テニス 雪

その他

「雨、じゃなくて雪も降り出す…」ときのテニスの試合における注意点4つ

寒くなるこれからの季節、テニスの試合はますます厳しいものになってきます。

雨、だけじゃなくて雪も降ってくる時期に・・・。

そんな中でも、多少の雪ならやってしまうのがテニスの試合。

今回はその雪の中でのテニスについて、注意しておくべきポイントをまとめてみました。

 

「雨、じゃなくて雪も降り出す…」ときのテニスの試合における注意点4つ

 


 

1.飛ばなくなる、弾まなくなるボール

雨同様に、ボールは飛ばなくなり、弾まなくなります。

コート上に雪が積もるようであれば試合は中止になりますが、少し覆われるくらいならそのまま進行する可能性も有り。

この状態だと、数ミリ雪があるだけで、ボールは著しく弾まなくなります。

また雨と違い、オムニコート上も滑りやすくなっている状態ですので、フットワークにも注意が必要です。

 

2.指先がかじかむ程の寒さ対策

指先がかじかんでしまうと、テニスにおいては致命的です。

雪は体温で溶け、何も準備が無いと危険な状態になるのは避けられません。

まずはしっかり、汗や雪をふき取ること。

そしてチェンジコートではカイロなどを用いてしっかり温めるようにしましょう。

試合中は、手のひらを握ったり話したり、グーパーを繰り返しながらしっかり血液を循環させるようにすることも大事です。

 

■汗から身体を冷やさないように

冬のテニスで、一番のポイントはここです。

厚着をしているのに汗をかいてしまい、試合が終わって身体を急激に冷やして風邪をひいてしまうケースが多い。

インナーはしっかり、まめに着替えられるように準備しておきましょう。

寒いとはいえ、テニスの最中の厚着にも注意が必要です。

 

■本当に怖いのは風が吹いてきたとき

雪が降っているだけならまだしも、風が吹いてくるとかなり注意が必要。

当然試合続行が困難になるような吹雪の中での継続は無いでしょうが、それでも進行するケースもあります。

小さいテントのようなものがあると、待機中も外で待ったり、荷物の管理に便利かも知れません。

車で試合会場に行けない方は、どうしても天候に対する工夫が必要です。

 

真夏の暑さ対策と同じくらい、冬の寒さ対策にも敏感になる必要があります。

風邪をひいてしまっては、楽しいテニスも台無しに。

そして大事な試合が、「なんでこんな中でやることに・・・」と思っても始まりません。

与えられた環境で、しっかりと結果を出すこと。

テニスを通じてアナタに出来ることは、それしかないのです。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと

    テニス部の死活問題、それはボール代・・・じゃないですかね。少な…

  2. テニス メンタル

    その他

    「テニスの世界において、多数派で無いことは武器になる」アナタの個性を磨いていきましょう!

    今回は、少し趣向を変えて漠然としたテーマで。勉強でも仕事でも何…

  3. その他

    「しっかりと、熱中症対策を!」テニスでは仲間でケアし合うことが大切

    暑い日が続くねぇ。皆、部活で頑張っている?気合入れて頑…

  4. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です

    良いキャプテン、リーダーって、どんな人物像をイメージしますか?…

  5. テニス 練習
  6. テニス メンタル

    その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み重ねていこう

    「こういう相手には、勝てるようになってきたな・・・」と、冷静に…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    戦術

    これは上級者のショット、なんて発想は逃げでしかない
  2. ダブルス

    「今いる場所」を捨てない限り、アナタ自身は強くなれない
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だか…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    オムニコートでの試合に必要な「重心が低いストローク」で意識したいポイント4つ
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ
PAGE TOP