テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで試合を優位に進められます

最近、プロ選手のシングルスの試合を観ていると、特に女子選手でもこういった作戦がよく見受けられるようになりました。

ネットプレーを入れていくには勇気が要るけど、相手の態勢を確認してからなら怖くない。

むしろしっかり、逃げ道をふさぐという意味では、とても有効な作戦です。

現代のテニスラケットの性能をフルに生かしたようなこの作戦、ぜひアナタも使ってみて下さい。

意外と簡単に、ポイント獲れますよ。

 

シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで試合を優位に進められます

 


 

■相手は、「ただ上に上げて粘って凌ぐ」ことが難しくなる

テニスにおいて、時間を作るということは大事。

空間を使って自分が戻る時間を作る訳ですが、それが分かっているなら、つぶして時間を奪いたいところ。

ストロークで攻撃してばかりだと相手も慣れますし、いつかアナタもミスするかもしれない。

攻撃している中でミスで相手にポイントを与える、こんなもったいないこと無いですよね。

 

■ボレーが得意でなくても、ネットプレーは出来る!

今回のケースは、シングルスで相手を追い込んだ、逆を突いたケース。

つまりは相手の山なりなボールを、サービスライン附近で触ってオープンコートに打っていくような場面です。

難しいボレーは、必要ありません。

しっかりラケット面を作って、コントロール重視。

多少浅くなってもOK、深い位置を狙い過ぎてアウトしてしまうのはもったいないので。

相手が戻る時間を奪う、というような意識を大事にして打ってみて下さい。

■ドライブボレーも混ぜていけると、より攻撃的なプレーが出来ます

女子選手でストロークが得意!な選手であれば、スライスボレーよりもドライブボレーが良いでしょう。

シャラポワ選手が得意にしていたこの展開、一般のプレイヤーの皆さんにもオススメします。

グリップチェンジが必要ない、ストロークの延長で打てるのでリズムが取りやすいという方もいるでしょう。

ストロークで攻撃していくだけ、だと相手も慣れて守備側から反撃されてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

一昔前まではストロークで攻撃して、アプローチからファーストボレー、フィニッシュという流れでした。

現代では、ラケットの飛ぶ性能が素晴らしいので、こういったプレーが出来る。

しっかり試合で使う為には、「相手の逆を突いた、態勢を崩した」ことに気付く敏感さが大事になります。

ぜひ、普段のラリー練習から意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

    シングルスの試合で、やはり鬼門となるのはバックハンド。当然、相…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ

    シングルスの試合、これが出来ないとなかなか上に勝ち上がれない。…

  3. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない

    社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。試合…

  4. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意

    特にシングルスの試合で、みなさんも苦戦している相手。粘り強く…

  5. シングルス

    シングルスの試合で、体力温存したければ?

    シングルスの試合に出場しているみなさんに、必要なこと。それは間…

  6. テニス 打点

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう

    テニスの試合、特にシングルスの試合は「我慢」が必要な場面がある。…

特集記事

  1. テニス チャンス

    その他

    テニスのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」もの
  2. サーブ

    「ビビった時のサーブってどうなってる」ポイントさえ押さえればテニスの試合は怖くな…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し…
  4. テニス ポジショニング

    メンタル

    「人に合わせるテニス」だと、いつも他人のせいに出来る
  5. テニス ボレー

    ロブ

    「入るロブと、アウトするロブ」の見極め方5つ
PAGE TOP