ストローク

試合でチャンスボールこそ、ミスしないコツとは?

試合でチャンス!になると・・・急に力んでしまいますよね。

大事なポイントになればなるほど、余計な力が入って入らなくなる。

チャンスボールを打つ時の意識として、大事なこと。

今回は、ストロークで打ち込んでいく場面を想定して、考えてみましょう。

 

試合でチャンスボールこそ、ミスしないコツとは?

 


 

1.重要視したいのは、コントロール

ですよね?実際。

相手を攻撃していくときに、速度以上に相手にプレッシャーになる。

ネットに近い位置で、浅いボールを打ち込んでいくストロークなら、しっかりコントロールを重視したい。

もう相手との距離は詰められている訳ですから、必要以上のボールスピードは要らないでしょう。

コントロール良く、しっかりとボールを打つ、振り切る。

必要なのは、ゆっくりとラケットを振る意識です。

 

2.ゆっくり、ゆったり振れば良い

いつものベースラインから打つより、少しスウィングスピードを落とす。

これは、高い打点から打ち込むストロークで大事なポイントです。

つい、振りたくなってしまうんですけどね。

振りたい気持ちを抑えて、ゆったり振ってみる。

すると、どうでしょう。

気持ちが落ち着いているので、相手もよく見えるんですよ。

 

3.上手く逆を突ける

ゆったり振る、ことを意識出来れば、これが出来ます。

相手の逆を突ける、だから決まりやすい。

こちらのチャンス、打ち込むような場面では、相手も先に動くことが多くなりますから。

逆を突ければ、遅いショットでも充分決まってくれるはず。

スウィングを速くしようとすると、逆って突き辛いんです。

相手もよく見えないし、自分に余裕も無いですからね。

ゆったり大きく振ると、相手の逆を突けるんだと。

これに気付けると、すごく攻撃が楽になりますよ。

 

4.攻めはゆったり、守りは激しく

今回書いて来たように、攻撃はゆったり目で良い。

逆に、守備の時に激しい感じ、で良いと思います。

相手のボールに喰らい付く、その飢餓感のようなモノが欲しい。

攻撃には必死になる必要は無い、と思いますよ。

だって、相手に返されることの方が多いですから、実際の試合では。

ゆったり振り切って、コントロール良く攻めていく。

ボールスピードは、そこまで追い求めなくても良いでしょう。

 

不安だから、強打したくなる。

これがチャンスボールで決められない、勝ち切れない人の典型例です。

試合に強い人って余裕があるじゃないですか。

ゆったりした攻撃で、それを作り上げていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    気持ちがこもったテニスとは、球際でも回転をかけられるテニス

    「気持ちがこもったテニス」を、みなさんは最近、目の当たりにしましたか?…

  2. ストローク

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら攻撃!

    緩い、フワッとしたボレーが苦手な方。ネット際に浮いたボールを、…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない

    「また、今日も調子が悪かった・・・」と、嘆いてばかりの人。良い…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント

    テニスを初めてまず最初にぶつかるのが、バックハンドストロークを安定させ…

  5. テニス スライス

    ストローク

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう

    ストロークで相手と打ち合うときに、いつも前に踏み込める訳では無い。…

  6. テニス 打点

    ストローク

    「手より、まずは足」テニスの技術は下半身の動きがベースに、技術が威力を発揮する

    ボールを打つのはラケットである。ラケットを持っているのは手だよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある
  2. 練習メニュー

    「こんな練習で試合中の集中力UP!」テニスの試合で本当に必要なショットを磨こう!…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるテクニックにするために、「ドロップボレーはアングルボレーに」すると、…
  4. テニス ストローク

    リターン

    速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく
  5. テニス メンタル

    戦術

    「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴
PAGE TOP