リターン

リターンのストレートアタック、アウトはOK

ダブルスの試合で、最初のポイント。

以前にも書きましたが、私は120%ストレートへ打ちます。

その時に、意識していることがこれ、です。

まず絶対にネットはしない。

ただ、オーバーのアウトはOK。

試合の序盤のプレッシャーを、自分の中でコントロールしていくことがまず大事です。

自分を追い込まないことが大事

〇〇ならOK、の幅を持っておく

試合の序盤、まぁプレッシャーかかるじゃないですか。

その中で、いきなり相手の前衛を突く。

かなり、勇気要りますよね。

だから、どこかで自分の中で「〇〇ならOK」という幅を持っておくことが大事。

そもそも、このショットで得点を取ることは、マストの目的ではありません。

相手に印象付けること、そして「何だか、いつもと違うな」と思わせる為の奇襲ですからね。

楽にいきましょう、楽に

アウトはOK、とにかくネットを超えること。

これだけ出来れば、自分に合格点を与える。

楽に試合に入って、リラックして打てればそれでOK。

試合って、自分を追い込んで辛くなる人、多くないですか?

絶対にミス出来ない、そんなシチュエーションは無いです。

ましてや試合の序盤ですからね。

とにかく楽にいく、そして自分の決め事をしっかりと実行していくこと、が大事なんです。

インパクトに集中しよう

リターンのインパクト、まずはここに集中しましょう。

しっかりと軌道の後ろを確保して、良いラケット面を作る。

腕を伸ばした状態でインパクトして、強打というよりは力の向きを変える。

相手前衛の正面を狙うくらい、で良いと思います。

ネットしない軌道、しっかり最初のボールが上方向に飛ぶくらいで良い。

スピンをかけようとしてガシャったりしない、出来るだけ丁寧に、シンプルに。

イメージが湧いて来たら、もう成功は近いですよ。

実際に、効果はあるのか??

めっちゃ、あります!

私の経験では、これ凄く効果有ります。

ただ、ネットにかかってしまうとそれが半減してしまう。

もちろん、ストレートに打ったという印象は残るんですが…。

ネットしてしまうと、相手の前衛も「自分のプレッシャーが効いたかも!」と思って自信になる。

これはすごく、厄介なんです。

アウトボールは触ってもらえる可能性も高い、特に序盤はそうです。

まだ試合慣れしていないので、ラケットが出てしまうこともあるでしょう。

とにかく、アウトはOK、ネットだけしないストレート。

これを試合の最初に、相手に見せておきましょう。

その後のポイントも、リズムに乗れる

試合の最初のポイントで、迷い無くリラックスしてプレーする。

そうすると、自然とその次のポイントも乗れて来るんですよね。

これ、不思議なんですが本当にそうです。

私の場合、その後はクロスに自然とリターン、というリズムがあります。

何となく、毎回同じように試合に入って、ポイントを重ねていける。

最初にストレート、これを踏んでおけば大丈夫、という感覚になる。

まぁ、こじづけでも良いんです。

自分の中でリズムを作る、その為のショットでもあるんです。

1セットマッチ、あっという間です

なぜ、最初のポイントでストレートなのか。

それは、試合はあっという間に終わるからです。

1セットマッチ、とにかく早い段階でブレイクしないと厳しくなる。

最初のポイントで、ストレートにアウトでも良いからアタックする。

試合の終盤でやり出しても、相手も温まってるし、慣れて来ている。

1セットマッチなら、序盤に大胆に仕掛けましょう。

今まで勝てなかったような相手にも、勝てるチャンスが生まれるかもしれません。

全ては、みなさんの決意から始まります!

プロ選手でも、実は…

定石、らしいです。

毎回打つ選手、結構います。

名前は伏せますが元日本代表でダブルスNo.1だった選手も、絶対に初球はストレート。

これ、相手も分かってるんですが、嫌なんだそうです。

私たちの試合でも、同じですよ。

分かっていても嫌、それが初球のストレートです。

アウトはOK、楽にいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

    相手のサーブがなかなか攻略出来ないとき。まず大事なことって、何…

  2. テニス メンタル

    リターン

    「リターンのコース変更は、どのタイミングまで可能?」は、相手の実力次第なので気を付けよう

    ダブルスの試合で、ストレートに展開してくる相手は本当に厄介。ポ…

  3. テニス 練習

    リターン

    女性の速いサーブ、試合では要注意な件

    試合の中で、返球し辛いボール。それって、こういうサーブじゃない…

  4. テニス 打点

    リターン

    ダブルスで無理矢理なストレートリターンより、「スライスのチップ&チャージ」も有効です

    ダブルスの試合、リターンのときによくの陣形を見てみる。そうする…

  5. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

    みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。3回戦く…

  6. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出来ます!

    リターンからの攻撃パターンを作っておくと、試合で勝てる。これだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝つには、「サービング・フォー・ザ・セット」を乗り越えないといけな…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、不安になったときに助けてくれる言葉30
  3. テニス 準備

    ストローク

    「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開してい…
  4. 日々の雑記

    自分を知ってもらおうと、必死だった時代
  5. メンタル

    テニスの試合、苦しい場面で「あの練習があったから、きっと大丈夫」と言える練習、出…
PAGE TOP