テニス ダブルス

その他

「テニス部の後輩が、なかなか上達しない・・・」と悩んでいる方は、教え方が悪い訳ではありません

今月から、新しい環境でテニスを始める、また後輩が出来る・・・という方も、多いと思います。

頑張ってテニスを教えてあげようとしても、なかなか伝わらない、上達しない。

「もしかして、自分の教え方が悪いのかな・・・」と自己嫌悪に陥っている方、いませんか?

一生懸命教えているからこそ、自分自身にも厳しくなる。

ですがテニスやスポーツの指導において、最も大切なことは・・・まず本人の意識から変えて、主体的に取り組んでもらうことです。

 

「テニス部の後輩が、なかなか上達しない・・・」と悩んでいる方は、教え方が悪い訳ではありません

 


 

■「こういう打ち方にしよう」と教えて実践出来るのは、一握り

人には体格や感覚、運動神経全般に、個人差があって当然。

中には指導してすぐに実現できる人もいれば、なかなか難しい人もいる。

まずこの前提をしっかり頭に入れて、テニスの指導も腰を据えて取り組んでいく姿勢が大切です。

教える方も、教わる方も、焦って上手くなろうとしても難しい。

しっかり時間をかけて、信頼関係を築いていくことが大切になります。

 

■本人の口から「こうしたい!」と宣言させることが大事

良い指導者は、質問が上手い。

本人がやりたいテニス、それを「勝てる」テニスに上手く誘導していくために、何が必要なのかを質問形式で本人と確認していく。

「バックハンドが安定しないのは、何でだと思う?」

「その原因を解消するには、どうすれば良い?」

「別な原因も、考えてみよう」

という感じで問いかければ、本人の口から何かしらの答えが出る。

例え間違ってたとしても、修正が出来れば良いんです。

本人が主体性を持って、「自分が決めたことだから」という感じで練習に取り組めれば、そこには言い訳は生まれない。

工夫次第で、モチベーションを高く保てる環境を、ぜひ上級生の皆さんが作ってあげて下さい。

 

■ただし、「追い詰めるような質問攻め」は逆効果

注意したいのは、面と向かって質問攻めにしていくと、本人はプレッシャーに感じることも多い、ということ。

特に先輩と後輩の関係だと、答え辛くなったりもしますよね。

そんなときは、「じっくり考えてみて、明日答えを聞かせてね」という感じで、時間を与えてみることも大事。

しっかり時間をかけて、本人も考えることでその答えに重みが増す。

ぜひ、上達に悩んでいる後輩がいたら、声をかけてみて下さい。

 

人に質問する、テニスについて考える機会を設けると、自分自身にもプラスになる。

相手に聞いているようで、当然自分でも考えますよね。

「まてよ、これは俺自身出来ているんだろうか・・・」と。

そこで生まれる責任感は、上級生にとって必要なもの。

人にテニスを教えることこそ、自分を上達させる一番の近道になるかも知れません。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「引退」高校テニスを振り返ってみて

    高校3年生の時、引退掛けた最後の大会のことはまったく覚えていない。…

  2. テニス メンタル

    その他

    大事な試合の前には、一筆したためよう

    大事な試合、もう終わってしまった方もいるでしょう・・・。県総体…

  3. テニス 戦術

    その他

    試合で着るウェア、自分をコントロールする意味で使い分けてみませんか?

    みなさんは試合で着るウェア、どうやって選んでいますか?団体戦や…

  4. テニス ハードコート

    その他

    新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう

    3月も後半ですね。皆さんの中には、いかに来月に新しいテニス部員…

  5. テニス 感覚

    その他

    自分のテニスについて、「イメージと実際のフォームには、ギャップがある」ことを知るのが大事

    どんなにテニスが上手い人も、まず最初は自分の「下手さ」を知るところから…

  6. その他

    「考えてテニスをすることは、楽である」という誤解

    いつも頂くご意見の中で、分かれるのはテニスについて考える部分。…

特集記事

  1. リターン

    リターンに最適な、テイクバックの高さについて
  2. ストローク

    「ハッ!」より、「フー」
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「ゲームカウント4-4からこそ、自分が活躍できる時間!」と思える為に、テニスの試…
  4. ダブルス

    「どうやって打つか・・・よりも、どこで打つか」ダブルスの試合では、ポジショニング…
  5. その他

    「通勤・通学中でも出来る!」テニス選手に必要なプチトレーニング4つ
PAGE TOP