テニス サーブ

戦術

テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的に優位に立てる!

試合の序盤、大切なことは何か・・・。

それは、早めに「何をやってくるか分からないな・・・この相手」と、思わせておけるかどうか。

セオリー通りの堅実なプレー、も大事ですが、それだと相手が慣れてくるし実力差を覆せない。

たまには思い切った攻撃や、「ここでそれ、やるの!?」という印象付けるポイントを相手に見せておきましょう。

ちょっとの変化が、相手の記憶には深く刻まれる、それがテニスです。

 

テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的に優位に立てる!

 


 

■「真面目な相手」ほど、やりやすい相手はいない

私自身、テニスをプレーしていて「真面目」な相手ほどやりやすい。

こちらが思った通りに動いてくれて、感情豊かに表情にも出してくれる。

勝負の世界では、正攻法だけで勝負できるのはごくわずかな才能を持った選手だけ。

すごく協力なサーブがあるとか、圧倒的なフットワークがあるとか・・・。

私たちはありとあらゆる作戦や技法を持って、相手と対峙しないと勝てないのです。

 

■いきなりネットに出る、ストレートの展開を増やす

有効な作戦は2つ。

まずはネットプレーを早めに入れること。

シングルスでも、いきなりサーブ&ボレーを入れて、ストローク戦以外のシチュエーションに持ち込んでみる。

ダブルスではクロスラリーの展開が主軸になりますから、早めにストレートへ展開して、相手に見せておく。

そのポイントを落としたとしても、相手は「次もあれ、やってくるかもな・・・」と思って、セオリーでの戦いに隙が生まれやすい。

こういった種まきが、ジワジワと、試合の後半に効いてくるのです。

 

■序盤にリードしたゲーム内で、セオリーと逆のプレーを入れる

とは言え、どんなポイントでも出来ることでは無いでしょう。

ゲーム内で少し余裕がある、2ポイントくらい離れたときが狙い目です。

失敗してもダメージが少なく、成功すれば相手を引き離せる・・・。

セオリーと逆のことを実践する訳ですが、「何かを起こすぞ・・・」という雰囲気はばれないように。

あくまで相手の反応も見たいので、今までの流れの中から自然にプレーをいきなり変える、というのが理想です。

 

普段の練習から、こういった「変化を付ける」テニスを意識しましょう。

得意で確実なプレーばかりやっていても、絶対に成長が無い。

テニスの試合では、「手数が多い」のが絶対的に有利なのです。

序盤に使える、安定感のある「セオリー以外のプレー」の種類は何個、ありますか?

少しずつ、増やしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

  2. テニス 打点

    戦術

    テニスの試合で自分の武器を使いたければ、「武器を使えるポジショニング」を意識していこう

    試合で強引な攻撃ばかりしている人は、大抵3回戦あたりで負けていく。…

  3. テニス 準備

    戦術

    自分が打ったボールを、その感触で判断出来るようになろう

    例えばみなさん、相手がすごく素早い、粘り強い。こういう選手って…

  4. 戦術

    つなぐ、攻めるをハッキリさせれば、並行陣は強くなる

    ダブルスの並行陣で、いつ攻めて、いつ守るのか。これは基本、後衛…

  5. テニス ミス

    戦術

    相手との差を受け入れて、そこからがテニスの試合は勝負開始

    テニスの試合では、どうしようも無く強い相手、と試合をする機会もあります…

  6. テニス ストローク

    戦術

    テニスでの良い攻撃とは、球速よりもいかに相手を「16種類のショットで走らせているか?」が大事なはず

    私自身、試合で意識していること。それは、自分が打っているボール…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、しっかり肩を入れて上からラケットを入れ…
  3. テニス 客観視

    その他

    「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です…
  4. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスでの前衛のポーチは、「2本で1セット」を基本に考えれば攻撃に厚みが出る
PAGE TOP