シングルス

粘り強いシコラー相手には、考える時間を与えてあげれば良い

シングルスの試合で、ただ弱く返して来るようなタイプの選手。

嫌ですよね、実際。

対戦するとなると、こちらがミスして終わるようなポイントしかイメージが湧かない。

こういう選手には、実は秘策があります。

相手が困ること、想定外のこと、をさせてみてはどうでしょうか?

 

粘り強いシコラー相手には、考える時間を与えてあげれば良い

 


 

1.何も考えないで走り回る、のが大好き

走って走って、粘ってポイントを得るような選手。

こういう選手は、実際にシングルスの試合で多いですよね。

彼ら、彼女らの勝利への意志は凄い。

特に大好きなのが、相手の攻撃を受け止めること、凌ぐこと。

これに快感を覚えるし、自信もみなぎって来る。

アナタ自身、自分が気持ち良く攻撃しているつもりが、実は相手を気持ち良くさせていることに気付かないと。

何も考えないで走るだけ、返すだけ、は得意な相手。

もっと考えてもらう、悩んでもらう、という工夫が大事ですね。

 

2.攻めるには、思考が必要になる

あえて、相手に攻めさせてみるのは一つの手です。

山なりのボールをセンターに打って、「さぁ打って来い!」と待ち構えてみる。

テニスって、攻めるのにはパワーが要るし、打つコースを考える必要がありますよね。

攻めることが苦手なシコラーには、これで充分です。

自分から攻めることに苦手意識のある人は、ここでも繋いで来るかも知れない。

そうなったら、もう一度誘ってみる。

これを繰り返していれば、どこかで相手も打ちたくなる、無理したくなってミスが増えるもの。

考えて打った結果上手くいかない、というポイントを、シコラーのみなさんにもどんどん実践してもらいましょう。

 

3.どうすれば相手は「考えないといけない」と思うだろう?

2.のように攻めさせる、というのも一つの手。

でも、これが強い相手になると、シコラータイプの選手でもきっちり攻めて来るんですよ。

こうなると、こちらも厳しい。

そもそも、相手に考えさせるには、アナタ自身の「手数」が必要ですよね。

攻めるパターンを、何パターンか持っておかないとそりゃ試合で楽にシコられます。

ネットに出ないだけでも、相手は楽ですよ。

サーブやリターンに工夫が無いと、確実に長いラリーに持ち込まれてしまいますよね。

複数の選択肢があってこそ、相手は迷う。

迷うからミスが生まれる、のがテニスですから。

 



 

4.相手も必ずミスをする、という意識が大事

根気よく、続けましょう。

シコラータイプの選手も、必ずミスは出ます。

それが少ない、なかなか出ないというだけで、アナタが根負けしていてはいつまで経っても勝てないまま。

相手も人間、しっかり仕掛ければプレッシャーを感じるし、効果はあると。

しっかり自信を持つこと、がまず大事です。

相手もミスをする、それは自分次第という意識で試合に入りましょう。

この希望が、最後にアナタに勝利を呼び込むはずです。

 

5.お勧めの練習法

相手を攻撃させて粘る、というポイント練習をやってみましょう。

シングルスの形で、球出しからラリースタート。

この球出しのボールを、相手のセンター浅め、に打ってみる。

山なりなボールで、「さぁ攻めて来て下さい」というボールですね。

これをどう攻めるのか、考えながら攻撃側は打っていく。

アプローチで前に出ても良いし、下がってプレーしても良い。

大事なのは、守備側が「迷いを引き出せているかどうか」です。

1対1のラリーですので、負けたら交代、勝ったら連続、のような形でやれると良いと思います。

 

シングルスの試合で、実は攻撃って難しい。

守備は何も考えないでも、ある程度粘れますからね。

攻撃で迷いが生じると、人はミスが増えて来ます。

それは、シコラーで強い人だって一緒。

引き出せるかどうかは、アナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス ミス

    シングルス

    シングルス戦術の基本、相手に「片サイドを、徹底的に意識させる」ラリー戦に持ち込むには?

    シングルスの戦い、みなさんはどんな戦術で挑んでますか?細かいこ…

  3. テニス 練習

    シングルス

    「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイント

    普段の試合の多くは、1セットマッチか8ゲーム先取だと思います。…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスにおけるサーブ&ボレーヤーは、パッシングが苦手なはず

    滅多に見ないタイプ、かも知れませんが、シングルスでもサーブ&ボレーが得…

  5. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、徹底して同じコースを狙ってみない?

    シングルスの試合で、有効な作戦。シンプルですが、私はいつもこの…

  6. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ

    シングルスでは守るコートが広い。横はもちろん、前のスペースも自…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピ…
  2. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法と…
  3. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーでボールをコントロール出来る人は、決めて待てる人
  4. テニス テニスボール

    テニススクール

    強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない
  5. ストローク

    ストロークを沈めようとしてネットしてしまう人は、今一度相手のポジションをよく見て…
PAGE TOP