練習メニュー

ラリーを楽しみたい?甘えるんじゃないよ

最近、私が練習していて感じること。

私自身、テニスの練習ってこうあるのが自然な姿だと思っています。

ミスを少なくする、のは当然の話。

そのうえで、相手を攻撃していく、倒すテニスというのを意識していかないと強くなれない。

ラリーを続けるのが、楽しいテニス?

その段階は、もうとっくに卒業してるんじゃないですか?

自分への甘えになる

ミスしても失点しても、痛みを感じない

こういう人、テニスの練習で多いです。

ミスが続いているのに、何も変えようとしない。

相手の練習になっていないことに、気付いていない。

本当は薄々感じているけど、「ラリーを続けることが楽しい」という意識がどこかにあるから、長く続くともう満足。

これでは、試合で勝てるはずもありませんよね。

練習から勝負、が基本

どんな競技でも、同じチーム内での競争が基本。

相手を倒す、1ポイントだって与えないくらいの意識、が大事なんです。

自分への甘えになりそうな雰囲気、言葉、習慣は、苦しくとも断っていく必要があるでしょう。

練習から勝負、相手を敵として意識する。

その中で成長出来る、という感覚が大事でしょう。

練習から駆け引きをする、相手を観察する

試合は、練習の延長。

全く違うものになっている時点で、テニスの試合は難しい。

練習から相手と駆け引きをする、よく観察してみる、反応を早くする。

自分の中で決めて練習に入らないと、ずっと「ラリーを楽しんでいる人」から抜け出せないですよ。

どこかで変わるきっかけが作れるのか、全てはアナタ次第です。

自分を過小評価しては、絶対にダメ

傷つくこと、それが練習

練習で上手くいかない、どう考えても自分の技量が足りない…。

そんな時に、どう考えるのか。

厳しいようですが、自分自身を過小評価しては、絶対にダメ。

それは自分が楽になりたいだけ、ですから。

テニススクールでも、クラスが上がれば最初は厳しいことばかりでしょう。

傷つくこと、それこそが練習で大事な要素なんです。

「もう嫌だ、こんなの」と思ったら、どうするのか。

自分自身をダメだと思い込むよりも、やるべきことがあるはずです。

受け身な姿勢が、全ての根源

練習から、どこか自分が受け身になっていないか。

与えられた環境、メニューで、こなしている自分がいないかどうか。

ラリーを続けることが何となく練習、楽しいとなっていたら、それはもう危ないサインです。

試合に勝ちたい、強くなりたいなら。

自分でまず、痛みを感じれるようにならないと。

その為には、受け身の姿勢ではダメ。

自分から主体的に、能動的に動いて、リスクを冒して練習に挑んでいく。

そう、相手を倒すという行為を練習から躊躇なく行うこと、が大事なんです。

「相手がどう思うのか?」は、関係無い

まず、この概念を捨てましょう。

相手にどう思われるのか、気にし過ぎている人が多すぎます。

テニスの練習でラリーを切るようなドロップショットを打ったり、アングルショット、ロブでエースを取ると「相手から何て思われるのか…」と、気にかけて何になるでしょう。

もちろん、マナーは大事だし練習メニューの意図を汲むこと、は大前提。

でもその中で、相手を倒す、ポイントを絶対に渡さないという意識はもっと大事です。

テニスの試合に強い人、結果を出している人の練習を見てみて下さいよ。

絶対に、簡単なミスはしないし、相手に向かっていくテニスが出来ているはずです。

良い子よりも、強い子に

なりましょう、テニスでは。

良い子でいても、強い子にはなれません。

私はその人の強さって、練習でどれだけ頑張れるのか、最後の1球を追えるのかが大事だと思っています。

ラリーをつなげることが、楽しい?

そういう人は、どこかで逃げているだけ。

本当の自分と、テニスと、向き合って成長出来るかどうか。

全ては、アナタ次第。

だからこそ、T-PRESSではその背中を押し続けたいと思います。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

    テニスの試合って、ポイントの奪い合い。どっちかが取れば、次に取…

  2. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法とは?

    部活やサークルでの練習で、出来るだけ「試合に近い環境」で練習したいと思…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習すればするほど・・・テニスは下手になる!?

    テニスの練習、毎日の方もいれば、週1回、月1回という方も多いでしょう。…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルで有意義な練習について考えると、「必要無いもの」から先に見えてくる

    「この練習は、本当にベストなんだろうか・・・?」と考えること、あります…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニスの個人練習って、どうやれば良いの?」と困っている方に

    テニスは個人スポーツ、でもなかなか個人での練習は難しい。近くに…

  6. テニス ボレー

    練習メニュー

    アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている

    きっと、アナタ自身を近くで見ている人は、こう思っているはず。「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ
  2. テニス ステップ

    リターン

    テニス選手なら身に付けたい、「リターンのときのスプリットステップのタイミング」と…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーが上手く打てない人は、「外側から内側へ」ラケットを動かしてみよう
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「お互い合わせてつなぐボレー戦」になったとき足が止まる…
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュのコントロールを磨きたければ、「人に向かって打たない」意識を強く持とう…
PAGE TOP