フットワーク

「いつの間にか右足ばかり」テニスのフットワークは無意識でいると修正できなくなります

右足と左足、俺の体が率先して体重を乗せたがるのは、右足である。

左足に体重は乗せられないのか。

左足一本で立つことは無理なのか。

いやいや、左足でも十分立てるよ。

 

「いつの間にか右足ばかり」テニスのフットワークは無意識でいると修正できなくなります

 


 

でも両足選べるとなると、自然と右足を選んでしまう。

そんなことをあまり意識しないでプレーをしていた頃は、殆どのショットを右足に頼ってプレーしていた。

フォアハンドストロークはオープンスタンスばっかりだし、バックハンドストロークは逆にクローズばかり。

フォアボレーも右足だし、バックボレーは・・・その頃下手くそだったから、それどころじゃなかったな。

とにかくサーブも右足を寄せて、そのまま右足をメインでジャンプして打っていたよ。

 

それでも何とか返球は出来るから、特に左足を軸足として使えないことに何の違和感も感じていなかった

その頃の価値観としては「パワー」だったからね。

いかに速いショットを打てるか・・・ばかり考えていた。

でも試合に出場し続けながら色んな対戦相手と色んな試合を戦っていると、パワーだけじゃなくて、バランスの良いプレーが求められていることを感じ始める。

ということは、軸足も右足ばかりじゃなくて、左足もちゃんと使わないといけないし、その左足を軸とした打ち方を覚えることも
しなきゃいけないのだ。

特に重要だったのは、バックハンドでの深くて高いボールの処理

斜め後ろへ下がってから、左足にしっかり体重を乗せて打たないと簡単に相手ボールに負けて短く返球してしまう。

粘り強く俺の苦手なバックを狙ってくる相手には、ちゃんと左足を軸としたディフェンス系バックハンドが必要だった。

 

フォアハンドストロークもやはり左足の軸が必要

オープンスタンスだとどうしてもためて打ってしまうから、大事な場面では待ちすぎてチャンスボールの打点を落としてしまってミスに繋がりやすかった。

サーブも右足を寄せて、その右足をメインで打ってしまうと体が開きやすく、フラット系の速いのはある程度打てるけど、スライスやトップスピンのサーブが上手く打てない。

そう感じ始めてやっと左足で体を支えられるようにすることを心がけ始めたんだよ。

左足そのもののトレーニングを行うことはもちろんだけど、けっこう素振りもやったよ。

しかもランニングショット系の素振り。

意外と全力でボールのところまで走ってから、左足を軸にして打つってことが出来なくて苦労した。

歩きながらも、左足が地面に着く瞬間を意識したりね。

ある程度しっかり左足軸の打ち方は出来るようになったけど、結局未だに左足軸でクレーコートとかをザーって滑りながら打つことは出来ないかな。

でも左足軸の打ち方をとことん練習して分かったことは、案外体が勝手に左足を避けていただけであって、使い慣れると十分左足も使える存在なんだってこと。
 



 

大事なことは、体が何となく避けている状況に気付いて、ちゃんと避けずに使ってあげるようコントロールすること

確かに右足の方が安定感あって良いんだけど、右足で全てをこなそうとするのは無理だからね。

皆の足は大丈夫?

いつの間にか、どっちかの足が避けられている可能性あるかもよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. フットワーク

    テニス選手ならしっかり身に付けたい、「スプリットステップ」の基本から応用まで厳選記事7つ

    テニスはフットワークが大事。その基本となるのは、動き出しを早く…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    相手が仰け反った瞬間、そのストロークは浅くなる

    テニスの試合で、攻撃力が高い人。それは、実際にボールを強く打て…

  3. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフットワークとは?

    現代テニスでは、特にトップスピンのストローク力が一般レベルでも急激に上…

  4. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークのポイント4つ

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に初中級のプレーヤーで多いように…

  5. テニス 攻撃

    フットワーク

    ライジングショットで攻撃してくる相手には、「速いタイミングのスプリットステップ」で対抗しよう!

    ダブルスのリターンで特に多いのが、ライジングショットでタイミング速く攻…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    ドロップショットを有効に使うなら、その前後の動きを徹底して鍛えよう

    試合の中で、ドロップショットを使う機会は今後ますます、増えていくでしょ…

特集記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善でき…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で、「コンパクトなワイパースィングで浅いボールをコントロール」出…
  4. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を
  5. テニス 準備

    戦術

    リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる
PAGE TOP