メンタル

勝てる人の、振る舞い方の特徴

試合に勝てる人、結果を出している人。

こういう人を見て、何を感じるのか。

私自身は、大会のレフェリー等で多くの「勝てる選手」を見て来て、たくさん感じることがありました。

振る舞い方、どういう行動に何が現れているのか。

今回はコレについて、まとめてみたいと思います。

勝てる人は、流されない

周りに、結果に流されない

勝てる人は、自分を持っている。

何となく、周りと違う空間を生きているような感覚があるんですよね。

時間軸が違うから、流されない。

試合時間が迫って来ても、慌てないで準備出来ている。

周りとの会話は少ないかもしれないですが、それでもメンタルは安定している。

試合中も、目の前の結果だけに流されない、大局を俯瞰して見ている雰囲気がある。

そういう人って、みなさんの周りにもきっといるはずです。

1人でも、全然寂しそうじゃない

テニス選手で、こういう人強いんですよ。

周りと群れないで、会場でも自分のペースで過ごせる。

試合直前まで仲間と一緒にいてしゃべっている人って、あまり勝てる印象がありません。

試合前から、もう自分自身のルーティーンは始まってますからね。

雰囲気で、全然寂しそうじゃない。

こういう人は、やっぱり強いですよ。

強がっている訳ではなく、それが自然。

1人ぼっちでも、全く意に介さない。

自分自身の思考を変えれば、こういう雰囲気も出て来るはずです。

平等な時間を、どう使うのか

試合の前後だけでなく、日々の生活の中で。

みんなが平等に使える時間を、どう使っていくのか。

自分の中で、「ムダな時間」って結構多いと思います。

自分の意志で動けていない、何となく流されているような時って、ありますよね。

こういう時間で、何か有意義な価値を生産するのはなかなか難しい。

テニスの練習も、社会人の方は特に限られているでしょうから。

自分でコントロールしていく意識、その結果単独行動になってもしょうがない。

みなさんご自身で、ぜひ考えてみて下さい。

そうすれば、自然と振る舞い方も変わって来ます。

感じるところから、全ては始まる

麻痺した感覚を、溶かしていこう

どうしても、練習でも試合でもマンネリ化は、します。

毎回が同じような繰り返し、どこかそれに安心してしまいがちですからね。

勝てる振る舞い方、なんてのもいつの間にか意識しなくなっていく。

こういう麻痺した感覚を、自分の中で溶かしていかないと。

テニス以外にも、日々の日常の中で自分が何かを「感じよう」という意識があるかどうか。

それが無いと、何も気付けないし、変わらない。

勝てる振る舞い方って、何も虚勢を張っているような感じじゃない。

自然に、当たり前のことを当たり前のようにしているだけ、のはずなんです。

切り換えが早い、それはなぜか?

試合に勝てる人は、切り換えが早い。

それこそ、負けた後でも切り換えがすごく早いんです。

なぜなら、きっとそこで自分なりに「感じること」があったからです。

勝てる雰囲気が無い人って、負けた試合を切り換えるのもすごく苦手。

原因を探るのは良いんですけど、結果的に自分以外のところに責任を押し付けて満足する人ばかり。

これでは、ずっと負け組の雰囲気しか持てないですよね。

切り換えの早さがある、それこそ勝てる人の特徴であり雰囲気、です。

「自分で決めた」テニス人生を

自分の行動、自分で決めていく。

周りからどう思われるかとか、気にしない。

依存しない人生を歩んでいけば、自然とテニスも強くなります。

雰囲気のある人、に必ず変わっていきます。

でも、こういう生き方はしんどいですよね。

分かります、でも…自分で決めない人生の方が、もっともっとしんどいですよ。

感じることが出来ない人生も、非常に寂しい。

何も特別なことは要りません、今のアナタ自身の環境で、もっともっと周りをよく見る、客観的に話を聞いてみる。

そこから、自分で決めていけるヒントがあるはずです。

行動こそ、真の実力

テニスでどういうショットが打てるか、戦術があるのか。

それよりも、毎日の自分自身の行動。

私は、そこにこそ真の実力が宿っていると考えています。

テニスだけ上手い人、絶対に大事な試合で勝てていないはずですから。

毎日の行動で、どういう雰囲気があり、どういう特徴があるのか。

せっかくですから、みなさんもご自分自身を見つめ直してみて下さい。

私自身も、もっと襟を正してT-PRESSを運営していきます。

寒い日が続きますが、テニス頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス スポーツ

    メンタル

    プレッシャーに勝つとか負けるとか、そういう発想の時点で負けている

    試合でメンタルが弱い、そんな自分が嫌で変えたい・・・という人。…

  2. テニス 睡眠

    メンタル

    大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4つのこと

    試合の前の日、緊張しますよね・・・。夜が明けたらもう試合、明日…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手が勝つのではなく、勝った選手が強い

    最初に口にした人は、諸説あると言われています。サッカーの名選手…

  4. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に探す習慣を

    トーナメントも勝ち進んで3回戦。サーブに触るのもやっとだし、ラ…

  5. テニス 雨
  6. テニス ストローク

    メンタル

    自分でコントロール出来ない要素に言い訳、テニス選手の成長を阻害していく

    言い訳が多いテニス選手は、まず試合で結果を出せない。そういう選…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けた…
  2. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?
  3. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ま…
  4. メンタル

    努力に必要なのは、勝算
  5. テニス ボレー

    ストローク

    相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ
PAGE TOP