テニス 観察眼

その他

テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの?

テニスやボールスポーツの基本は、ボールを良く見ることが何より大事と言われます。

試合中、私も調子が悪いときにはまずしっかり、ボールを見ることだけに集中する。

それだけで、だいぶショットが修正できたりするものです。

でも・・・元々ボールは見ているし、「よく見る」って、何を基準に変えていければ良いのか、イマイチ分からない方も多いと思います。

今回は、しっかり言葉にすることで、この抽象的な表現を具体化させていきましょう。

 

テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの?

 

■「よく見る」とは、ボールに書いてある字を読むということ

ボールに書いてある字が読めるくらい、しっかりボールを見る。

止まって見えるくらい、の感覚を養いましょう。

普段のゆっくりしたボールから、回転量の多いボールまで、様々な球種でトライしてみて下さい。

目のトレーニング、しっかり積んでおくことでテニスに必要な視力は必ず養えます。

 

■ボールを見ながら、次は動くというステップに

「よく見る」ことに目が慣れてきたら、次は動きながら。

当然テニスでは実際は動きながらボールを見る、そして打つという動作が求められます。

自分が止まった状態で見る、のと動きながら見る、のとでは難易度がかなり違うはずです。

この動きながら見る動作、しっかり磨いていけば必ずテニスは上達します。

 

■相手コートにあるボールもしっかり見る、のが本物のテニス選手

相手が打った瞬間に、何となくボーっとみて、自分に近付いてきてから凝視する人、いませんか?

これではまだまだ、甘い。

相手が打った瞬間、まだネットを超えてくる前くらいにしっかり見る。

スライス回転?スピン?に少しでも早く気付けるかどうか、試してみて下さい。

実際、その判断の速さが反応の速さになり、飛んでくるころには1メートル以上の差になって現れるのです。

 

動体視力、意識して鍛えていますか?

動く電車、自動車のナンバー、色々な場所でトレーニングできる要素は詰まっています。

もしテニスの会場で時間があるときには、色々な選手のボールを見て、回転を読む練習をしてみましょう。

コートの後ろに立てる場所があると、ベストですね。

視力とその考え方を鍛えれば、テニスは必ず上達していきます。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス 感覚

    その他

    10年20年続けていても、テニスには「この感覚、つかんだ!」という瞬間があるから面白い

    T-PRESSの読者の皆さんの中には、テニスを始めて間もない方から、長…

  2. テニス ストローク

    その他

    テニスの絶対原則「ニアサイドを塞いでコート端に打たせる」ことで、ポイントを稼ぐことの重要性

    シングルスでもダブルスでも、ポイントのほとんどは相手のミスや無理をした…

  3. その他

    「君はパワーポジション、を知っているか?」テニスの基本となる姿勢を覚えよう!

    テニスには「構え」の態勢がとても大事。良い「構え」こそ、最高の…

  4. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合では、「引き出しが多い選手は作戦が立てやすい」から強いし結果を出せる

    どんなスポーツでも、試合が上手い選手は武器が多い。それは攻撃出…

  5. その他

    テニスという競技の中で、「大事な試合で流れにのまれる選手と、そうでない選手」の違いはどこにあるのか?…

    試合の中で、調子良さそうにプレーしていたのに、急に別人のようになってし…

  6. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません

    皆さんの周りに、こんな人はいませんか?テニスついてやたらと詳しいよ…

特集記事

  1. ストローク

    プロ選手に影響を受けやすいけど、「ストロークのスタンスはオープン?クローズ?」の…
  2. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・
  3. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのKを覚えておこう
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝ちたければ、「サービスごとのポイント獲得率」をしっかり意識しまし…
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろ…
PAGE TOP