テニス サーブ

戦術

テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的に優位に立てる!

試合の序盤、大切なことは何か・・・。

それは、早めに「何をやってくるか分からないな・・・この相手」と、思わせておけるかどうか。

セオリー通りの堅実なプレー、も大事ですが、それだと相手が慣れてくるし実力差を覆せない。

たまには思い切った攻撃や、「ここでそれ、やるの!?」という印象付けるポイントを相手に見せておきましょう。

ちょっとの変化が、相手の記憶には深く刻まれる、それがテニスです。

 

テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的に優位に立てる!

 


 

■「真面目な相手」ほど、やりやすい相手はいない

私自身、テニスをプレーしていて「真面目」な相手ほどやりやすい。

こちらが思った通りに動いてくれて、感情豊かに表情にも出してくれる。

勝負の世界では、正攻法だけで勝負できるのはごくわずかな才能を持った選手だけ。

すごく協力なサーブがあるとか、圧倒的なフットワークがあるとか・・・。

私たちはありとあらゆる作戦や技法を持って、相手と対峙しないと勝てないのです。

 

■いきなりネットに出る、ストレートの展開を増やす

有効な作戦は2つ。

まずはネットプレーを早めに入れること。

シングルスでも、いきなりサーブ&ボレーを入れて、ストローク戦以外のシチュエーションに持ち込んでみる。

ダブルスではクロスラリーの展開が主軸になりますから、早めにストレートへ展開して、相手に見せておく。

そのポイントを落としたとしても、相手は「次もあれ、やってくるかもな・・・」と思って、セオリーでの戦いに隙が生まれやすい。

こういった種まきが、ジワジワと、試合の後半に効いてくるのです。

 

■序盤にリードしたゲーム内で、セオリーと逆のプレーを入れる

とは言え、どんなポイントでも出来ることでは無いでしょう。

ゲーム内で少し余裕がある、2ポイントくらい離れたときが狙い目です。

失敗してもダメージが少なく、成功すれば相手を引き離せる・・・。

セオリーと逆のことを実践する訳ですが、「何かを起こすぞ・・・」という雰囲気はばれないように。

あくまで相手の反応も見たいので、今までの流れの中から自然にプレーをいきなり変える、というのが理想です。

 

普段の練習から、こういった「変化を付ける」テニスを意識しましょう。

得意で確実なプレーばかりやっていても、絶対に成長が無い。

テニスの試合では、「手数が多い」のが絶対的に有利なのです。

序盤に使える、安定感のある「セオリー以外のプレー」の種類は何個、ありますか?

少しずつ、増やしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっていく

    ダブルスペアとして、試合で結果を出していきたいなら、意識して欲しいポイ…

  2. テニス ストローク

    戦術

    コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう

    テニスが上手い、強い人は、なんであんなにコントロールが良いんだろう。…

  3. テニス メンタル

    戦術

    アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?

    テニスの試合に勝つ、ということ。それは、相手との差を付ける、と…

  4. テニス 風

    戦術

    男子ダブルスの試合で、「6ゲーム先取の形式で、サービス権を取られた」ペアの戦い方について

    今回はご質問があった、このテーマについて。実は私も、この問題・…

  5. テニス メンタル

    戦術

    崩して満足、だから試合に勝てない

    テニスは上手そうなのに、試合で結果が出ない人。みなさんの周りで…

  6. テニス テニスノート

    戦術

    相手のナイスポイント、の後に間を空けて考えることは・・・?

    試合の中で、みなさんしっかり「間」を取れていますか?ポイント間…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ
  2. テニス 環境

    その他

    試合前にやっておくとスタートダッシュが切れる!「試合用のウォーミングアップ」を見…
  3. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策
  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「フラット気味になっているリターン」は安定しないので回転量を加え…
  5. テニス 消臭

    テニス知識

    テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
PAGE TOP