その他

試合前にやっておくとスタートダッシュが切れる!「試合用のウォーミングアップ」を見直そう!

「試合前に、どんなウォーミングアップをすれば良いんですか?」

という質問を、たくさんの方から頂くようになりました。

それぞれ皆さんの体格や体力、その日の気候も違いますから一概には言えませんが・・・スタートダッシュでしっかり良い試合の入り方をする為に、有効なウォーミングアップを考えてみましょう。

時間は約10分。

控え試合に入って、コート近くで実践することを想定して、考えてみました。

 

試合前にやっておくとスタートダッシュが切れる!「試合用のウォーミングアップ」を見直そう!

 

テニス ウォーミングアップ

 

■最初から低い態勢で入れるように、股関節のストレッチは入念に!

試合の序盤は上体が高くなりがち。

その為に、しっかり股関節のストレッチは行いましょう。

レジャーシートが敷ける場所であれば、腰を下ろして足を開いた前屈から、膝の内側に手を当てて肩を入れるストレッチも重要です。

その後は足を大きく前後に開いて、前足の膝を曲げて背筋を伸ばす。

ゆっくり息を吐きながら、行ってみて下さい。

■上半身は可動域を拡げることを意識

上半身のストレッチは、腕を前でかかえて横にひねる動きと、頭の後ろで肘を持って、身体の側面を伸ばすストレッチを入念にやりましょう。

意識したいのは、自分の可動域。

サーブでしっかり、大きなスィングが出来るように準備しましょう。

素振りをしたときに、しっかりラケットが身体の遠い位置を通れるかどうか。

このストレッチでは、伸びのあるショットをイメージしながら行うと、良いイメトレにもなって効果的です。

 

■軽いジョギングで作戦のシミュレーションを

その後は軽くジョギングをしながら、試合のシミュレーションをしてみましょう。

「トスで勝ったら、選ぶのはサーブ?」

「相手がビッグサーバーだったら・・・?」

「練習してきたあのパターン、今日は試してみよう・・・」

という感じで、自分と会話しながら軽くジョギングしてコート近くを走りましょう。

ジッとしながら考えていると、不安になりがち。

身体を動かしながら、想定を立てて準備してみて下さい。

 

試合前の一連のアップも、大事なルーティン。

アナタ自身で工夫して、カスタマイズしていくことでより試合でスタートダッシュを切りやすくなっていきます。

試合は本当に、序盤が大事。

出来る限りの準備をして、臨めば必ず勝てます!

今回紹介したウォーミングアップは本当に基本の「き」なので、ぜひアナタ自身でどんどん肉付けしていって下さい。

勝てるウォーミングアップ、作っていきましょう!

関連記事

  1. その他

    自分の試合の中で、「ここでテニスのギアを上げたい!」と思ったときに実践出来ること5つ

    錦織選手、見事にリオオリンピックで銅メダルを獲得してくれましたね。…

  2. テニス 計算

    その他

    テニスを習っているけど、「アドバイスが多過ぎて混乱してしまう」という人は、どうすれば良い?

    私が10年以上前、テニススクールでアルバイトコーチをしていた頃は、こん…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニスで「ボールタッチの感覚を磨きたい人」は、まずはしっかり脱力してボールの重さを感じましょう

    テニスがある程度上達してくると、「タッチ感覚」という言葉をよく聞くよう…

  4. その他

    テニスの試合においては、「同じプレースタイルの格上相手」が一番戦い辛い

    「そんなの、当たり前じゃん!」と思っている方、結構試合に出ている方です…

  5. その他

    テニス動画をたくさん撮影したいなら、「スマートフォンバッテリーケース」が断然オススメです!

    自分のテニスの動画、練習でも試合でも、撮影することで成長につながる。…

  6. テニス サーブ

スカイクレイパー広告枠

  1. メンタル

    「嘘情報を流してみよう」テニスに必要な相手との駆け引きとは?
  2. ボレー

    「ドロップボレーの8割は、相手が打つ前に決めている!」技術的には出来るのに、試合…
  3. ダブルス

    テニスのダブルスの試合、「実際に使っている9割はシングルスコート」という事実につ…
  4. その他

    テニスの試合で洞察力を鍛えるには、「まずは相手のグリップにあるヒント」を見逃さな…
  5. スマッシュ

    テニスの試合、下がりながらのスマッシュは「ラケットを振る腕と反対の脚を上げる」こ…
PAGE TOP