テニス 環境

その他

試合前にやっておくとスタートダッシュが切れる!「試合用のウォーミングアップ」を見直そう!

「試合前に、どんなウォーミングアップをすれば良いんですか?」

という質問を、たくさんの方から頂くようになりました。

それぞれ皆さんの体格や体力、その日の気候も違いますから一概には言えませんが・・・スタートダッシュでしっかり良い試合の入り方をする為に、有効なウォーミングアップを考えてみましょう。

時間は約10分。

控え試合に入って、コート近くで実践することを想定して、考えてみました。

 

試合前にやっておくとスタートダッシュが切れる!「試合用のウォーミングアップ」を見直そう!

 

1.最初から低い態勢で入れるように、股関節のストレッチは入念に!

試合の序盤は上体が高くなりがち。

その為に、しっかり股関節のストレッチは行いましょう。

レジャーシートが敷ける場所であれば、腰を下ろして足を開いた前屈から、膝の内側に手を当てて肩を入れるストレッチも重要です。

その後は足を大きく前後に開いて、前足の膝を曲げて背筋を伸ばす。

ゆっくり息を吐きながら、行ってみて下さい。

2.上半身は可動域を拡げることを意識

上半身のストレッチは、腕を前でかかえて横にひねる動きと、頭の後ろで肘を持って、身体の側面を伸ばすストレッチを入念にやりましょう。

意識したいのは、自分の可動域。

サーブでしっかり、大きなスィングが出来るように準備しましょう。

素振りをしたときに、しっかりラケットが身体の遠い位置を通れるかどうか。

このストレッチでは、伸びのあるショットをイメージしながら行うと、良いイメトレにもなって効果的です。

 

3.軽いジョギングで作戦のシミュレーションを

その後は軽くジョギングをしながら、試合のシミュレーションをしてみましょう。

「トスで勝ったら、選ぶのはサーブ?」

「相手がビッグサーバーだったら・・・?」

「練習してきたあのパターン、今日は試してみよう・・・」

という感じで、自分と会話しながら軽くジョギングしてコート近くを走りましょう。

ジッとしながら考えていると、不安になりがち。

身体を動かしながら、想定を立てて準備してみて下さい。

 

試合前の一連のアップも、大事なルーティン。

アナタ自身で工夫して、カスタマイズしていくことでより試合でスタートダッシュを切りやすくなっていきます。

試合は本当に、序盤が大事。

出来る限りの準備をして、臨めば必ず勝てます!

今回紹介したウォーミングアップは本当に基本の「き」なので、ぜひアナタ自身でどんどん肉付けしていって下さい。

勝てるウォーミングアップ、作っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

    「後輩の態度が悪いので、何とかしたいのですが・・・」こういったご相…

  2. その他

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則

    「反応をよくする方法、教えてもらえますか?」そういう質問をよく受け…

  3. テニス セオリー

    その他

    テニスの試合の現場で、「セオリーにこだわり過ぎる人」は、セオリーに甘えて負けていく

    「テニスにはセオリーという言葉がありますが、どこまでがセオリーですか?…

  4. テニス 準備

    その他

    「自分はスロースターター」って、結局は準備不足だってこと

    世の中には、不思議な言葉がある。「良くないこと」を言っているの…

  5. テニス サーブ

    その他

    「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない

    このサイトでは、テニスはとにかく安定感が大切であり、それをどう保つかに…

  6. テニス 環境

    その他

    「極端な環境に、あえて自分を縛ってみる」ことができれば、きっとアナタのテニスはまだまだ上達していく

    「今年はもっとボレーを上手くなりたかったのに・・・あまり上達しなかった…

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    その他

    テニス部に一枚、「小さなホワイトボード」を用意して部活を始めてみよう
  2. ストローク

    「必須!バウンド地点予測能力」テニスの試合で攻撃力を高める為に
  3. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときは、横目で後ろまで見る感覚を養っておこう
  4. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応…
  5. テニス スライス

    戦術

    テニスが上達する、ということは、狙った場所に繰り返し打てるようになるということ
PAGE TOP