テニス フットワーク

ボレー

ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬間」を見逃さないこと

ボレー対ストロークのラリー練習、ただつなげるだけでは試合で使えない。

試合で実際に起こり得るシチュエーション、勝てる選手が実践しているテクニックを考えてみて下さい。

特にダブルスでは、体重を後ろにしたストロークがボレーヤーにつかまるとき・・・どんなプレーが起きますか?

ネットプレーが上手い選手は、相手のどこを観察してショットを選択しているのか?

その秘密を、今日は改めてお伝えします。

 

ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬間」を見逃さないこと

 


 

■ストロークのときに体重が前足なのか?後ろ足なのか?

通常のストローク同士でのラリーでもそうですが、テニスでは必ず軸足が存在します。

それが前足なのか、後ろ足なのか・・・は、実はボレーヤーを相手にしたときに、非常に重要なポイントになる。

後ろ足体重は深いボールへの守備力が高い分、前のボールに弱い。

この絶対的な原則、知っていないと特にダブルスでは痛い目に合います。

 

■どんなに足の速い選手でも、後ろ足体重からドロップボレーはケア出来ない

後ろ足体重で打った後に、前に走る為には必ず一つ、間が空いてしまう。

これは足の速い、脚力が有る選手でも限界があります。

つまりは、後ろ足体重で相手に速いボールを普通に返球してしまうと・・・「はい、ありがとう!」という感じで、ドロップボレーを打たれて終わりです。

上手いネットプレイヤーは、アナタの軸足をしっかり観察している。

このことは、必ず覚えておきましょう。

 

■じゃあ、深いボールはどうやって返球するの?

では、ボレーヤーの深いボールはどうやって返球するか?

いくつか答えがあるでしょうが、私はぜひ、ボレーで返球出来るようになって欲しい。

スライス、それからストロークのグリップでドライブボレーでも返球出来るとプレーの幅が拡がります。

相手も速いタイミングで返球されると、ロブにも対応し辛い。

前に踏み込んでくるのも、少しためらってくれるようになるかも知れません。

基本的にはワンバウンドのストロークですが、ボレーヤーに対してはいつでもボレーで対抗できるよう、グリップを柔らかくして準備しておきましょう。

 

後ろ足体重のストローク、全て悪いと言っている訳ではありません。

そのときには、ロブに切り替えたり、遅いディンクショット、足元へのスライスなどを打っていくのも効果的。

まずいのは、自分が後ろ足体重なのに何も考えずに打って、ドロップでやられてしまうこと。

試合に勝てない人は、なぜ自分がやられているのかが分かっていない。

後ろ足体重で、ボレーヤーに対応・・・するには細心の注意を払いましょう。

そしてなるべく前足体重で打てるよう、練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーでミス、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないだけ

    「ダブルスの試合、ポーチに出ても決まらなくて・・・」というお悩み、たく…

  2. ボレー

    ネットプレー上達のコツは、「ボールキープの感覚」を持つこと

    ネットプレーがなかなか安定しない、ボレーが苦手・・・。そういう…

  3. テニス 人脈

    ボレー

    「確かにボレーは決定力あるけど・・・」テニスで必要なゆっくりした球速を身に付けたい!

    ボレーって決定力のあるショットである。ボレーを打つとポイントに…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで攻守の切り替え、しっかり出来る?

    ネットプレー、ボレーがなかなか出来ない。そう考えている方は、テ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる

    アングルボレー、特にダブルスでは求められるテクニックです。テニ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう!

    苦手意識があると、テニスではそれが下半身に出る。ローボレー、低…

特集記事

  1. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について
  2. テニス フットワーク

    サーブ

    リターンでポジショニングを前に取ってくる相手には、「センターへの厳しいサーブ」は…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」…
  4. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限…
PAGE TOP