戦術

厳しいコースは、早めに狙っておこう

例えば、サーブをしっかりエリアのコーナーに入れる。

トップスピンロブ、ショートクロスをしっかりとアレーのエリアに入れる。

こういうショット、みなさんは試合でしっかりと使えてますか?

なかなか、勇気が要るショットですよね。

これを使えないのは、メンタルが弱いから?練習不足?

そうではありません。

いかに、試合の序盤で使っておくか、が大事なんです。

試合の序盤、慣らしておく

1本、打っておこう!

試合の序盤も、大事にいきたい。

これは、すごく分かります。

最初のゲームであまり冒険したくない、こういう気持ちがすごく強い方は多いでしょう。

ですが、考えてみて下さい。

無難なショット、プレーだけを重ねて、試合の後半で緊迫した場面になる。

そうなると、どうでしょう。

厳しいコースを狙ったり、相手を凌駕するようなショットを打つのは、難しくなりませんか?

1本、試合の序盤で使っておく、打っておくことが大事なんです。

1本打てば、感覚が掴める

楽に、打ちましょう。

まず1本打っておく、これが大事なんです。

置きにおく、大事に安全にという意識は、捨てましょう。

ミスしても良い、くらいの楽な感覚でコースを狙っておく。

序盤ですから、まだ大丈夫。

そこで感覚を掴んでおけば、試合の中盤から後半に活かせる。

打つという決断を下して、アナタ自身がしっかりやり切ることが大事なんです。

コースは相手に、刻まれる

例えミスになっても、大丈夫。

厳しいコースに打ったという事実は残るし、相手も警戒してくれる。

それに、自分にとっては良い感触が残る。

入らなければ、次から修正すれば良いだけの話。

やはり、競った試合や格上相手に勝つには、自分もリスクを冒していかないと。

そうしないと、相手がやりやすくなっていきますよね。

安全策、だけでは勝てない。

厳しいコースを序盤に狙う、早めに打っておくことを心がけましょう。

自分自身の成長の為に

試合でチャレンジしないと

厳しいコースを狙う、これは恐らく、みなさん練習では出来ているはずなんです。

ショートクロス、トップスピンロブ、サーブ、ドロップショット。

テニスでは色々なショットで、際どいところを狙う。

これ、面白いじゃないですか。

でも、試合になるとなかなか怖い、相手が追い付くのも、自分がミスするのも怖くなる。

ここを乗り越えていけるからこそ、成長があるんです。

テニスが伸び悩んでいる方は、ぜひその壁を超えましょう。

試合でチャレンジしていく、だから自分が成長出来るんだ、と。

技術は後から、で良い

「でも、自分はまだ基本が出来ていないから…」と、多くの方がおっしゃいます。

でもこれは、チャレンジしない言い訳。

技術なんて、後からで良いんです。

厳しいコース、有効な球筋が、自分の中で見えているかどうか。

試合の中で、「ここだ!」と思えるか、閃きがあるのか。

それが無いのに、技術ばかり追求しても意味ないですよ。

厳しいコースを狙っていく、その勇気を持てるか、コースが見えるか。

まずはここを、しっかりと意識してみて下さい。

安全策、どこかで捨てよう

試合の中でチャレンジする時間、枠、ポイントを作りましょう。

テニスの試合は、1球でも多く返した方が勝つ、それは不変のルールです。

でも、その安全策だけでは、安全な檻の中にいるだけ。

どこかで、自分から檻を出て狩りに行かないと。

周りから何を言われても、試合の序盤にしっかり厳しいコースを狙っておく。

そうして、試合の終盤で精度を高めて打てるようになる。

そのルーティーンを、自分のものに出来るように。

まずは、早めに1本打つ習慣から、創り上げてみて下さい。

出しゃばり、で良いじゃない

試合の最初からいきなり、厳しいコースを狙うと…。

まぁ、こういう印象を持たれますよね。

でも、それで良いじゃないですか。

みなさんの周りで、「あの人、出しゃばりだよねー」という方、結構試合では強くないですか?

もちろん、無理してばかりだと勝てないですが…。

相手にやられて嫌なこと、をみなさんも考えてみて下さい。

試合の序盤から、積極的に厳しいコースを突いて来る。

ミスしても堂々としていて、試合の後半ではそれが入って来る…なんて、絶対に嫌じゃないですか?

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで狙いを絞って、チーム内で1番になろう

    上手くなりたいのに、具体的に目標が見えて来ない方に。どんなチー…

  2. 戦術

    教科書テニスでは、この先もずっと3回戦止まり

    綺麗なテニスなのに、試合に勝てない人。みなさんの周りにも、いま…

  3. 戦術

    「自分たちは、何を目指してるんだ?」

    改めて、これを確認しましょう。もう今年も、1月が終わろうとし…

  4. 戦術

    自分が打ちやすい打ち方だけでは、試合に勝てない

    最初は、それで良いでしょう。試合に出始めたばかりは、まずは相…

  5. 戦術

    弱点を補うことで、1番は目指せない

    弱点を補うのが良いのか、長所を伸ばす方が良いのか。色々なテニ…

  6. 戦術

    上手くいっていることは、誰だって変えたくないもの

    試合の中で、何かが成功する、上手くいく。これは、順調そうに見え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    上達し続けるテニス選手は、永遠の初心者
  2. テニス シングルス

    シングルス

    「シングルスの試合は体力勝負」だけだと、余りに単純
  3. 戦術

    流れが悪いときには、意図的に長いラリーポイントを作ろう
  4. ストローク

    相手は必ず、ラリー中に隙を見せる
  5. テニス スライス

    ストローク

    「覚えておいて損はない、スライスショット」コンパクトに抑え込むとテニスの試合では…
PAGE TOP