テニス ストローク

その他

テニスの試合で「トップスピンのストロークをスライスで粘りたい」ときに、必要なボールを抑えるコツ4つ

若い学生プレイヤーは、得意のスピンでガンガン深く打ち込んでくる。

左右に走らされているから、時間を稼ぐ意味でもスライスで凌ぎたい・・・という場面で、アナタはしっかり「抑え」を効かせたスライスが打てますか?

テニスの技術の中でも最も難しい部類に入る、この「厚いスピンをスライスで抑える」という難題に、挑んでみましょう!

 

テニスの試合で「トップスピンのストロークをスライスで粘りたい」ときに、必要なボールを抑えるコツ4つ

 


 

1.クローズドスタンスで打点を前に取る

しっかりボールに入る為に、できればクローズドスタンスで入りたい。

特にバックハンドはオープンスタンスだと、分厚い当たりのスピンの返球は厳しい。

打点も自分の前足より前、に取る為に、速いテイクバックからのフットワークが重要です。

 

2.しっかりラケットを上から加速させて当てる

スライスで返球というと、下からこすって・・・というイメージを持つ方も多いですが、深いボールはそれだと厳しい。

上に浮いて、叩きこまれるのが落ちでしょう。

ラケットは上から、しっかりと加速させた状態で打点に入ること。

上から入ることで、しっかりラケットヘッドが立ってボールを抑え込むことができます。

男性であれば、手首を固めてしっかりサイドスピンをかけたいところ。

あくまで上から入る、速く加速させることを意識しましょう。

 

3.決してポジションは下げない

ベースラインより1m以上深く下がると、守備できる範囲が狭くなり相手に優位なシチュエーションを与えてしまいます。

深く、厳しいボールこそ、しっかり前でさばく意識を持つこと。

鋭いスピンをライジングで、しかもスライスで捕えるのはかなりの技術がいりますが、その際にもできるだけラケットを立てて、ボールの真後ろを打つようにしましょう。

フォロースルーの中で、ラケット面が上を向いていくとボールに伸びが出ます。

普段のラリー練習から、スピン対スライスのメニューを組んで鍛えておくと良いでしょう。

 

4.それでも深くてキツイ!ときには、後ろ足体重で打点前、を意識

打点を前にしたいけど、やっぱりベースラインギリギリに入るストロークはキツイですよね。

足を後ろに出してスペースを作って打つ場面もあるでしょう。

そんなときにも、必ず打点は自分の前に取るようにして下さい。

その為には、横向きを作って前の肩で壁を作るようなイメージがお勧め。

このテクニックが使えるようになると、深いボールもしっかり返球できて粘れるようになります。

 

ボールの回転の性質上、スピンはスライスで返球し辛い。

同じ方向にボールを回転させようとするので、ラケット上で滑り過ぎてボールを掴む感覚を持ち辛いのです。

まずは、横向きをしっかり作ること。

上手い選手は、アゴが肩に乗るくらい、しっかり横向きから捻りを加えていますよね。

これは男性女性問わず、必要なポイント。

普段の練習から、スピンをスライスで返球する練習も実施しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス セルフジャッジ

    その他

    「打つコースをしっかりコントロールできるテニス」を身に付ける為に必要な練習意識とは?

    テニスをやる人は誰しも、「思ったところにボールをコントロールしたい」と…

  2. その他

    満たされないから、創造性は高まる

    これって、まさに自分自身のことだと思います。テニスを始めた中…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で、「個人戦では弱いけど、団体戦になると強い」選手の特徴とは?

    夏も後半に入り、新チームでもある程度態勢が整ってきた部活が多いと思いま…

  5. テニス メンタル

    その他

    新しく習ったこと、覚えたことは、「どんどん後輩に伝えていくこと」で本物の理解につながる

    今まで色々な学校から上位選手を集めて、練習会みたいなイベントを企画した…

  6. その他

    「テニスだけでは身体に悪い」試合で勝てる身体作りに必要なトレーニングとは?

    レベルアップして、試合でより上に勝ち上がれるようになったり、更に高いレ…

特集記事

  1. リターン

    ショートクロスリターン、からの展開でダブルスは楽に戦える
  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「ネットプレーでラケットヘッドが下がる」と、絶対良いプレーは出来…
  3. テニス リターン

    戦術

    テニス選手の中で、「武器を活かせる選手とそうでない選手」の違いはどこにあるのか?…
  4. ストローク

    雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない
  5. テニス ドロップショット

    ボレー

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方
PAGE TOP