後に…
  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で必要な、「ワイドへのサーブとシンプルなボレー」の組み合わせは、…
  3. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスの前衛で、責任感の無い人」は絶対に成長しないその理由
  5. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心してい…
PAGE TOP