テニス ストローク

ストローク

あまり打ちたくないけど必要なときはある!「ランニングパッシングショット」を打ってみよう!

走り抜けながらパッシングショットを打つ機会、実際の試合の中では1回あるかないか。

もちろん、しっかり追い付いて打ちたいし、やっと触るくらいならロブで逃げる方が楽でしょう。

しかしながら、相手に対して「ネットに出たら、ロブしかないな・・・」と思われると、しっかりケアされて結局スマッシュで押し切られてしまう。

そんなときには、思い切ったランニングパッシングショットも必要になってきます。

あまり打ちたくないけど必要なときはある!「ランニングパッシングショット」を打ってみよう!

 


 

■一昔前スネイク、という技が流行りましたね

「テニスの王子様」で流行したスネイク、という技を皆さんを覚えていますか?

ボールに対して横から強烈なスピンをかけて横から曲がってくるような回転をかけて、ポール回しのような軌道で相手の横を抜いていく。

難しい技術ではありますが、しっかりダウンザラインに打てるようになっておくと、相手にとっても脅威になります。

 

■リスク覚悟で、形勢逆転を狙いたいときに

追い込まれている状況ですので、本来はつなぐのが常套手段。

ですが相手に対してアクセントを与える意味でも、チャレンジする場面ではリスクを冒していきたいのがテニス。

形勢逆転を狙うような場面も必要です。

ゲーム内のポイントをリードしている、またはゲームポイントでは流れを一気に引き寄せることができるかも知れませんので、お勧めです。

特に相手がしっかりロブをケアしてるときには、パッシングショットが有効になります。

 

■「観客を魅せる」テニスが、アナタを成長要素にもなる

試合には勝つことが第一。

もちろんそうですが、ときに観客の多い試合では、観客を味方に付けることも必要な要素になってきます。

そういった意味でも、今回のランニングショットのように「魅了する」ようなショットも、あえて打つような場面も作りたい。

色々な意味で幅のあるテニスを、ぜひ磨いていきましょう。

 

難しいショットほど、探究心が必要になります。

自分の中で研究して、実際の試合で使える技術に仕立てていく。

その為にはちょっとした遊び心も大事です。

相手を出し抜く、思いもよらないようなショットも繰り出してみる。

きっとそのイメージは強く相手に残り、試合の中でも優位に働いてくれるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. ストローク

    相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

    「相手が打つボールを、予測する」ことの大切さは、何度か書かせて頂きまし…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのストロークでネットミスが多い人は、「打点から下方向に飛ばないように」するだけで改善される

    「とにかくストロークで、ネットミスが多いんです・・・」という方、ご質問…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのストロークで、「相手のスライスショットを踏み込んで、クローズドスタンスで打つ」のは、結構危険…

    ストロークラリーの中で、スライスの返球に苦戦している人、結構多いんじゃ…

  4. テニス ダブルス

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?

    フォアハンドの回り込みストローク、みなさん試合で使えてますか?…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「相手の浅いボールをしっかり決め切る!」為に必要なストロークの基本4つ

    シングルスの試合で、しっかり相手からポイントを取る。粘ることも…

  6. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必要です

    テニスの試合で勝てる人は、まず守備が固い。どこに打っても追い付…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう
  2. テニス テイクバック

    ストローク

    「相手ボールのアウトを期待」していると、一生ストロークのテイクバックは改善されま…
  3. テニス ミーティング

    練習メニュー

    本物のテニスの練習とは、「他人の上達にも、責任を負う」ということ
  4. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?
  5. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「ファーストサーブがフォルトしたとき、相手が意図的にリターンを強…
PAGE TOP