テニス トレーニング

日々の雑記

先頭を切るアナタの背中を、見ている人は必ずいる

何事も、新しいことって否定されがち。

テニスもそうですけど、仕事でもプライベートでもそうですよね。

でも、最近私が感じること…について、少しだけ書かせて下さい。

それは、「見ている人は、見てくれている」ということ。

きっと、みなさんご自身がそうだと思うんですよね。

 
 

新しいことを始める、ということはどういうことか。

テニスでも、何か新しいペアと組んだり、練習を変えたり、環境を変えたり。

まぁ、まず間違いなく色々影で言われます。

私も、そうでした。

最初はそれがすごく怖くて、周りの目を気にしながらコソコソしていたのを覚えています。

でも、今はこう考えるようになりました。

「全員が評価してくれることは、全員から評価されないということ」

当たり前のと言えば、当たり前ですよね。

私のこのブログも、いつも気を付けていることがあります。

「摩擦を恐れない」ということ。

普通の教本に書いてあるようなことは、そっちで読んで下さいと。

全員が納得するような技術、戦術は、試合で使えない。

でも、つい一般的なことを書きたくなってしまうんです、怖くて。

そんな自分に、今一度喝を入れたいなと。

先陣を切って、その背中を見て頂いている方の為にも、という想いが強くなりました。



みなさんも、考えること、落ち込むこと、傷つくことはあると思います。

テニス界って、狭い人間関係ですから。

でも、良いんです。

影で何かを言う人には、言わせておけば。

それって、アナタ自身の付き合う人のフィルター、にもなるはずです。

付き合うべきは、アナタ自身の背中をしっかりと見てくれる人。

先頭を走って、こけてもまた立ち上がり、走り続けるアナタ自身を見ている人は必ずいます。

少なくとも、自分自身はその1人でありたいですよね。

   

という訳で、先陣を切りましょう、先頭を走りましょう。

練習の時には先頭に並び、ランニングは先頭を走る、練習メニューは自分で考えて提案する。

新しい試合にも出る、環境も変えてチャレンジする、小さいことでも挑戦を止めない。

慣れてくると、逆に後ろにいることが不安になりますから。

そうなれば、自然とテニスも強くなっていくでしょう。

人生は、誰しも1度きり。

だった思いっきり、黄色いボールを追いかけて燃え尽きましょうよ。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. 日々の雑記

    他の人の考え方は否定せずに、自分の糧にした方が10倍強くなれる

    すっかり春らしく、いや夏っぽくもなってきましたね。そろそろ試合…

  2. テニス シングルス

    日々の雑記

    「テニスは面白い」と思ったまま、各カテゴリを卒業して欲しい

    先週末の3連休、とにかく暑かったですね・・・。関東では台風がそ…

  3. テニス 雪

    日々の雑記

    私が記事を書き続ける理由、について

    すっかり寒くなって、もう年の瀬ですね。怪我が多い時期ですので、…

  4. 日々の雑記

    第3回 読者ミーティングを実施しました

    昨日は、年内最後の読者ミーティングを開催させて頂き、読者のみなさんと…

  5. 日々の雑記

    人を動かす、変えていくのは、いつだって「感動」じゃない?

    いよいよ、今夜は日本もワールドカップの初戦ですね。普段テニスを…

  6. 日々の雑記

    インカレ会場で感じた、レベルに関係無く大事なテニスの基本について

    今年のお盆休みは、久々にインカレの試合を岐阜まで観戦に行って来ました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    「自分はスロースターター」って、結局は準備不足だってこと
  2. テニス 練習

    水分補給

    「まだまだ暑くなる夏に向けて、さぁ準備」しっかり準備対策を取れば、熱中症は防げる…
  3. テニス 練習

    戦術

    テニスの試合でつい決め急いでしまうのは、「ゲームメイク力に自信が無いから」です
  4. テニス 環境

    メンタル

    強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「カットボレー」はしっかりスライスをかけていこう
PAGE TOP